なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

最近読んだ本「救命センター当直日誌」、「ドグマ・マ=グロ」

病院が舞台の本はわくわくする。
と、書くと医療関係者に怒られそうな気もするが、私にとって病院は「非日常」なので許して欲しい。

という前振りで2つ。

■「救命センター当直日誌」(浜辺祐一/集英社文庫)
本屋でちょっと立ち読みしたら興味深かったので購入。救急救命センターの医師が書いたドキュメントもの。症状を割と細かく(少なくとも素人目には細かく)書かれているので、ほうほうなるほどと読み込んでしまう。
命の境ってなんだろうなぁ…と思った。
既刊本の「こちら救命センター」「救命センターからの手紙」(いずれも集英社文庫)も購入してしまったが、最新の「救命センター当直日誌」が一番おもしろい。


■「ドグマ・マ=グロ」(梶尾真治/新潮社文庫) [×]
表4にある「夢野久作、江戸川乱歩らに捧げるオマージュ」という紹介文に期待して読んだが…

梶尾真治および新潮社の担当は夢野久作にあやまれ。

駄作。(言い切る)
ホラーなのかコメディなのかパロディなのか最後までどっちつかず。まるでリレー小説のような統一性の無さ。この程度の内容で本ができちゃうんですか、そうですか。
夢野久作ファンとしては許せないのでせめて題名を改めて欲しい。
[PR]
Commented by epiplectic3110 at 2005-02-28 00:43
夢野久作ファンですたか〜 
Commented by kali-durga at 2005-02-28 01:34 x
ああっ!ここにも「ドグマ・マ=グロ」の被害者がっ!
オレもタイトルにダマされますた。
一応最後まで読んではみたものの...あれはちょっとねぇ。
Commented by sak161 at 2005-02-28 09:42
すいません、私も病院ものわくわく組です(苦笑)
がん・小児病棟・救命センター・看護士…いろいろ目につくと買ってしまう。
TVドラマも『ER』が好き。
Commented by mats3003 at 2005-02-28 10:09
あー、梶尾真治、最初の駄作を手に取ってしまいましたか(笑)
カジシンは長編になればなるほどつまらなくなるので、要注意ですよ(笑)
エマノンは連作短編なのでけっこう面白いですけど。
Commented by xiaoxia at 2005-02-28 19:35
丁度読む本がなくて、ドグマグを再読しているところです。言壺さんとは、ビミョウに読書がシンクロしている気がしますよー。
で、そこまで駄作といわれると、却って読みたくなりますね(笑)
Commented by kototubo at 2005-03-01 00:22
>epiさん ファンでっす。ドグラ・マグラは名作!

>kali-durgaさん あのタイトルは…反則にも程があります。
江戸川乱歩にも失礼だろうと思うのです。

>sak161さん おぉーなかまーですね〜。
「救命センター当直日誌」はオススメです!
Commented by kototubo at 2005-03-01 00:27
>mats3003さん 予備知識無しで初・梶尾真治でした…。
短編はおっけいなのですか??今度見てみますー。

>xiaoxiaさん 私は口直しにドグマグ再読中でっす。すっごく濃いシンクロ〜(笑)。
「ドグマ・マ=グロ」はですねぇ…「面白くなかった」では終われないぐらい駄作です(笑)。
Commented by BlueInTheFace at 2005-03-17 00:38
はじめまして。ミツと申しますm(_ _)mペコリ
chieringさんとこより辿り着きました。
僕も「ドグマ・マ=グロ」のあまりのつまらなさに衝撃を覚えた記憶があります。途中で読むのやめました。

DTPもどきの仕事をしてるということで。僕もそうなんですよ。仕事ネタも楽しみにしてますので。またお邪魔します!
Commented by kototubo at 2005-03-17 01:52
>BlueInTheFaceさん どうもどうもー。
「ドグマ・マ=グロ」は反則もいいところですよねー。未だにワーストワンぶっちぎりです。
ところで同業の方?なのでしょうか。
DTPネタは内容が激しく偏っていますが、笑っていただけるとうれしいですー。
by kototubo | 2005-02-28 00:25 | 本。 | Comments(9)