なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

最近読んだ本

■「活動寫眞の女」(浅田次郎/集英社)
浅田作品にしては珍しい?京言葉。自分もその土地にいるような錯覚感。京都や映画…活動屋の話が適度に盛り込まれていておもしろいが、主人公達の行動が理解できず、途方に暮れる。なぜそこでそっちへ行く!みたいな。すげぇこじつけっぽいなぁーと思ったのだが…「あーあるよねー」と思う人もいるのだろうか?


■「霞町物語」(浅田次郎/講談社)
霞町が舞台の自伝風の短編集。時代背景は世代の異なる私には分からないが、浅田らしい作品で好み。しかしこれは表紙が悪くないだろうか…?余り興味をそそられず、読まずにいたのだが…他の未読作品も読まねばと思った。


■「天国までの百マイル」(浅田次郎/朝日文庫)[○]
映像化もされてるが、あらすじすら読んでいなかった。これも表紙がいまいち?もしくは宣伝の方法がツボにこない。が、読んでみたら内容は非常にツボ。ストーリー的には起承転結もあやふやで、そんな都合のいいことあるわけないじゃん!という感じなのだが、それでも面白かったと思える一作。


■「空の境界」(奈須きのこ/講談社)
上下巻の大長編なのかと思いきや、何話か収録されているのだった。わりとあちこちで好評価だったので期待して読んだのだが…うん、そうだよね。もとは同人誌(&同人エロゲ)でこの表紙だもんね…キャラクターの設定がやはり突飛すぎて、全く感情移入ができない。ただ、ここまで書き込めるのだからキャラに頼らない作品を読んでみたい気もするが。


■「MIZE」(恩田陸/双葉社)
不思議現象の真相が…あーなんというかそりゃないだろう!という感じで脱力…好みじゃない。やっぱりミステリーはだめっぽい。でも読みやすい文体で、悪くはないかも。他作品もそのうち読もうかと思う。


■「鬼平犯科帳」(池波正太郎/文藝春秋)
読み始め。まだ2巻。平蔵、かっこいーぞー。図書館で借りているのだが、揃ってないんよ…まず1巻が見つからない。他の図書館から取り寄せたりしてじわじわといく予定。だけど思っていたより艶っぽいシーンが多いのな?しかし…初出が昭和43年とは!


さて。

最近キヨラカな書籍が多かったので、自分の好きな作家の本を読み直そうと「敵は海賊」再読。

■「敵は海賊・A級の敵」(神林長平/早川書房)[◎]
■「敵は海賊・海賊課の一日」(神林長平/早川書房)[◎]

「敵は海賊」シリーズは…本当に、おもしろい。読んでいて鳥肌が立つ。
でもって、アプロかわいい!ラジェンドラすげー!と褒め称え、文句なしの二重丸評価で今回の「読んだ本」を終わりにしたいと思います。(同意者稀少。)(SF作品なので免疫の無い人は読んじゃダメ。)(でもけっこうお軽いSFで読みやすいと思うんだけどなぁ…)(っか最新作の「A級の敵」、初版が1997年じゃないか。新作はーまだかー)
[PR]
Commented by kali-durga at 2005-12-04 20:21 x
おおっ!池波正太郎!
いやもう日本最強の小説だと思います。

「剣客商売」シリーズは尿漏れしそうなほどかっちょいいのでオススメです。

鬼平はあまりの巻数に圧倒されてまだ手を出してません。




Commented by z_rahen at 2005-12-04 21:22 x
たくさん読んでますねー。すごいです。
ありがたやー。
つか「空の境界」、僕は2ページで挫折しました。(^^
恩田陸は「光の帝国」、好きです。
Commented by kototubo at 2005-12-04 23:47
■kali-durgaさん 「剣客商売」ですか。そっちもいってみます。
でも通勤電車で読むのに尿漏れは困るなあーオイ?

■らへんさん 「空の境界」、どこまで読んだらおもしろくなるのかと最後までがんばってみました。
えーと。やっぱりこの程度だよね?と思いました…。
「光の帝国」、今度読んでみまする。
でも実は図書館借りが多いです…。
Commented by zukunashi at 2005-12-04 23:50
池波正太郎ですか。

彼は純文学ではなく大衆小説家ですから、艶っぽく、剣戟も有り、美味しそうな話も有り、ちょっと為になるトリビアもあります。
私もkali-durgaさんと同じで剣客商売が大好きです。鬼平も好きですけれど。
そのうち剣客商売も読んでみてください。
Commented by zoo659 at 2005-12-05 09:43
昨日オススメの「天きり松」を読み終わりました。
かなり大すきになりました。続きはないのかなぁ
毎度泣かされました。
「空の境界」はちょっと忍耐が必要^^;
鬼平は二巻の後はどの巻を読んでもあまり変わらないかもですよ!
鬼平に出てくる大親分たちも目細の安のようなかっこいい親分がいて
惚れ惚れしますよねぇ
Commented by kototubo at 2005-12-05 23:16
■ずくなしさん 純文学は苦手っぽいのでちょうどよいです。
剣客商売は近々で!

■るかさん 「天切り松」、いいですよね!私も大好きです。
親分衆がかっこよい。
鬼平…これ以降はあるものから手をつけて大丈夫なのですね?
ありがとうですー。
by kototubo | 2005-12-04 19:52 | 本。 | Comments(6)