なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

成果品。

涙溢れるかなしい話続きで、
このひと凄く寂しい人生なんじゃ…?と同情されかねないので、
仕事系でちょっと楽しい話をだしてみる。


私は本屋が好きで、開いていれば買うものが無くても
取りあえず帰りがけに寄ってみる。
立ち読みも大してしない。
平積みの本をざっと見て、通りすぎるだけ。

で。
先日いつもの本屋をぶらついていたら専門書のコーナーで、
店員が客の問い合わせの電話に出ていた。
何下に耳に入ってきていたその会話の中で、
なにやら聞き慣れた書名が出てきた。
どうやら電話の内容はその本の在庫があるか、確認してほしいと、
そういうことらしい。

しかし、なぜその書名に聞き覚えがあったのか。
私の趣味では全くない分野の本なのに…と
数秒逡巡してはっと気が付いた。

そうそう、それ、その本、
私がデータつくったんだよ!


驚いていると「在庫を確認してまいります」という店員の声が聞こえたので、
ほんとにあるのかとその店員のあとをつけてみたら、
たしかに私がつくった本が某専門書のコーナーにおいてあった。
よく見ると、他にも4〜5冊私が関わった本がある。


私の職場では書籍をつくることはあっても、
一般の販売ルートに乗ることはほとんど無いので
書店で見ることはマレである。

この時の本も、一部の分野にのみ使用される内容なので、
一般書店には出ないと思っていたのだ。

それが、いつもいく本屋にあるとは…。
ちょっと感激。


本を手に取ると、その時の作業内容が思い出されてくる。

そうそう、このデータは変換が大変でさぁー、検証だけで何日取ったことか。
あと、クライアントが赤字大好きで、毎回原稿が血の池地獄だったなぁー。
そういや校正3回の約束だったのに、結局30回ぐらいしたよなー。
おまけに金曜入稿の月曜朝一が多くててさぁー、
毎週休日出勤だったなぁー。




感激ですよね!!! 
[PR]
Commented by morningpaper at 2004-07-29 09:52
しかも、その本を目の前で買ってくれた日にはもう、
超笑顔で握手を求めたくなります(笑)
Commented by blue_moon_rabbit at 2004-07-29 12:45
取り急ぎ
英大文字復活!目立ちますね^^
Commented by acidtricks at 2004-07-29 15:31
走馬灯のようにいろいろな思い出が一瞬のうちに駆け巡ったんですね。いい思い出かどうかは別として…(^^;
Commented by kototubo at 2004-07-29 22:18
> morningpaperさん さすがに購入現場までは見られませんでした〜。
でも売れても私に現ナマが入るわけでもないしなぁ…というあたりが
デザイン系のお仕事の morningpaperさんとは違うかも?!(笑)。

>blue_moon_rabbitさん やっちまいました。(^^ゞ
書き込んでから気づきました…。

>acidtricksさん 駆けめぐらせてみました。
青春の汗のニオイがしました。
Commented by redcafe69 at 2004-07-30 02:36
何はともあれやった仕事が「形」になるっていうのはいいですねぇ
私の場合にはプログラム作ったはいいけど 月日とともに廃れて そのうち忘れてられた存在になってしまいますから・・・
あなうらやまし
Commented by kototubo at 2004-08-02 21:58
>redcafe69さん そうですね。成果品が出来上がってくると、うれしいです。
でも、手に取った瞬間誤植探しにはいります。
小心者!
by KOTOTUBO | 2004-07-29 01:35 | しごと。 | Comments(6)