なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

夢の中の情報量。

夢の中で「もの」を見たときに自分へ入る情報量というのはもの凄く多い。
一瞬にして

・そのものの形、色、大きさ、質感
・そのものがある環境、天候
・そのものの過去/あるいは未来のあるべき姿
・一般的にどう扱われているか
・一般的に思われているか
・自分がどう思ったか
・そのものにどう接することが求められているか
・自分がどうしたいか

というようなことがだだーーーっと流れ込んでくるわけで、それを夢の中ではちゃんと処理できている。が、目覚めて現で書き留めようとしても、当然一瞬ではそれらを処理はできず、あああれもこれも書かねばとぐるぐる頭をフル回転、しかし覚えている全てのことを一度に書けるはずもなく、もどかしく思っているうちにその記憶は流れ落ちてしまう。

初めから順を追って書こうとすると一部が抜け落ち、あらすじを書き留めて間を埋めようとしてもやはりその間が思い出せなくなる。むずかしい。なんか、夢の中のほうが有能じゃん。。。


さて。たまーに見た夢を記録しているんだが、今読み直してみたら「えっ、こんなん見たっけ?」というようなのがざくざくあってびびりました。
なんでこんなん見たんだろう?とびっくり、そしてそれを忘れちゃってたことにもびっくり。
[PR]
by kototubo | 2009-03-23 00:03 | 夢記録。 | Comments(0)