なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

「も」

先日、取引先の方との飲み会で映画の話になって、

「○○っていう映画はほんとにいい映画なんですよ! ぼく、もう4回も観ちゃいました!」

と言われて、“4回” は “も” なのか?! と少々混乱しつつ、「へえ〜すごいですねえ〜!」って言っておいた。
ちょうどそのころ自分が“『パーフェクトブルー』祭り”状態で買ったばかりのDVDを1週間見続けていたので、7回以上同じ作品を見続けている自分はどうなのか。どうもこうもないが。

あと「Youtubeで見た」というのもマイナス点だ。著作権切れていてたとしても、金を落とす気のない作品を「すごい!」って言われても、説得力がないんだけども。
一回り以上年下の方だったのだが、「Youtubeをよく見る」というのがステータスみたいだった。「ユーチューバーなんです」って言ってたけど、あれ? 見る専もそういう名称なのけ?? 若者文化がわからんようになってきたぞ、やだー。


何回見たら“も”っていっていいのか考えてみる。
あ、でも「同じ作品を見るために映画館に2回以上足を運んだ」と言われたら「すごい!」って言っちゃうか。結局金払いが基準か?
[PR]
by kototubo | 2015-05-05 22:27 | にっき。 | Comments(0)