なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

ようやく怒りを表に出さなくても済むように

なった気がするけど、どうかなーー。
という感じで最近の仕事でのできごといろいろ。

■仕様書付きのデータ
使用アプリケーション名等記載の仕様書・出力見本(紙)付きのIllustratorデータの入稿をいただく。わかりやすいありがたい! と思ったけど、コレが当たり前のはずなんだ。


■メールで入稿された、InDesignのデータ
メール本文に「画像データはいりますか?」と書いてあった。
……おまえのパソコンからリンクしろってことか??


■仕様書付き・出力見本用PDF付き
支給された、仕様書・出力見本PDF付き・美麗なテスクチャ加工の表紙データを製版入稿したら、製版所から「画像が粗く見えるんですが」と連絡がはいる。
調べたら、なんと全部70dpi程度! 荒画のまま入稿しちゃったのか。いや70ってことは、これもしかしてWeb用の画像じゃ……?

ともかく下版日が迫ってるので慌てて先方に電話したら、返事は「え、どこか変ですか? 別におかしくないと思うんですけど」。
話を聞くと、どうやらガビガビ状態の画像を「デザインの一環」と捉えているらしい。いえ、あの。「荒く見えるデザイン」と、実際に荒いのとは違うんですけども。

結局、
「うちのプリンターで出したら綺麗だったからいいと思った」→ご家庭用インクジェットプリンタと印刷用は違うです
「印刷用は350dpiだとは知ってた」→知ってたならなぜ
「高解像度の画像は無い。それインターネットからとってきたから」→ちょwwwそれちょさくけn(以下略

などという問答の末、デザイナー(疑)本人がいい、というので、そのまま製版入稿いたしました。


そもそもの話で。
うちの会社だけかもだけど、今時、仕様書をつけて入稿してくれる人は少なくてさあ。そのデザイナーさん仕様書有り・出力見本PDF付きでそこそこ見栄えのする画像加工をしたものだったから、まさか基礎基本的問題な荒画を貼ってるとは思わなかったのだ。完全に油断した。
私のチェックミスでもあるけど、だけど「本来完全データで入稿」されるはずだし、まさか4C表紙の画像データの解像度が、72dpiだなんて思わないじゃん!!

それと、最近は出力見本として出力紙ではなくPDFをつけて入稿されることが多いが、見本用PDFて大抵圧縮したものを書き出すじゃん? そうすると、実際に荒いのか、書き出しの設定で荒いのか判別できねえなあーとかおもた。今回も見本PDFと弊社での出力とは全く同じだったし。
……いやいやまてまて。そもそも72dpiの画像を150%拡大して配置して、印刷用に入稿することがあり得ないんだから、もともと荒いのか判別出来ないとかオカシイよな……ちょっと迷走してる。

さて。
「このクオリティーで、このデザイナーさんはおかねいくらもらってるのかなあ」
と、同僚の間で話題です。


■募集:Photoshop・Illustrator・HTMLできる方
近所の大型書店で「Photoshop・Illustrator・HTMLできる方」というパート・アルバイト募集の張り紙がしてあって、わーここなら歩いて行けるしいいじゃん会社やめちゃおっかなあーとよく見たら、時給が870円だった。

ちな神奈川の最低賃金868円。スキル身につけても金にならねえとは。
[PR]
Commented by sintaro at 2014-03-14 12:58 x
14あるある!
>スキル身につけても金にならねえとは。
現実が切な過ぎます(涙)
Commented by kototubo at 2014-03-16 02:23
■sintaroさん 駅前のコンビニ・ファーストフードの方が、遙かに時給が良いのが解せません。
いや、接客もスキルだとは思いますけど(フクザツ)。
by kototubo | 2014-03-13 22:00 | にっき。 | Comments(2)