なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

Macアップグレード:867MHz→1.53GHz

猫記事うpしたいけど番組の途中ですが的にMac記事。

---

自宅MacはPowerMacG4。ModelはM8360でQuickSilver2001。CPUは867MHz。購入は2002年の3月で5年以上使用しているのだが、店頭展示品を購入したので実際の稼働はもっと前からになるだろう。

で、まぁ世間的にはもうロースペックなわけです。OldMacです。悲しいね…。
実際次世代のG5すら終わって、もうIntelMacになってしまったのだからそっちがほすぃ。でも!何度も書いているように"今欲しい"Macが無い。今のところiMacにもiBookにも興味なし。しかしMac Proは高すぎる。で、虎視眈々とよかスペックのMacが出るのを待っているのだが、なかなかその時がこない。

しかしいろいろ限界がある。
…だってイラレでちょっとした加工をするのにも待たされるんだもん…。

ちうわけで、今あるMacを強化すべく、アップグレードカードを購入して取り付けてみることにした。


購入したのはFastMacG4 card for PM G4 1.53GHz/2MB。(リンク先は"VintageComputer")
どうせやるならDualCPUにしようかとかなり迷ったのだが、価格が当然シングルより高価である。また、近い将来に新機種は欲しいので5年以上使用しているマシンをそこまで強化する必要があるのかということと、以前職場で使用していたDualマシンがいまいち動作不安定だったのでなんだか信用できず…。そして、シングルでも三次キャッシュまでついているので、とりあえず目先の動作向上は望めるだろうという判断でこれにした。
もう少し安価なGiga Designs 7455 G4 1.4GHz/2MBという選択肢もあったのだけど、こっちはOS9の時にいろいろ面倒があるようだ。…いや、もうOS9起動してないけどさーいちおHDDにOS自体はまだ入っているし、念のためというかー。

a0001756_1174898.jpg


結果、無事1.53GHzになった。
…ようやくギガ越えMacオーナーに…!

*参考にしたページ
「CPUアップグレードのツボ」(VintageComputer)





---

取り付け方法等、ネットで探せば経験談がどっかにあるだろう〜と思ってたのだが甘かった。みんな「取り付けました」「速くなりました」だけで、工程は書いていない。
…しかし、取説、とっても簡単な内容で自分的にはイミフメイ…てか、すいません。用語しらなすぎかも。「ヒートシンク」とかなんじゃほいみたいな…そもそもプロセッサーカードがどれかも分かってない。うぉい、買ったはいいけど自分のスキルじゃ取り付けできないんじゃ?…こわいねーこわいねーシロウトは。と、思ったのでいちおメモ投稿。


*注意*
・これはマニュアルではありません。取り付けの際はメーカーの取説を参照してください。
・てか、途中操作間違えてますのでヨロシコ。
・ようするに技術的質問には答えられません。

a0001756_1501222.jpg箱はこんな状態。取説は付属していないのでFastMacのProductページからPDFをDL。日本語版もある。
a0001756_1503688.jpg上記でDLした取説通り、QuickSilverは本体背面から取り付けネジを外してラバーファンハウジングを取り外す。
a0001756_1544665.jpg外した状態。ネジさえ外せば簡単にとれる。

a0001756_1555062.jpgあーーーホコリが…
a0001756_1561348.jpg取説によると次はヒートシンク固定クリップを外す。取説では「固定クリップを押し下げ。マイナスドライバーでロックを外す」とあるのだが…私のは取説と形が違うんだよなぁ〜…。まず押し下げるってことができん。マイナスドライバーも試したが、つるっと滑って他を傷つけそうになり、あぶない。うぅ…外れない。ので、ラジオペンチでぐいっとやってみた。これでなんとか前面側のはおk。かなり力を入れないととれなかったので「もう取り返しのないところまできてるんだ、こんなこと私がやってていいのか?!」と一瞬青くなる。
ところが背面側がさらに厄介。まずラジオペンチが入らない。手も入らない。ドライバーも無理。本気で外れない!!わーん!
とりあえず、邪魔になりそうなメモリを全部外し、それでもダメなのでディスプレイボート、それから増設したUSBボードも外す。で、空間が広くなったので、再びラジオペンチを試して下側の一つを外すことに成功。そうしたところ最後の1つである背面上側のクリップはヒートシンクをずらして持ち上げることで外すことができた。a0001756_20581.jpg外したところで記念撮影。ほんとにほんとに外れないかと思った…(泣)。途中、何度か基盤にラジオペンチやらドライバーやらがぶつかって、壊れるかと…。
a0001756_27533.jpg次はロジックボートからプロセッサカードを外す。取説ではねじは3本だが、実際は4本あった。そんで取説にネジが2本の側から持ち上げるよう書かれていたが、どこをとっても2本なんですが…。位置的にカンで、背面から持ち上げてみる。で、ビンゴ。(テキトー。)
a0001756_2105550.jpgいよいよ取り付け。底面のプロテクターカバーを外したところ。
a0001756_2122370.jpgロジックボードのネジ穴とアップグレードカードのネジ穴を合わせて取り付け。
a0001756_212028.jpg設定表を見て、ジャンパーピンでCPUクロックを決める。てか取説に1.53GHzの設定方法乗ってないじゃん。VintageComputerの解説ページでは全部OFFにせよとある。取説には「100MHzバスモデル用の設定がしてあります」とあったのだけど(QuickSilverは133MHz)、ディフォルトで1.53MHzになっているような?…よくわからんのでとりあえずつけてみることに。
てかジャンパーピンてどれ?(そこからか!)
で、賢明な読者さま方は気がついただろう。「ファンはいつつけるんだよ」、と。
ね?
私もいつどこにつけるんだろう…とおもったさ。うん、まぁ、よく見たらカードの側面にファンを取り付けるネジ穴空いてるしね。カード本体に接続口がちゃんと2個ついているしね。いや、もともとあるファンを外して2個つけるのかとおもっていたので、接続口が足りないなー付属のファンはいらないのかなーとか思っててね?だって取説に一切書いてないんだもん…(言い訳)。
あわててカードを取り付けた状態でファンをつけようとしたけど…ムリ!(泣)
のでカードを取り外してファンを取り付けることに。…てかもうメモリもボート×2も元にもどしたのにぃぃぃ。

a0001756_232788.jpg取り付けは左画像のようにしてみた。この画像でいう左側につけてしまうと、たぶんMacのフタが閉まらない。
a0001756_2331353.jpgで、装着完了!
a0001756_2335327.jpgが、フトよく見てみたら増設分のメモリがなんか浮いてる…。どーしてちゃんと入らないんだろう?と焦ったが、外す前の画像を確認したらやっぱり浮いていた。なんだ、これでおkなのか…(いやほんとはよくないだろうけど)(しかし画像撮っておいてヨカタ!)
a0001756_2362943.gifほんとにこれで大丈夫なのかなぁ〜と恐る恐る起動。すると133MHzに!…ってだめじゃん!
でもこれはVintageComputerの解説ページですでに書かれている問題点なので、Giga MeterをDLしてインストール。再起動後は…無事1.53GHzに!わわーい!

で、動作は向上したのか?というと、今一体感が得られてない。(アレ?)
とりあえず
・デジカメ画像を取り込むときのCanonアプリのプレビュー表示は速くなった!
・Painterの水彩の滲み表示が素速くなった!(←私的に重要)
と、こんぐらい。はてどんなもんか?
今のところ不都合は全く発生せず、快適です。てかファンが増えたはずなのに、音が静かになった件。…ホコリ取ったから?(すごい溜まってた…)

----

ところでアップグレードをしようかどうしようか迷っているときに、
古参のMacユーザーの知り合いに「どうなん?」と聞いてみたら

「あー俺、2年以上同じMac使ったこと無いからそういう使い方は分からないな」

と、言われました。
…こ、このセレブめ!!
(by ビンボーマカー)

----

*2007/07/22追記
アップグレード後、どうも調子が悪いですwww
取りあえず、動画の再生をすると止まりやすい。
困ったなあ。
[PR]
Commented by YeeTee at 2007-06-27 20:55 x
取説にも載ってないことを躓かずによくやりこなせたね。
良い勘してる。

俺はいままで散々Macをバラしてきたけど、未だに一度もプロセッサアップグレ−ドをしたことがない。
常に買い足しor買い替えが基本です。

認識してるようだけど、故障の原因になりかねないからメモリはきちんと刺しておいた方が良いよ。
きついけどちゃんとに刺さるから。
Commented by katuo0076 at 2007-06-27 22:09
ええと、いまなぜか、うちに2000年頃のG4があるのですが、それとかにも使えるものなのでしょうかつ?
Commented by kali-durga at 2007-06-28 01:09 x
メモリの刺さりっぷりが少々甘い気が。

メモリを刺すときは両端に親指をあてがって「おりゃ!」と一気に押し込むのが基本です。

成功すればカチッとはまってくれるはず。
Commented by yoshihiroueda at 2007-06-28 05:21
はじめまして(たぶん)。Mac IIsi (古い!)をナントカクリップというので高速化したことがあります。名前が示すように、CPUを上から挟み込むようにして、CPUの足の部分につけるもの。簡単でしたよ。
うちにもiMac G3 400MHz (ブルーベリー) っていうのがあるのですが、Intel Core 2 Duoを載せられないかなあ(無理。
Commented by kototubo at 2007-07-01 00:07
メモリは何度か抜き差しして押し込めてみたのですが
これ以上どうにもなりませんでした。
購入前にショップ側がつけたままなので、ずーっとこうだったのだと思います。
>YeeTeeさん、 kali-durgaさん
…これでなんで認識しているのか不思議…。

YeeTeeさんがようやく褒めてくれたので?記事をうpしたかいがありました(笑)

ナントカくりっぷいいなぁ…>yoshihirouedaさん

G4ならアップグレードできると思いますよ、> katuo0076さん。
自己責任でどうぞっ!
by kototubo | 2007-06-27 02:41 | PC&Technology。 | Comments(5)