なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

カテゴリ:にっき。( 2138 )

約束と締切は守ろう。

初校の戻りが一向に無いので、「いかがでしょうか?」とお客さんにメールで問い合わせ。
直後に電話がかかってきて、
「あれは大事にファイリングして仕舞っていた」
とのご回答をいただく。……なるほど。

次の工程に回す必要があるので、「内容の確認をして、お戻しください」と、お願いしたところ、
「えぇと、確認て、どうやったらいいんでしょうか?」
とのことで、気が遠くなりかけた。耐えた。


で、遅れていたゲラがようやく入稿されたと思ったら、「あのデータを寄越してください」「このデータが必要です」と矢の催促。
こちらは3週間待ちましたが、あなた様は3時間も待てませんのかな?
あと、データもタダじゃないんですけどね!(って言いたいけどそうもいかなかったりもするしね!)


なお、ここ数週間は最終データの作成〜製版入稿の段階なのだが、スケジュールの期日を過ぎてもゲラが戻らずの状況で、
 1〜2日目→音沙汰無し
 3〜5日目→まだ原稿が集まっていません
 6日目→新規原稿が入りました!ページ増やしてください。

……っておおぉい! 戻ってない原稿を集めてたんじゃないの?!
今更増やされても困るんですけどーーー!

いやね、その前までに、今あるデータの整合性とか不備とか1週間かけてチェック済みなんだよね。
この段階で新規原稿が入ると再確認が必要じゃん? ようするに前にやった分、無駄ってことじゃん。
きいい。


問題はさ、いくつかあって「担当しているお客さんが、自社の他の社員とコミュニケーションがとれていないから仕事のやりかたが分かっていない」とか、「締切の意味を勝手に伸ばしてもなんとかなると思ってる」とか。あと下版間近で急に体調不良になって休むのやめてほしいです。

でさ、それを放置しているお客さんの会社もよろしくないと思う。他の社員さんは「あの人は問題がある」と認識しているようなんだけど、誰もフォローしないんだもん。そりゃ破綻するに決まってる。

そして一番困るのが、問題が噴出したときに被害を被るのがわたしと弊社いうことですよ。よ!!
んもーーーー。


そんな感じでここんとこかかりきりだった仕事がまもなく完了予定。
ほんとに完了するのか?
無事に納品できますように……☆
[PR]
by kototubo | 2017-04-23 21:21 | にっき。 | Comments(0)

春っぽいもの。

a0001756_0524371.jpg
a0001756_052579.jpg
a0001756_0531449.jpg
a0001756_0544196.jpg

野の花と、小雀。
[PR]
by kototubo | 2017-04-03 22:00 | にっき。 | Comments(0)
a0001756_0272167.jpg
以前、神奈川県立歴史博物館で見た“眞葛焼”をまた見たくて、開館時間を調べようと公式サイトを見たらなんと現在改装中で休館中(2016/5/30〜2018/4下旬)。えええ。全く知らなかった……。
……というのが今年の1月の話。

じゃあ改装が終わるまで待つか〜と思ってたんだけど、何気にネット見てたら「眞葛ミュージアム」というのがあることを知った。しかも横浜駅から徒歩圏内! なんだとー!
……というのが10日ほど前の話で、今日ぶらっと行ってきた。

 →宮川香山 眞葛ミュージアム

場所は横浜駅・北口からベイクォーターを抜けて、ポートサイド中央の陸橋を越えた先。徒歩10分弱かな。土日のみ開館。
a0001756_0274353.jpg

(この画像を撮ろうとスマホ構えたら、前に立っていた警備員さんがすっ……と避けてくれた(笑) ありがとうございます)

そう広くない館内。今展示されているのは、初代 宮川香山の作品を中心に83点。自分的にはありがたいことに人があまりおらず、じっくり見ていられた。美しい高浮彫を十分堪能です。
彫刻で表現されている鳥の羽、植物の茎の棘など実に写実的。「金襴手雀之図花瓶」の小さな雀、「氷窟鴛鴦花瓶」の中にいるおしどり……え、これどうやって作るんだ??

近づいてよく観察すると、ざっくりとした作りにもみえるんだけど、全体でみると本物がそこにいるように感じるの、なんでだろう。すごい。言語が不足する。こういう作品を作れる人の目の見え方・脳の作りがどうなってるんだろうなあ。

立体的な部分に目が行きがちだけど、絵付けされた部分の文様も素晴らしい。「武者ニ物ノ怪花瓶」に絵かかがかれていた、可愛らしい妖怪らしき文様とか。


ショップでポストカード売ってたけど、全体画像ばかり。
……もっと、こう、部位に迫ったものを作るべきじゃないですかね?!
a0001756_027767.jpg


公式サイトにアップ画像もあるけど、こういうのでさ、ぜひ……。
 →作品アルバム|宮川香山 眞葛ミュージアム


ところで今これ書くために検索してたら、去年(2016年)が宮川香山の没後100年で、あちこちの美術館で展覧会してたのな。わあー……アンテナ低くて残念だわ、自分\(^o^)/
[PR]
by kototubo | 2017-04-03 00:46 | にっき。 | Comments(0)
いろいろあってPS4がうちにやってきたので、ゲームのひとつでも買うかな! と思いまして、
でも何やったらいいのか分からず、「人気」「おすすめ」とかのワードでぐぐって、「ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ」を買いました。
PS3用に発売された「ディアブロ III」に続編が追加されたもの、って解釈でOKか?

 →ディアブロIII リーパー オブ ソウルズ(SQUARE ENIX)

廉価版が既に出ているから人気があるんだろうなということと、単純にお手頃価格ってことで。
あとはYoutubeで体験版をプレイしている動画が上がっていたのを見て、操作がモンハンぽいからこれならできるかなーと、プレイしてのゲーム音痴な自分日記。
攻略方法だの有益情報だのは全く書いていないので、ゲーマーさんは回れ右してください。

なお、操作詳細は上記リンク先よりも「ディアブロ III」のページが詳しいので、これからやる方がいればご参考に。

 →「ディアブロ III」(SQUARE ENIX)

More
[PR]
by kototubo | 2017-03-20 21:36 | にっき。 | Comments(2)
a0001756_2304429.jpg

 →ミュシャ展

アルフォンス・ミュシャの絵は好きなので、以前開催されたミュシャ展へはわざわざ平日に有給を取って行った。が、それでも恐ろしく混んでいて消耗した。そのせいですっかり美術館行くのが億劫になってしまったぐらい。
ので、今回のも興味はあるけどどうしようかなあー人混みの中で絵を見るのはいやだなあー行くなら混む前に、あるいは人出が落ち着いた頃に……と、もだもだ考えてたんだけど、金曜日は20時まで(入場は19:30まで)開館しているというので、そんなら都内勤務の利を活かしやるぞ!と行ってみたよ。
国立新美術館で、2017年6月5日まで。

More
[PR]
by kototubo | 2017-03-19 23:13 | にっき。 | Comments(2)
ずっと行きたいと思っていた、沼津深海水族館へ行ってきたぞー!

 →沼津深海水族館


横浜から東海道本線で沼津まで、ちんたら2時間。沼津駅から水族館へはバスで10分ほど。
おサイフにヨユーのある方は、新幹線で三島までという方法もアリ。

某旅行関連のサイトに「滞在時間は30分から長くても1時間あれば十分見られる」と書いてあったが、それは……ここが目的ではない方向けの文章だと思うよ?
たしかに広くはないけれど、シーラカンス好き・深海生物好き・動物好きならば2時間以上はかかる。ショップでのお買いもの時間含めて(笑)、3時間はみておいたほうがいいよ……!

なお、入場してすぐの小さな水槽は行列ができがち。
とっとと2階へ行ってシーラカンスを堪能した後、空いた頃に1階も見ることをオススメ。

あと、出口で手にハンコをおせば、再入場可能です。
ひととおり見たあと、周辺のごはんやさんで食事をとって、再入場してショップでお買い物〜てこともできます。


以下、生物の画像あり。
苦手な方はご注意を。

More
[PR]
by kototubo | 2017-03-05 21:37 | にっき。 | Comments(0)
会社で少し前に、「心機一転、ぜんぶの部署名を改めて頑張るゾー!」……と、とても上の方で決まった。
で、私の所属する部署名も役職名もすべて変わった。

今までは漢字表記だったものが、カタカナとアルファベットに。
今までは読めば意味が通じたものが、二度見しても無理な感じに。

……正直何やってる会社なのか、全くわからんぞい。これで仕事取れるようになるの? と昭和脳は心配しちゃうよね。
そもそも自分の部署名の頭文字らしきアルファベットが何の略かが分からず、「これって何でしたっけ?」と上司に聞いたら「……何だっけ?」って返ってくる始末。

あと名刺の表記も変わってな、ヒラに見えなくなっちゃったんだよな。
偉そうな肩書き付いてますけど実質なんの権限も無いので、セールスのお電話を私にいただいても無駄です。


ところで某業界の名簿を作る仕事があるんだけど、こちらでも部署名変更の指示で、カタカナの名称に変える会社がちょいちょいある。
流行か。
……どこもたいへんね。

なお、タイトルは意識高い風にしようとして失敗したので意味はないです。
[PR]
by kototubo | 2017-03-02 23:53 | にっき。 | Comments(0)
ある企業のロゴが必要だと同僚に相談を受けた。超有名企業だと、利用規約とともにデータがDLできるようになっていることがあるので、存在するかサイトで探す。自分の部署だとそうして利用規約を読んで使用できるか調べる(いや、ほんとは支給されるのがいいんだけどね)。
しかし今回は見つからなかったので、この企業は使っちゃいけないらしいね、となったんだけど、デザイン・Webチームで仕事したことがあるかも? と、一応と聞いてみたら、「あ、それなら作れるよ!」とのお返事。
うん、まって、そうじゃない。Illustratorの技術の話をしてるんじゃないんだ。


だいぶまえだけど、デザイナーから支給された某目録の表紙用の画像が72dpiの荒画だったことがある。
高画質画像に差し替え忘れたのかな? と(作業中は操作が軽くなるよう、軽い(=荒い)画像で製作することがある)デザイナーにデータの状態を知らせたら、
「それ以外の画像はない。だってそれネットから拾ったやつだし」
とのお返事でひえええええぇぇ……ってなったけど、お客さんである編集が「いい」というのでそのまま印刷した。……もう時効かな、どうかな。


と、こんなふうに印刷や出版・書籍に関わる人々でも著作権に対しての認識は非常に緩い。知っている人から見たら「はああ???」なことも、平気でやっちゃうことがある。
この辺の知識の習得って世の会社ではいつやるんだろ……上司のリテラシー次第? 個人の情報拾得次第?? 大企業ではセミナーとかやるのかな。少なくとも私が勤めた中小企業で著作権のことを勉強したことがない。



で、『アサヒカメラ』の2017年2月号。
これに「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」という記事が掲載された。少し前に話題になった、「まとめサイト等に写真を盗用された、さてその時どうしたらよいか?」の具体的な方法についての記事だ。

内容は画像(作品)を「作る」側からの情報だが……これは、画像を「使う」側の人間も読むべきじゃないかなあと思った。仕事で画像を扱うことのあるデザイナーやDTP従事者・web製作者たちは。


記事では盗用者に悪意や疚しさのあるものとして書かれているけど、「自分が撮った」とか嘘をつくつもりなんか全くなく、本当に悪気無くネット上で拾えた画像は使っていいと思っている人がいるからね? 信じられないだろうけど。あるいはちょっとだけなら使っていい、とか。「ちょっと」ってなんだよ、って話ですけども。
コピーできないように処理していても、スクリーンショットなど撮って「取れた、わーい!」って使っちゃっうから。「なぜコピーできないのか」という考えには至らないからさ。

そうした人たちは、画像の所有者がどんな気持ち・考えでいるか知るべきだと思うし、もしそれを犯してしまったときにどうなるか知るべきだよなあと、この記事を読んで思ったんでした。

自分もきちんとした知識があるわけではなく、常識である部分が欠けているかもしれない。
しかしもし周囲で間違いが通りそうなときにキチンと説明できるだけの情報を持ってないといけないな、と思います。


編集長のインタビュー
 →「本当に腹が立った」まとめサイトを“劇薬”をもって制す、『アサヒカメラ』編集長の怒りと悲しみ(BuzzFeeD)

3月号に再掲載されたとのこと。
 →写真専門誌「アサヒカメラ」 前号売り切れ続出の反響受け「損害賠償&削除要請マニュアル」特集、3月号にも再掲載(ITmedia)
[PR]
by kototubo | 2017-02-28 23:45 | にっき。 | Comments(0)

ちっこい第二形態

発表されてから楽しみにしていたガシャポンの「ちびっとシン・ゴジラ」。
a0001756_23595837.jpg

ゆびのりver.、かわいすぎだろ……

 →ガシャポン特撮部(Twitter)

More
[PR]
by kototubo | 2017-02-27 00:05 | にっき。 | Comments(0)
■新/古本
先日、町の本屋さんで新刊の文庫を購入したら、袋に古本買取業者のチラシが入ってた。
大手書店で「買い取ります!」っていうのを既にやっているけど、なんだかいたたまれない気分になるぞい。


■新刊の案内
Twitter等で作家さん・編集さん・漫画家さんが「こんな本出すよ! 出たよ!」っていうお知らせをしてくれるの、ほんとありがたい。どんどんやってほしい。

だけど、買うかどうかは、自分で判断する。
ので、そのあとに続く「買って!」には、んんんーーーってなっちゃうんだな〜〜うーん。欲しい商品なら、値段見ずにレジに行くから。

あと、「書店に置いてなかったら注文して!」も、んんnーーーて。
特に漫画だと、「えーこの本をわざわざ注文するの?」って思われたら…!! とか気になっちゃって、ヘボヲタクにはムリですよ。ネットが普及していなかった頃は書店注文も利用したことがあったけど、わりと面倒だしなあ(書店員さんにどの本が欲しいのか把握してもらうまで時間がかかった……今はどうなのかな)。無ければ別の本屋に行くし。あるいはネットで買うし。

だいたい好きな人たちなら「この作家さん・このレーベルはこっちの書店では入荷無いだろう、でもあっちの書店ならぜったい入荷ある!」とか把握してると思うのよね。そして初日に買う。


■新刊チェック
自分は読書メーター(http://bookmeter.com/)の新刊チェック機能(実質はAmazonの掲載情報?)がメインの情報源。出版社や作家によって、数ヶ月前から情報が出てくるのと、発売日1週間前に急に出てくるのと様々。
あとは書店さんのTwitterアカウントもいくつか参考に。

でも、これだとモレが出るのでちょっともだもだしてる。
以前は出版取次の大洋社が見やすい新刊一覧をサイトに掲載してくれてたから、ほぼ買い逃しはなかったんだけどなあ。世の本好きさんたちはどこで情報とってるんだろうか。


なお、以前某書店さんの垢フォローしてたら、本を良く読みすぎてるせいかナチュラルにネタバレかましてくるので(笑)、そこは外した。
出版社さんの垢もわりとネタバレか、あるいはネタバレなリツイートしまくりなところが多いので、フォローできないんだよ〜


■新刊チェック2
だいたい、発行直後ですら公式サイトに情報無い場合が多いもんね。そういうとこやで…って思うじゃん。
せめてタイトルと書影だけでも発売日前に掲載してくれると助かるんだけども……書店で探しやすいから。宣伝してるの、超有名作家モノかメディア化作品だけだもんなあ。
うーんと、あれ? そもそも製品の宣伝は出版社の仕事ではないのだろうか。


■フェアとかの宣伝は?
出版社で「この書店でフェアやってるよ!」とか「この書店で買うとおまけがつくよ!」「サイン本納品したよ!」とか告知すりゃいいのにーと思うんだけど、できないんだろうか。しない方針? その辺がよくわからないんだけど、宣伝足りないんじゃないかなあー。

サイトの掲載が間に合わなくても、TwitterなどのSNSでちょこっとでも出してくれれば、検索で引っかかったりするのにーとかとか。先日のハヤカワJA作家さんのサインカード付き文庫とかさ。(書店で見つけて好きな作家さんのサインカード付き本を購入したんだけど、どういう経緯でやってるフェアなんだろうと気になって出版社のサイトを見たが、どこにも情報が無くて。もやもやしてたら1週間後ぐらいにようやく情報アップされた)
こういうのに時間や人を割くことはできない?

あとは書店でやっていることは、出版社には把握する気はないんだろうか。でも頻繁に行く書店は自分でチェックできるけどさ、隣町の書店までは把握できん……どこかで一元して情報提供してくれればいいのになあ。
とはいえわたしも富豪ではないので、出された情報すべてにお金を落とすことはできないけど、でも気になるもので近郊の書店だったら足伸ばして買いに行くぐらいはするし、場合によっては遠方でも行くよ〜。
[PR]
by kototubo | 2017-02-26 19:57 | にっき。 | Comments(0)