なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

本屋さん関連ちょっとメモ。

・クオカードを書店で使うことができると今日初めて知った……! 
夕方、散歩ついでに書店に寄ったところ、「クオカード、書店で使えます」というポスターが貼ってあったのだ。
なんだとっ! というわけで、5年間ぐらい財布の中で待機していた500円分で、買うつもりの無かった文庫本買ったったー。
いやあ、コンビニぐらいでしか使えないと思ってたし、500円分だと使いどころがなくて、ずっと大事に保管しちゃってたよ。だが良く見たら、カードの裏面に使用できる書店名も書いてあったw

 →QUOカード|使えるお店


・それにしても文庫本も、普通のページ数でも800円ぐらいするんだなあ。高い……。
今回、500円分QUOカードがあったから300円程度で1冊買えた。それぐらいの値段なら、知らない作家さんの本でも「買おうかな」ってなるなーと思った(貧)。
ちなみに好きな作家さんの本は、値段見ずにレジへ直行。


・そろそろ軽い本が読みたいと思ってラノベコーナーにも行ってみたけど、表紙がどれも同じに見えて選べなかった。美少女イラスト展示会場みたいで目がちかちか……若者(? オタク?)は、あの中からどーやって本を選んでいるのか。作家さんの名前はわからんし、表紙買いするにしても、むずかしい。となると「○○賞受賞作品!」というものに目が行くかなあ。
あと、人気作らしいのは巻数が多いので、買う気が起きぬ。


・職場近所の書店がHonyaClubのポイントカードを始めたので作ってみた。税込み価格の1%がポイントとして還元される。利用している各書店では今までポイント制度を導入してるところがなかったので、ちょっと嬉しい。同じ本を買うなら、こっちで買っちゃうよね。
けど、小さい書店なので「読みたい」と思った本がなんでも置いてあるわけでは無いんだよな。


・が、その後友人に「こっちのは5%つくんだよ〜☆」と教えられて作っちゃったのがアニメイトのポイントカードです。今更アニメイトデビューです。こちらは本体価格の5%がポイント還元。すごい。でかい。すぐ溜まる。今時のポイントカードで、5%て他に無いのではなかろうか。
漫画しか買えないし(グッズ興味無し)、行動範囲からちょっとズレているので使いづらいのがネック。
[PR]
by kototubo | 2014-05-25 23:27 | にっき。 | Comments(0)