なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

ネガをデータ化

a0001756_19345575.jpg

むかあし撮った旅行での写真をもっと気軽に見たいなと思い、「データ化」でぐぐってみる。自分でスキャナを買ってスキャン作業をするのはまっぴらゴメンだから(たまに仕事で紙焼きを多数スキャンすることがある。とてもめんどくさい。ネガもたまに。とてもめんどくさい)、簡単にやってくれるお店を探す。
フォトアルバムをそのままスキャンするというサービスもあるのを発見したが、そういやネガを持っているんだからこれをデータ化できるんじゃないのか?

で、プリントのときに使っているカメラのキタムラだと150万画素
ビックカメラだと200万画素・540円
ネットで見つけた節目写真館は1200dpi・基本料540+324円

近所に店舗があるパレットプラザはサイトに情報が無いのだが、店頭で聞いたら300万画素・540円でデータ化できますというので、そちらで頼んでみた(高解像度でもデータ化可能。そちらの画素数は教えてくれたけども必要ないだろうと思って忘れた(^O^))。
(すべて2015年9月に調べた内容です)


取りあえずお試しのつもりで2本のみ。2時間程度で出来上がり。
モニタで見られるようになったのはいいぞ!
a0001756_19365110.jpg

ネガが大量にあるのならネット受付のお店のほうが断然安いのだが、自分が持っているネガ、しかもデータ化までしたいのは大した量ではないし、あとはネット経由だと梱包と宅急便の集荷待ちが面倒。なので、今回は店頭に持ち込めるところでお願いした。

なお、これは「写ルンです」で撮ったものなはず。それともコンパクトカメラだったかなあ……。当時は36枚撮りのものを何個か持って行って、この場所では○枚、次の観光地では○枚と計算して撮影してたよ。このイギリス旅行も2本のみ。現像代もわたしにとっては安くはなかったから、あまりたくさん撮っても自分の首を絞めるだけだったしね。……今ならデジカメで近所の散歩でも100枚程度すぐ撮れるのにね。
ちなみに一番上のはなんちゃって補正済み。もとはこんなん。黄色いぜ!
a0001756_19375565.jpg


しかし「300万画素」でデータ化するってどういう意味なんじゃろう? 「1200dpi」のほうが意味が分かるんだけども。
なお、ピクセル数は1545×1024でした。
a0001756_1936596.jpg


あとスペイン旅行とフランス旅行、それと建て替え前の木造の実家を撮ったネガがあるから、それもデータ化したいな。





リサイズ無しの元画像。ご参考まで。
a0001756_19525719.jpg

a0001756_19555676.jpg

[PR]
by kototubo | 2015-09-27 19:49 | にっき。 | Comments(0)