なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

空と、人の住む光と

a0001756_191724.jpg

正月に実家に帰ったときに母の運転で近所に出掛けたのだが、丁度日暮れの時間でとても空がきれいだった。
同じ横浜市内なのだが、実家の方は空が広くて視界を邪魔する物が少ない。段々と藍になる空と、地上の家のひかりが不思議な風景であった。
[PR]
Commented by 104hito at 2006-01-09 20:45
とっても雰囲気が伝わって来る優しく温かいイラストですね
あのひとつひとつの窓の明かりのなかに、それぞれに幸せがあるのでしょうか?
Commented by katuo0076 at 2006-01-09 21:08
両生類んがどこにもっ描いてないのですがっ。
写実主義言壺んちらしくないのでづがつう。
ああっ、もしかして、これは妹さんの絵ですかっ??
ああ〜そうだろっそうだろつ。
とっ。
Commented by kemicho at 2006-01-10 12:48
キレイな写真だなーとかぱっと見て思ったらイラストだっただまされたー!(言いがかり

建物の少ない土地の空って広いですよね。
いつも見ている空はなんなんだって思います。
Commented by kototubo at 2006-01-11 21:03
■104hitoさん きっと、あると思います。そんな、たくさんの灯りでした。

■カツオさん えーと?じゃ、そういうことで!

■けみちょさん そうそうイラストみたいでしょ…ってイラストだよばかー!(逆ギレ
空が広いのはいいですね。ちょっと、驚きました。
by kototubo | 2006-01-09 19:24 | え・えにっき。 | Comments(4)