なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

「七瀬ふたたび」

a0001756_3102381.jpg映画「七瀬ふたたび」公式サイト

とにかく七瀬役の芦名星が美人過ぎて、他が霞む。
なにしろ子どもですら、七瀬と比べると顔がでかく見える。他の女優さんにしてもしかり。あるいは本当にでかいのだろうか……?そんなわけ無い……よな?



筒井康隆の有名作、って私が書かなくても皆さんご存知とは思いますが。
レイトショーで見たんだけど、客層はおじさまが主でした。
っーか、私の席(劇場のど真ん中の席)に知らないおっさんが勝手にふんぞり返って座っててびっくりしたわ。勘弁してほしいわ。


さて。テレパスのシーンの映像がおもしろい。相手がどう考えているのかを知ることができる、疑似テレパスの気分。
映像はアニメ映画の「パプリカ」と雰囲気というか空気感・色味が似てるなーと感じたです。筒井作品から受ける印象というものは、万人共通なのだろうか。

超能力戦で派手なのはヘンリー。テレキネシスのシーンはかっこいい! ヘンリー一人いたら十分なんじゃ……?とか。
それにしてもヘンリー役のダンテ、こういう演技の出来る人だとは知らなかったわー。ソフトバンクのCMででしか見たこと無いからなあ。


んで、湖のシーンがたまらなく残念だった。
というか、その前の台詞「それしか方法は無い」っていうのが引っかかった。ヘンリーが言うならわかるのだが……うーんうーん、原作がそうなのかな。
あと音楽。同じメロディが何度も流れるので、「またか」と思ってしまう。あのセンスはわざとなのだろうか。
だけど、その曲調からエンディングの「flashback trip syndrome」への流れはいいです。


原作は未読。
だいぶ昔だけど、周りが「七瀬シリーズはおもしろい」というので「家族八景」だけは読んだ。だが……合わなくて。続きを読むに至らなかったんでした。これを期に残りの2冊も読もう。


ストーリーは途中まで時系列が混乱してわかりにくかったんだけど、話が進むにつれ集束してくる。ラストは原作と異なるらしいが、綺麗に回帰していると思った。他の感想を見ると賛否両論とあるけど、わたしはこれがあってよかったと思うけどな。腑に落ちる感じ。なかったらがっかりして帰りの足取りが重かったろう。
「やり直しはできない」のが人生だけど、それを可能にする力を持っているのなら利用したらいい。
そうして七瀬たちが幸せになる世界を作って行けばいい。道は決まっていないと思う。
[PR]
Commented by Badman at 2010-10-26 22:33 x
私の住んでいるとこではまだ上映されてないので早く見たいです。
Commented by kototubo at 2010-10-31 01:16
■Badmanさん おーいつからなのでしょう。
早く上映されるとよいですねっ。
by kototubo | 2010-10-11 03:28 | にっき。 | Comments(2)