なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

「ニーアオートマタ」感想

最近は「Nier:Aoutmata」ばかりやってるので、もう少し書く。

 →Nier:Aoutmata(公式サイト・音が出ます)

------

「昔“かっこいいなー”と思って見てたゲーム公式サイトのと、同じクリエーターさんの作品だよなー」ってことで興味があったのと(当時はゲームをやる気もゲーム機も持っていなかったので本編に触れる機会は無かった)、なんとなくネット上での評判は見聞きしており、体験版をやってみたら思いのほかおもしろくて……なるほどキービジュアル中央に描かれている女性キャラクターが、かっこかわいい。流れる音楽も好み。

体験版、例によって下手すぎのためなかなか進めなかったが、4回やってようやくクエスト完了できたので(笑)損しない程度には遊べるかな〜? と購入。


……この時はこんなに毎日やることになるとは思ってなかったよね……現状、メインのエンド回収済み。今は未完了のサブクエと、カンスト目指し中。ヨルハ部隊に幸あれ。


以下長いのでたたむ。
ネタバレはしてないと思います。




■ストーリー
舞台は遠い未来の、異星人に支配されて荒廃した地球。主人公は敵から地球を取り戻すために戦うアンドロイド。

周回前提のシナリオ。進むにつれだんだんと話の裏側が見えてくる。エンドが複数あると言っても進行に差はなく、メインの結末に誘導される。
……こういうゲームをプレイしたことなかったから、「複数エンドがある」っていうのは「複数の物語がある」って意味だと勘違いしてたわ。そんなに情報持たせられるわけないか。

内容は……悪趣味ですなあ(笑)。「お噂はかねがね」って感じ。3周目はほんとつらかった……だけど「この流れならこうくるだろうな」と予測はしても、それ以上のもので出てくるから飽きない。
ちなみに3周目中に「これはいかん、クリア後に供給不足になってしまう」と思って設定資料集と美術資料集買いに行った。

しかしサブクエもほとんど全部「ちょ、えっwww」ってなる結末で。
そういや予告の動画もどうかと思うんだけどw いや、重要なシーン詰め込んでるけどさ?? そこアピールしちゃうの??? みたいな。そちらを先に見てたら、体験版やろうと思わなかったかもよ……わいバッドエンド苦手。


ただ、メインストーリーはハッピーエンド(だと思ってる)。
キャラクターのビジュアルと廃墟とSF好きな人は楽しめると思う。
友人らに薦めたいけど誰もPS4持っていないし、興味持ってくれないさみしい(苦笑)。


■キャラデザインと動きがいい
戦闘のモーション、武器の納め方(派手!)、移動時の動作がいちいちいちいちほんとかっこいい。
ジャンプ等で障害物を軽々と越えていく様の爽快感、服の翻り方、水に濡れたときの服の色変化、フィールドによって変わる動き・足音、どれも大変楽しい。

で、女性型キャラクター・2Bの“ふともも”に対して、男性型(少年型?)・9Sは“ひざこぞう”か? ずいぶん安易だなとか、1周目は2Bの周りをうろちょろして操作の邪魔だし、なんだろうなーとか思ってたんですけど!
すいませんでした。

9Sは、かわいい。

進行して行くにつれ、いろいろ、いろいろですわ。
久々にキャラクターにぐわっときましたわ。


あと随行支援ユニットのポッド042、153が優秀で過保護でいいですね!


■声
最初に操作できる女性型キャラクター・2Bの声が聞き覚えのあるようななんかそんなんで、気になってしまったので、音声を英語にしてプレイしてた。字幕も表示されるし、いけるだろうと思ったんだけど、進行するにつれ会話中の情報量が増えて、戦闘しながら読んでいられなく……結局日本語に戻す。まあ、2Bセリフ少ないからいいか……。
いや別に、悪い声とか演技がとかそういうんじゃないんだけどね? そのう、「知ってる」と判断できちゃう声だとね、こう、物語にね、入っていけないんだよ……。

今時は声優さんの人気度・知名度で売り上げも左右されるんだろうけど、なんかこう、特徴のある声優さんはあれね。うーん。
なお英語版の声優さん、日本語版と雰囲気同じで全く違和感無し。


■音楽
体験版のシーンで使用されている「顕現シタ異物」そうだけど、他の曲も大変好み。「遊園施設」「イニシエノウタ/贖罪」あたり、すごく好き。このへんは派手目の曲だけど、わたしにしては珍しく静かめや日常系の曲も気に入って聴いている。
しかし「エミール/絶望」と「エミール/ショップ」の2曲、全く雰囲気違うのにメロディが同じなの、天才かな(笑) 脳みそおかしくなるわ。


■操作について……釣りのやり方が分からなかった
「釣り可能な箇所で、○ボタンを押す」とあるが、押しても釣りができない。
なんでかな、モンハンみたいに釣り道具買わないといけないのかな、って思ってたんだけど、そうじゃなくて、

 1.釣り可能な箇所で○ボタン長押し、釣りモードになる
 2.Rで角度を調節、画面中央に現れているロックオンのマークが水面になるようにする
 3.もう一度○ボタンで投げる。

ってことでした!
よくわかんないまま○押してたので、地面に向かって投げてたよ、ポット。つか、ポットが浮きなのね。高価そうなのに水に投げこんじゃっていいのね……。


■ポットに掴まって滑空もわからなかった
これもいつまで経っても動作の説明が無いし(他の基本動作は、初期段階で操作の説明が表示がされる)、操作を覚えるためのイベントも発生しないし、ゲーム内のショップで専用のポットプログラムとか買うのかな? と思ったけどやっぱり売ってないし、でも一緒に行動しているもキャラクターの9Sは普通にやってるし……ってんでぐぐったよ。
×ボタン長押しでした。

ところで操作方法探すためにぐぐってて思ったんだけど、世の攻略サイトは言葉が、少ないね……? 書いてある単語の意味がわからん。
(例えば、「二段ジャンプをする」とあっても、その“二段ジャンプ”のしかたが分からないので調べなおすはめになる。そしてたいていのところ、誰も書き込んでいない)


■プラグインチップ
キャラクターの性能を変化させる機能。
3周目にしてようやく「コスト」がプラグインチップ設置領域の幅だということに気が付いた。
それまで意味が分からず、とりあえずおまかせのバランスでやってたけど、それで困ったことはなかったけど、設定するたびに今までできてたことができなくなったり、新しいことができたり、チップのせいだとは思ってはいたけど謎だった。それまで「チップ合成の価格(コスト)」だと思ってたんだよう。
ここ調整するといろいろおもしろいことできますな〜。自動吸着、ちょうべんり。
あとアイテムスキャン(マップ上にアイテムの場所が表示される)は全クリア後にそういうのがあると知って、今更ながら活用中。箱、めっさ見落としてるわ……。


■長距離ジャンプ
ジャンプしないと届かない箇所に道具や素材、物語理解の補助になる情報がおいてあったりするんだけど、未だにうまくできない。つらい。
ジャンプ+射撃での距離稼ぎは覚えて、何度も失敗していた「エミールの追憶」の砂漠、あと森の上の階の箱は何とかクリア。

だけどさー、廃墟都市の割れ目のパスカルの村←→レジスタンスキャンプの移動がうまくできないんだーーーなんでーーー。
ほぼ失敗するので、仕方が無いから遠回りするんだけど、そうするとポットが「目的地に行かないとは職務怠慢だ」と言い始め、強制エンドに持ち込まれそうになるし、実際エンドになっちゃったし。
いちおう自分なりの迂回路は確保してるが遠回りだし、ポットが「目的地に向かえ」と苦言するし、ひやひやですわ。

どうも自分は見た目の距離感と現実世界の物理法則に惑わされている感がある。
ゲームの設定上、ジャンプ可能なところはちょっと厳しめの距離でも移動できるようになってる……はずだと思うんだ。だけど「遠いな」「高いな」と思うとたどり着けないような気になってしまう。そう思い込んでプレイしてるからできないのかもな(白目)。

武器も初期装備の日本刀もどきで鉄の塊のような固そうな敵キャラをガンガン攻撃するから、「あー!そんなふうに使ったらーー! 刃こぼれ! 刃こぼれしてしまうー!」とか思っちゃって躊躇してしまったけど、遠い未来の刀身だからそんな簡単には壊れないすごい技術でできてるらしい(これは克服した)。


■オートセーブじゃないよ
解説キャラが「オートセーブじゃないから気をつけて!」と何度も注意してくれたが、「オートセーブとはなんぞや?」ぐらいゲーム知らないので、別に困らなかった。むしろ、いままでやったセーブが必要なゲームよりはセーブポイントが多いので、楽に思ったぐらいだった。
ちょっと前に始めたスーファミのドラクエに比べたらほんと全然……ゲームの進化を感じますわ(発言のレベル低くてすみません)(あと、ドラクエはあまり進んでません……)。


■ストーリーの分岐を間違えた
A、Bときて、次にDを拾った。CはDの分岐だろうと選択肢を変えてプレイしたが……分岐点を勘違いしてたよねっ、ははは。
……Dを2回見るはめに。orz


なお、アレはアレできなかったです。
[PR]
Commented by kali-durga at 2017-07-08 00:47 x
ニーアそろそろ買おうかなと思ってamazon覗いたらほぼ定価だったw
購入はもうちょっと待とう。
DODの系譜なのでさぞや鬱々陰惨でアレなストーリーなんだろうなぁ。
Commented by kototubo at 2017-07-08 23:58
■kali-durgaさん あっ、ほんとですね > 定価
私が購入したときは2割引きぐらいでした。
ストーリー……鬱々とも陰惨とも違うかな?と思いますが、いろいろつっこみがいがあって、楽しかったです(楽しみの方向を間違えている可能性)。
by kototubo | 2017-06-25 22:00 | にっき。 | Comments(2)