なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

レントゲン

久しぶりに整形外科で背骨やら腰やらのレントゲン写真を撮ったのだが、今回行った病院は立ったまま撮影できた。すばらしい。

いままで行ったいくつかの病院は、腰のレントゲンを撮るときはベットに横になる必要があった。そのうえ、左右の画像をとるためにあっちむいたり、こっちむいたり。
これは痛みのあるときにさせられるのは大変苦痛。というか、まずベットに乗って、横になることが大変なんだ。いたくて。
それが今回は立ったまま撮影可能で、とても楽ちんだった。すばらしい。よその病院もそうなるといいな。


あと、リハビリ室にウォーターベッドのマッサージ器があってだな、これがジェット水流でほぼ全身マッサージしてくれるのだが、大層きもちいい。

わたしは背骨が曲がっているので、普通のベッドだと横になるとそれだけで痛いんだけど(だからマッサージ屋さんが苦手。横になった姿勢で自分の身体の角度の痛みに耐えている間に時間いっぱいになっちゃってリラックスどころじゃないから)、ウォーターベッドだと身体の形は関係無いのかっと「発見!」みたいな! 自宅にほしくなった!
でも高いんだろうな。医療機器だしな。


ところで、レントゲン撮影でいつも思い出すのは中〜高校時代にやった某大学病院での撮影。前にも書いたかな。毎回ぱんついっちょにさせられて、当時は全部脱ぐのめんどくさいな〜ぐらいの認識で特に疑問に思わなかったんだけども、あれってシャツとか脱ぐ必要なかったんじゃ……?
どーなの?
あいつらいったいどういうつもりだったんだ。
[PR]
by kototubo | 2015-06-22 00:01 | にっき。 | Comments(0)