なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

庭の木

同僚と「庭でとれる食べ物」の話になった。
うちの実家あたり(横浜市内)では柿・柚子・茗荷、あと柑橘類(種類よくわからんけど、こたつみかんではないやつ)。近所の家々にはこのどれかは庭にあって、大量になった年はお互いにお裾分けしていた。
特に柿はどこの庭にもあったから、食べ比べな有様になる。

で、北海道出身の子が「うちは胡桃の木があったよ」と言うので驚いた。
胡桃って庭でできるのか! こういうのでも地域差分かって面白いなあ。

単純に驚いたんで、すごいね! 胡桃って北欧とかのイメージだー(「くるみ割り人形」の印象が強い)と言ってたら、
「あ、でもねっ、よく山で落ちてる胡桃とは違ってね、」
って慌てて言い出したけど、うん? うちの近所の山にはどんな胡桃も落ちてはなかったな。
拾えたのはドングリか椎の実だわ。
稀に栗。


千葉の借家に住んでいた頃は庭に桜の木があって、1年おきにさくらんぼがなった。
手入れは特にしていなかったと思うが、すごく甘いのが大量に収穫できて、あの数年間で一生の半分ぐらい分のさくらんぼ食べた。あれは良かったな〜。
あと、千葉にいた頃は父の同僚の方々から「裏の山でとれた」と、竹の子をよく頂いた。時期になると重なるので調理する親は大変だったようだけど(笑)。
[PR]
by kototubo | 2016-07-04 01:33 | にっき。 | Comments(0)