なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

7月に読んだ本

久々に漫画のオトナ買いをしてしもうた。

7月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:3507ページ
ナイス数:7ナイス

爆撃聖徳太子 (PHP文芸文庫)爆撃聖徳太子 (PHP文芸文庫)
あったかもしれない古代史。……ないか!
読了日:07月30日 著者:町井 登志夫
ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)
漫画をさらにコミカライズて、何がしたいんだ……と思いつつ、絵柄が好み。原作既読だけど、おもしろかった! これはこれでいい感じだ。
読了日:07月26日 著者:HERO,萩原 ダイスケ
蝉丸Pのつれづれ仏教講座蝉丸Pのつれづれ仏教講座
著者のこともよく知らず「ネット用語多用入門書もどき」ぐらいの認識で、暇つぶしのつもりで購入したが、思いの外内容量が多くて楽しめた。浅くいろいろ知りたい人には丁度いいんじゃないだろうか。
読了日:07月22日 著者:蝉丸P
ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンド 1〜11 (サンデーGXコミックス)
面白いけど、終わり方にもやっと。10巻のココの独白に当てられて、それでこれか、という。 ストーリーで解せないのは恐らく後の性格に影響を与えたと思われるエコーの説明は無いのかとか、バルメがココを崇拝にも似た立ち位置に変わったのはどうしてなのかとか。あと小学館の仕様なのか、個人名だけゴシックなのが気になってしょうがない。
読了日:07月17日 著者:高橋 慶太郎
軍靴のバルツァー 3 (バンチコミックス)軍靴のバルツァー 3 (バンチコミックス)
読了日:07月10日 著者:中島 三千恒
ぼくらは都市を愛していたぼくらは都市を愛していた
他作品より文章が平易に感じたが、人と時間と空間が並行に存在する様は相変わらずの神林作品。タイトルは、読み終われば「分かる」が、それに至るシーンは少々強引か。
読了日:07月07日 著者:神林長平
f植物園の巣穴 (朝日文庫)f植物園の巣穴 (朝日文庫)
怪作か秀作か。最後まで主人公が見ているものと同じものが見えないので、受け取るばかりであるしかない。
読了日:07月03日 著者:梨木 香歩

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
by kototubo | 2012-08-12 09:37 | 本。 | Comments(0)