なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

2014/1に読んだ本。

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:30冊
読んだページ数:7019ページ
ナイス数:36ナイス

百舌鳥魔先生のアトリエ (角川ホラー文庫)百舌鳥魔先生のアトリエ (角川ホラー文庫)
すっごく「小林泰三」だった。とっても人に薦めづらい作品集。

読了日:1月31日 著者:小林泰三
ノラガミ拾遺集 壱 (月刊マガジンコミックス)ノラガミ拾遺集 壱 (月刊マガジンコミックス)
読了日:1月31日 著者:あだちとか
ノラガミ(1) (月刊マガジンコミックス)ノラガミ(1)〜(10) (月刊マガジンコミックス)
以前、表紙が綺麗だなあとお試しの1話を読んだらいまいちだったのだが、アニメ化されたので改めて読んでみたら、おもしろい。というか、1話だけいまいちだったぞ?! 神さまモノはもういろいろ出尽くしてる感はあるけど、これはツンとデレとギャップ萌えって感じだ。絵も安定して美麗だし好み。
読了日:1月25日 著者:あだちとか
青の祓魔師 12 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 12 (ジャンプコミックス)感想
新章でやっと話がうごいた。ようやく面白いと思える展開になったけど今更感。作者自身もそう書いてるけどさ。11巻とかなんだったんですけね。長期連載にするためなのか、ひっぱりすぎたのでは。
読了日:1月25日 著者:加藤和恵
紅殻のパンドラ (1) (カドカワコミックス・エース)紅殻のパンドラ (1) (カドカワコミックス・エース)感想
絵はかわいいが、あざと設定がうるさい(笑)
読了日:1月23日 著者:六道神士
絶対可憐チルドレン 37 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 37 (少年サンデーコミックス)感想
わー「京介」が! でもご本人ご帰還で、次巻ご活躍? 
読了日:1月17日 著者:椎名高志
マギ 20 (少年サンデーコミックス)マギ 20 (少年サンデーコミックス)感想
前巻は絵があまりにも荒くて耐え難かったが、20巻はましに? だがキャラクター多く、デザインも似通っているために、正直誰が誰だかわからん。ストーリーに対して、枚数が少ないんじゃないか。おまけまんがにしても、キャラクターの説明がなされてないのにキャッキャされてもな……置いてきぼり感がある。
「ここぞ」で登場の覇王だけは、実にマンガチック。
読了日:1月17日 著者:大高忍
乱鴉の饗宴 (上) (ハヤカワ文庫SF)乱鴉の饗宴 (上) (ハヤカワ文庫SF)感想
ようやくたどり着いた4巻の初っぱなが新キャラクター。しかも地味。その他も今まで登場した人物より、新しいキャラクターたちの物語が多い。気になる北の子どもたちや、カリーシたちはどうなってんのー! 子どもはみなかんしゃく持ちで、若者は老獪な大人に操られるだけ。物語の進行も遅くなっている気がする。数十ページ費やして、なんの進展も無い章はつらい。ただただ飽きた。
読了日:1月13日 著者:ジョージ・R.R.マーティン
黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 21〜24 (ジャンプコミックス)
読了日:1月13日 著者:藤巻忠俊
暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)暗殺教室 5〜6 (ジャンプコミックス)
読了日:1月12日 著者:松井優征
血界戦線 1 ―魔封街結社― (ジャンプコミックス)血界戦線 1〜3 (ジャンプコミックス)
読了日:1月12日 著者:内藤泰弘
聲の形(1) (少年マガジンコミックス)聲の形(1) (少年マガジンコミックス)感想
一冊まるまる胸クソ悪い、としか言いようがなく。たぶん、このあときっとステキ展開が待っているのだろう! ……と思うが、ここまで全部こういう話にする必要あるの? とか。
読了日:1月12日 著者:大今良時
町でうわさの天狗の子 12 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 11〜12 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:1月12日 著者:岩本ナオ
ジェノサイド 下 (角川文庫)ジェノサイド 上・下 (角川文庫)感想
普通と普通じゃない3つのストーリーが最終的にひとつにまとまる。支援者が超大金持ちっていうのはズルいなーとも思うけど、漫画的だと思えば痛快(笑)。 しかし、彼ら二人の頭脳で早くに直接攻撃をしたら、もっと死者は少なかったんじゃ……そこがまだ幼い彼らの限界ってことか。 あと、おそらく「良い日本人と悪い日本人」を描きたかったのかな?と思ったんだけど、悪い方のが印象が強すぎて後味ちょい悪。この人種の配置だと、この人は絶対死なないし裏切らないな、と予想ついちゃってドキドキ感に欠けたかも。でもハッピーエンドで良かった。
読了日:1月7日 著者:高野和明

読書メーター

[PR]
by kototubo | 2014-02-02 01:30 | 本。 | Comments(0)