なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

大きいサイズになってから、本棚でもてあますハヤカワ文庫。

a0001756_0265690.jpg

久しぶりに神林さんの短編集。あまり期待せずに読んだけど、これは全部よかった。読めてよかった。購入後何度も読み直している。

「ぼくの、マシン」は泣いた。
表題の「いま集合的無意識を、」は贅沢な読書感想文。おもしろい。
おもしろいけど伊藤計劃氏の作品は苦手なので、大変にフクザツな気分。

---

これを読んでいて「創造と現実と萌えと燃え。」を書いたのだが……零が悲しいと思うことには共感できるのだが、じゃあ自分が現実に持っているマシンにペットのような感覚を持つかというと、そんなことは無いんだよね。では「共感できる」と先に書いたけど、ほんとは共感していないのかな。というわけで、なんで好きなのか、感情移入できるのかわからない。でも泣けるのはほんとだよ。
[PR]
by kototubo | 2012-03-30 00:38 | 本。 | Comments(0)