なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

「ゲーム・オブ・スローンズ」

ゲーム・オブ・スローンズ(公式サイト)

TwiiterのTLで、全く繋がりの無い人たちが「七王国の玉座が面白い」「ゲーム・オブ・スローンズ面白い」と言い始めて、そりゃなんだ? と調べたら、ハヤカワ文庫から出ている「氷と炎の歌」シリーズのことだった。超厚いのに表紙がマンガ絵で平積みにされているので、気になってはいたけど、どうにも第一巻のイラストが好きになれなくて手にとっておらず。

で、そのドラマが「ゲーム・オブ・スローンズ」というタイトルで出るよ、というのが密林さんからオススメされて、ネットで検索してみると評判もいいみたいだし、それがBlu-ray BOXで10話・密林さんなら8000えんやすい!! 買いだね!

……て思っちゃったんだヨネーーポチッチャッタヨネー
8000円……大金だよ。でも1話一時間のドラマが10話でこの価格、「安い」と思うのはアニメのDVDの価格で訓練されすぎてるんじゃないか、私。


さて、ドラマ版は最初、
 ネッド→太りすぎ?(ロバートかとおもったら、そっちはもっと重量あった)
 キャトリン→老けすぎ?(30台前半ぐらいとおもってた)
 ロブとジョン→おっさん化してるじゃん……

とちょっとショックだったんですが、見ているうちに気にならなくなってきた。ネッド父さんかっこいい。剣捌きが一番うまい。あと、アリアがかわいいじゃーん! 

それにしてもターガリエン兄妹は美しいなあ。
それと小鬼とジェイミーは、全然違うのに、あれ兄弟に見えるよなあ、すごいなあ。
ラニスターはサーセイもタイウィン公も美形なんだもんな、なるほどな。

話はほぼ原作通り。でも時間的制約もあるし、より心情の移り変わりを深く描いているのは原作だ。ドラマ版ではちょっと軽く扱われている印象がある。
というか、コレTVドラマなの? すごいなあ、アメリカのテレビ。


原作は3巻まで読んで、あまりの暗さに次巻にいくのを躊躇してる。買ってはあるのだが。
作者は若くきれいな男になんぞ恨みでもあるのだろうか。
あと、原作巻頭の登場人物一覧はあっさりネタバレされていることがあるので、本編読む前に見ない方がいいよ……(いくつか読む前にバレを目にして、悶えた)
[PR]
by kototubo | 2013-10-01 20:00 | にっき。 | Comments(0)