なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

夏休みかぁ。

あっちでもイベントーこっちでもイベントー
というわけで、企画ものの記事が多くなってきたエキサイトブログ。

わーたのしそうーと思いつつもなかなか波に乗り切れていない…
というか乗れない、一括で変換しきれない言壺です。

勇気をだして、マウス絵には参加してみたが、
その他は物陰からそっ…と覗いているやうな、
そんな感じでまたーりいきます。


ところで「近海マグロに焼きを入れる」さんところでこんな企画。
夏休み企画「あなたの思い出トラックバックします」

…すごい。ような気がする。発想自体が。
5日間でまわる華麗なコースは考案されつつあるのでしょうか。



で。「夏休み」で一つ思い出した。

あれは小学1年生の夏。
当時、横浜のとある片田舎地域に住んでおり、
家の周りの風景と言えば田んぼ。梨畑。用水路。木造の小学校校舎。
それだけがすべてであった。

さて。家の周りで妹と遊んでいた私は道ばたであるものを発見する。


カメ。亀である。

それがでかい。小さな私が乗れるぐらいでかい。

なんでそんなでかいカメがいるんだ、というか
そもそも砂利道をカメが歩いていること自体おかしい。
カメですからそれはそれはゆっくりとした歩みで、
とても遠くから旅をしてきたふうには見えない。

それにこんな大きなカメだから「これはウミガメに違いない」と思うわけだ。
水に生きるそんなカメが、夏日照る乾いた道を歩くのは自殺行為ではないか。

カメの身を案じたわたしは、カメを自宅に連れ帰り、
家で一番大きいタライに水を張って入ってもらった。
しかし、体の大きいカメはタライから手足がはみ出て、
とてもラクになったようには見えない。
…残念ながら我が家にはカメに休んでもらえる空間はないらしい。

そんなわけで、飼うのを諦めて近くを流れる川に放すことにした。
川は海へ通じるもの。カメさんはウミガメですから、きっと海に帰りたいはず。
さようならカメさん…!無事に海まで泳いでね!!


と、ここまであきずに読んで、かつ動物好きな方なら気づいているだろう。
動物好きではなくても常識かもしれないが…

「それって陸ガメじゃねーの…?」


・・・えーと。たぶん、そうだよね。
大人になってから、そういう種類もあるって知って、それはそれはびっくりしたYo!


ほんと、あのカメが無事にいることを祈ります。
おぼれてないといいな…ハハハ。

a0001756_73424.gif

[PR]
Commented by yueruna1005 at 2004-06-16 09:09
ははは…。最近こちらでも同じような事が。(汗
子供の友達が拾ったカメを飼ってたのですが、
「そろそろ自然に帰してあげよう!」とかで、放したそうです。
…ドブ川に。(爆
てゆか、水は少ないんですけどね。ドブっスよ……。(涙
Commented by yueruna1005 at 2004-06-16 09:11
ちなみに、以前私が見た時、それはリクガメに見えました…。
Commented by kkei_10 at 2004-06-16 09:46
大丈夫、カメは無事帰りました。そのうち竜宮城からお迎えが来ますよ。現地レポート待ってます。
Commented by epiplectic3110 at 2004-06-16 11:54
kototuboさんの絵って味がありますよね〜 カワイイ☆
Commented by kototubo at 2004-06-16 22:24
>yueruna1005さん ド、ドブ川…。ドンマイっとか言えないですね…。
リクガメ、ガンバ!!

>kkei_10さん えぇっ。まぢっすか。すっごく待ってようと思います。
現地レポート、任せてください!

>epiplectic3110さん ありがとうございます。味だけが勝負です。
へたのよこずき。
Commented by poff0516 at 2004-06-16 23:18
これ、蹴飛ばすと亀になってしまう神様っぽいです。
ちがうな、

そうそう、雪村霙さんだ。(自分の中で納得)
この亀、目がほんわかしてイイのです。
Commented by kototubo at 2004-06-17 00:40
>poff0516さん ましろの神様?森には真理が落ちていますか?
そんなところを言われるとは思ってもみませんでした。
by kototubo | 2004-06-16 01:36 | え・えにっき。 | Comments(7)