なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

“フリー”でおしごと

■“フリーの方にお仕事を頼む”
少し前にねんそさんがリツイートしていたこれ。
 →イラストレーターに依頼して描いてもらったと思っていた作品、実は他人の絵を「自分が描いた」と偽って納品していたことが発覚!

そんな“自称”フリーに仕事頼んだりするなよ……
全く新規の方に頼むとしたら、普通は実績とかポートフォリオとか確認すると思うんだけど、そんなこともしなかったんだろうか。
“被害者”である会社側の方が「フリーのひとがあああ」って書いているけど、仕事依頼のノウハウができてなかったんじゃないのかなあって感じがする。「フリーの人」に夢見てるというか。ちょっと仕事なめてないかにゃあ。
まあ、自称すれば誰でもデザイナーだし、イラストレーターだもんね。
それで仕事ができるか否かは別。


これも思い出した。

 →ネットの内職サイトに会社で使うロゴ・イラスト外注したら、デザイン事務所から訴えられた(はてな 匿名ダイアリー)

内職サイトでロゴ制作依頼したら、採用したものが別のデザイン会社のパクリだった、という話。

私が知っているその手のサイトは、発注側が「欲しいデータ(商品ロゴ など)」「そのテイスト(シンプルに/未来的に/高級感のある、など)」「価格」「納期」を提示して、受ける側は作成したデータをアップロードして、コンペ形式で決定するというもの。
本業の空き時間に作成して、うまくいけば小遣いになるねー、顧客の要望に必ず応えなければいけないわけでもないのでお気楽だしー、と同僚らと少し話題になった。
これは良くも悪くもやりとりがWeb上だけだから、上記の例は、十分考えられる。

パクリはもう根本的にアウトだけど、「似てる」程度のものもありうる。
分かってて似せたのか、知らなくて似ちゃったのかはこもごもだろうが、どっちにしたって仕事としても製品としてもかっこわるい。
新たにロゴ作成するのなら、そういった面も考慮しないといけないと思うんだけど、「安価で簡単に」などと考えて周辺のチェックを怠るような仕事のしかたでは、そんなことは気にもとめてないだろう。


そういやこんなこともあったな。
Webの仕事をしていたとき、安価な案件だったのでフリー素材の画像を使用してデザインを作成、OKもらってさあコーディングしようという段階で、某企業がそれと全く同じ画像を使って、新聞広告を出した。
これは、周囲の指摘により、すぐに差し替えすることができた。
もしひとりで作ってたら、気づかずに最後まで完成させていたかもしれない。
会社組織の中で仕事をしていると、素材利用に関してもすぐに適した対応ができるというメリットがあるなあと思った。見る目が物理的に多いし。


……というか、大企業さまが新聞広告にフリー素材の画像つかうな使わないでください。


■「フリーで仕事」というと思い出す
mixiのクリエーターさんの集まるフォーラムで、
「みなさん名刺はどうしてるんですか? 名前や住所・電話番号載せるんですか? それ、僕の個人情報じゃないですか。渡しちゃったりしたらどうなるんですか? こわいじゃないですか!」
って書いてた若造はその後お仕事できてるのかなあ。
[PR]
Commented by xiaoxia at 2014-03-17 18:37
デザイン系のお仕事って、プロの価値をわかってもらいにくいと思うのですよ。
「安いなら学生でもいいや」みたいな話をよく聞きます。
こういうトラブルが増えて、
ものすごい訴訟問題になったりすると、
デザインの質ももちろん、こういうところもちゃんとしてるんですよ!という
プロの価値を理解してくれる人が増えるのではないかと。
Commented by kototubo at 2014-03-19 00:46
■xiaoxiaさん 今は値段重視ですからねえ……。
「質」を「親切」で上乗せするように仕向けようとするお客がキライですw

おっしゃるとおり、あちこちで大問題になって、
「価値」についてもきちんと金銭化されるのが当たり前になればいいなあーと
思いますわー
by kototubo | 2014-03-14 22:00 | にっき。 | Comments(2)