なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

学びの時間

会社で、社長の友人のコピーライターさんが社内セミナーを開催している。
年配の方なのだが、長年業界に携わってきた方の話を聞けるのはいいなって思ったし、じじいの話を聞くのは嫌いじゃないし、プラスしかないだろうと思い参加中。
全5回。

が、既に14回開催されている。……というところで賢明な社畜の皆様ならばお気づきでしょうが、なんかもう、内容がぐだぐだですわ。「続けて開催していきます!」とのかけ声もなく、だらだらと続いてる。
大幅に回数を超えてるってことは、着地点やら目的やらがそもそも設けられていないよね。……行き当たりばったりで社員集めてんのかよ。ダメな方の「適当」じゃん。
こういうの、きらい。

それでね、内容が面白ければ何回やっていただいても全く問題無いんですけどもね、その方の話の進め方が、なにかを説明する際に

 ・誰かを悪く言う、悪者にする、嘲る
 ・別の一方を悪く言う

ってことをする。聞いてていやだなあーって気分になる。耳ペタンしたい。

「誰か」とは特定の社員なんだけども、普段個人的に仲良くしているとしても、大勢の前で「○○くんはダメだ」的な話をする必要はないだろう。それが「職場で行うセミナー」ならなおさら。他に例える方法があるはずで、それが出来ないのは想像力が欠落しすぎだとしか思えん。それでよく“クリエーター”だなんて名乗れるなあ。
それと「誰か」は大抵年若い社員なので、果たして本当に仲がいいから対象にしているのかも疑問だ。相手が特になんの抵抗も示さない若造だから標的にしてるんじゃないの。わーいじめだこれー(棒読み)。


あとは、文言の引用元を明示しなかったたり、書籍の引用文と自分の言葉を交ぜて文章にしたものを資料として配布してみたり、なんだ、「あ、こういうことしちゃダメだな?」ってそんなことばかり学べる素敵なセミナーです。
……あ、学べることがあった! よかった! でももう十分です!!


まあ一番嫌なのが、これの開催時間がいつも定時以降だってことかな。
[PR]
by kototubo | 2016-09-23 00:18 | にっき。 | Comments(0)