なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

「アダンの木」

「ハイドゥナン」(早川書房)の上巻がヤバイです。

と言っても内容ではない。
何が、って表紙が、ヤバイ。

田中一村の「アダンの木」を使用しているのだが…これ、印刷すんげぇ良くないか?

田中一村は好きな画家なのだが、画集は1冊も持っていない。
だって、どの画集も一村の絵を印刷しきれていないから、買う気がしないのだ。

ところが「ハイドゥナン」のカバー表紙は…かなりいい出来なのではなかろうか。
それとも実物を見て1年以上経っているから、目が騙されているだけか?

思わずジャケ買いならずカバー買いをしてしまおうかと思ったが、
なんと¥1,785。買えんよ! っかそもそも藤崎慎吾って知らんわごめん。
だけどここんとこ、本屋に寄るたびに、帯を外して見入ってしまっている。


あぁどうかこのカバー印刷のクオリティで画集を作って頂けないだろうか!!
切望!!!
[PR]
Commented by midnight_egg at 2005-08-10 09:47
さすがこだわりどころが違いますな。
印刷の善し悪しはそんなに素人目にわかるものじゃなし・・・(^^。
そういえば吉祥寺で駅名表示を見て「ここだけ書体が違う」とこだわっていたのを思い出しました。(ほかの駅はゴシック体なのに吉祥寺だけ楷書体系だった)
たぶん大概の人は気付きません。
Commented by kototubo at 2005-08-13 01:12
>マムさん でもね、でもね、この本の表紙はほんとに凄い気がするんです。
誰も同意してくれないので、さみしいです…とほー。
by kototubo | 2005-08-10 00:49 | 本。 | Comments(2)