なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

最近読んだ本:神林・小林の新刊・川上弘美・それから剣客商売

■「小指の先の天使」(神林長平/早川書房)[○]
久々の新刊、というか文庫化。短編なのであまり期待していなかったのだが、これが良作ぞろいだった。最近の?神林作品に多いモチーフである仮想現実に入った人々・時代の物語。生きているとは何か?自分とは何か…?そんな感じ。神林初心者にもいいかもしれない。


■「脳髄工場」(小林泰三/角川書店)[○]
表題の「脳髄工場」を含め(「脳」「脳みそ」、ではなく「脳髄」!夢野久作だよな、と思ったのは私だけではないはず)、相変わらず汁っぽい表現がコワイ。「影の国」等、"本"であることを最大限利用した書き方が非常に好み。「友達」や「C市」はオチが途中で分かるのだが、それでも小林泰三の文章なら最後までわくわくしながら読めるから不思議だ。それだけ魅力的な文章なのだと思う。早川書房でSF系を描いているが、角川のホラー系作品の方が断然面白い。



■「センセイの鞄」(川上弘美/文藝春秋)[○]
この手の作品は自分からはあまり手を出さないが人から薦められるままに読んだ。女性作家は苦手なのだが、この作品は心の動きに唐突なところが無く、主人公・ツキコさんの心情の動きにも感情移入しやすい。短編風に区切ってあるから疲れずに読めていいのかも。また、食べ物の表現がすばらしく美味しそう(笑)。飲み屋で湯豆腐が食べたくなりました。好きなのは「お正月」。


■「蛇を踏む」(川上弘美/文藝春秋)[○]
で、川上作品を読んでみようと芥川賞受賞作を。先に読んだ「センセイの鞄」の雰囲気を想像していたのだが、大分違った。なんというか、あっち側の物語。日常的には異常な事象を、ごく当たり前なものとして書かれている。この作風も好きかも。「背中が痒いと思ったら、夜が少しばかり食い込んでいる」で始まる「惜夜記」がよい。表現がいちいち詩的、でもうるさくない。


■「椰子・椰子」(川上弘美/新潮社)[○]
大体タイトルからしてなんなのだ、という1行目が「もぐらと一緒に写真をとる」。なにかを象徴しているのか?と思いながら読み始めたが、全くそんなことは無いらしい。不思議空間。頭をからっぽにして読むべし。


■「光の帝国」(恩田陸/集英社)[○]
これも人からのお薦め。「常野」という人々の話。どうしてそうなのか、という詳細は全くないのだが、それでいいと思える。全体的に優しい雰囲気で読後感もさわやか。常野の物語は他にも出ているようなので、読んでみたいと思っている。



■「椿姫」(浅田次郎/文藝春秋)
浅田次郎の短編は実はあまり好みではない。面白くないわけではないのだがなんでかなーと考えたのだが、登場人物の愛情の形が理解出来ないからなのかもしれない。この作品の中でも夫や妻の他に本当に好きな人がいる。自分が裏切られて(?)いる側の人間だったら…と思うとかなり切ない。ので、読み疲れた。


■「五郎治殿御始末」(浅田次郎/中央公論新社)
明治維新直後の人模様の短編集。が、いまひとつ分かりづらい…この時代が好きな人が読んだらたまらないのかな。歴史は好きな方だと思うが、細かすぎて感情移入できませんでした。しかし表題作の「五郎治殿御始末」は読み慣れた浅田節。引き込まれる内容であった。



■「県庁の星」(桂望実/小学館)
装丁が面白かったので読んでみようかと図書館で予約したのだが、おどろいたことに大人数の先約入っており、待っているうちに映画化やらコミック化やら決まってしまった。読み始めは県庁から研修で派遣されてきた役人・野村と、高卒パートの二宮のどちらの意見にもなんとなくムカっぱらがたったが、結果としてはそうイヤミくさくなく、安心して読める。1年間という時間をこれだけのページで表すには短いし都合も良すぎるとは思うが、読後感は良い。



■「剣客商売」2、3、4(池波正太郎/新潮社)[○]
地道に読んでます。コメ欄でkali-durgaさんも書いておられたが、3巻あたりからたしかにテンポ良く、一気に読み終わってしまう。じじぃ萌えですが、最近は大治郎応援派。



□早川書房の「SFマガジン」の創刊600号記念号に神林長平「戦闘妖精 雪風」の続編が連載スタートしている。わー買おうかなーと思ったが、2,400円もするよこんちくしょう。かくなる上は立ち読みを、と読み始めたが、3行もしないうちに背後に芳しい方に立たれてしまい断念。…書籍化を地味に待ちます。(あーでもそれよりも「敵は海賊」の続編は…)

□そのとなりに「SFJ」(徳間書店)ちう雑誌。へーこんなのも出てるんだーと表紙を見たら火浦巧の名が。なんと連載をしているらしい。が、よく見たら掲載は1ページだけでした。正確には見開きで右が挿絵とタイトル。左に本編1ページで文末に「(つづく)」。つづくのか。相変わらずすごいすね…。

□さらにぱらぱらとめくって見ていたら、「イズミ幻戦記」の続編刊行のお知らせが。おっとー。
[PR]
Commented by mizchi_666 at 2006-03-22 04:15
えー!!小林泰三新刊出てるですかー!!(未チェック!
えー!!イズミ幻戦記出るですかー!!(ビックリマーク!
てか、いつ以来……?
Commented by kototubo at 2006-03-22 23:17
■みずちさん 私も書店で偶然見つけてびっくり&即げっつです!
イズミ幻戦記、徳間デュアル文庫に移った2003年以来…ようやく2巻ですねー。
まさが続きがでるとは…(笑)
Commented by kurageneko at 2006-03-23 20:45
言壺さんと本の話をしたいものです♪
ちなみに蛇を踏むが賞とったときは我が町は大フィーバーでした。
同じ町なんだそうな。会ったことないけど。
Commented by kototubo at 2006-03-24 01:18
■くらげねこさん ほー!川上さん、お住まいも近くなのでしょうか??
会ったら教えてください。
Commented by ちゃるママ at 2006-03-24 09:35 x
本の感想を参考にさせていただいて本のまとめ買いしてしまいました。
「小指の先の天使」も買っちゃいました。
あまぞんで買ったので届くの楽しみですー。
ありがとございました。
Commented by kototubo at 2006-03-26 19:19
■ちゃるママさん さ、参考になるのでしょうか…
おすすめはしませんよ…(伏し目がちに…)
Commented by kali-durga at 2006-03-26 23:38 x
剣客商売は3巻越えたらもうやめられませんよ。
ちなみにオレは三冬さん萌えです(笑)

ところで雪風続編ってマジすかっ?
...グッドラックの修羅場エンディングの続きなのかなぁ。
Commented by kototubo at 2006-03-27 00:27
■kali-durgaさん 本当ですな…やめられませんっ。
雪風、続編らしいですよ?
っか「続編」あるのかー。私のなかでは第一作目でキレイにおわっているですが…。
by kototubo | 2006-03-21 23:44 | 本。 | Comments(8)