なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

カテゴリ:まんが。( 89 )

ヱヴァンゲリヲン:序

a0001756_015425.jpgヱヴァンゲリヲン:序、見た。

ここ1ヶ月半、みんなに「もう見たでしょ?」とばかりにネタバレ会話されそうになったけど、まだだったんですよっ。みんな私に対する会話内容が危ないよ!
てなわけで。昨日ようやく見た。

しかし意外なのはエヴァに全く興味なさそうな人の方がわりと早くに見ていたこと。旧作を見たことのない、そしてこの手の映画に興味のなさそうなおじょうさんから9月上旬に「見に行きましたー」などといわれておどろいた。逆に私の周りのエヴァ好きの人はのんびり…?


さて。
TV版でいうと私が好きなのは「序」以降なんですが、今後のストーリーはどうなるのか…っ。
ようするに、一番「おおぉっ!!!」て思ったのは、次回予告です。 (えー)

ちょいネタバレ?:長いよ!
[PR]
by kototubo | 2007-10-15 00:24 | まんが。 | Comments(2)

最近読んだまんが。

■「カルバニア物語」11(TONO/徳間書店)
毎度、オススメだけはしとく。

■「鋼の錬金術師」17(荒川弘/スクエアエニックス)

■「獣神演武」1(荒川弘/スクエアエニックス)
うーん…"大陸"系&"宿命の同志"ものはおなかいっぱい。

■「ぼくらの」1〜7(鬼頭莫宏/小学館)
最初、登場人物が多すぎてうへえってなった。あー15人分のおはなしはあるってことかーみたいな。あと、服のセンスが…。だけど、おもしろい。適度の謎とか。アニメは未見。ようつべでOPだけ見て、「アンインストール」をiTunseで買ってしまった"カモ"。

■「七夕の国」全4巻(岩明均/小学館)
キレイにまとまってると思う。ただ、説明文多すぎて4巻はナナメ読み(笑)。

■「げんしけん」(木尾士目/講談社)
うぅ、1巻でギブ。面白いと思えず最後まで読めない。

■「花よりも花の如く」1〜5(成田美名子/白泉社)
やっぱうまいな!成田美名子。絵もうつくしい。

■「お伽もよう綾にしき」1〜3(ひかわきょうこ/白泉社)
しょ…しょうじょまんがだねぇ…。ひかわさんの作品は「荒野の…」〜「時間をとめて…」あたりのが一番好きだったな。
[PR]
by kototubo | 2007-09-27 22:57 | まんが。 | Comments(6)
a0001756_1444737.jpgイングラムに引き続き、シーエムズコーポレーションのグリフォン。フライトユニットバージョンです。いやっほー!


More
[PR]
by kototubo | 2007-09-17 02:11 | まんが。 | Comments(4)
a0001756_3231544.jpg

「なぜかうちにあるシリーズ」、
てなわけでシーエムズコーポレーションイングラムが我が家に来ましたっ(≧▽≦)

リボルテックのイングラムも「すげい!」と思ったけど、なんでしょうか、こちらはなんかもう、「超すげい!」、です。程よい重量感と間接部の造り。どんなかっこさせてもかっこえぇぇーーー。
この手のジャンルはよくわかってないのでいろいろ書くのは避けたほうがよさそうですが、なるほどねぇ…合金とはこういうことか。

More
[PR]
by kototubo | 2007-08-19 03:27 | まんが。 | Comments(2)

燃えあがるの法則

某タレントがブログで「『GHOST IN THE SHELL』をみた、もし実写で映画化される事なんてあったら、主人公の草薙素子を私がやりたい」と書いていたのを2ch系ニュースサイトで見たのだが、その後炎上したらしい。私もつぶろぐでこの件について書き込んじゃったが、それにしても作品を褒めたのに叩かれるとはなんといういんたーねっつ。

でも今回に関しては荒しコメントにも同感してしまったんでした。どうやら自分はいわゆるキモヲタ側の人間ぽいです(苦笑)。だって、まあ、そもそも実写みたくないもーん。こわいこわい。なにしろ「S.A.C」すら最初は恐くて見られなかったぐらいだもーん。

話はずれちゃうけど、攻殻のシリーズは最近見始めたひとにはわかりずらいのかな。それとも商売的に意図的に分かりにくくしてんの?古参のファンでも映画版とテレビシリーズとを混同しているひとは多い気がする。映画版とTVシリーズでは製作スタッフ違うから、見所が全然違うんだけどなあ…。
そんなわけで「映画の"攻殻機動隊"見たよ、タチコマってかわいいね」とか言われたりすると、やっぱがっかりするわけです。どうしてがっかりするかは分かる人に分かってもらえればいいやと思うので説明すきっぷするけど、ちなみに私が「タチコマがかわいい」と思うのはS.A.Cの25話があるからで、機械として好きなんでは無いんでした。(だからS.A.Cは二度見るとよか。)あと原作も好きなのでタチコマネタに終始されると「たまにはフチコマのことも思いだしてあげてください」と思うんでした。
でもって、私が一番好きなのは押井守監督の映画・攻殻機動隊です。あっ、誰も聴いてないか。てへ。


えー語り始めるとこんなもんではなくなるのでかなり説明抜きではしょってますが、なんでわざわざとりあげたかというと、切込隊長BLOGの「吉野紗香のブログにキチガイ流入、大炎上騒ぎ発生についての回顧」がおもしろかったので。
そんだけ。
[PR]
by kototubo | 2007-08-19 03:14 | まんが。 | Comments(1)

S.A.Cのサントラ4

攻殻機動隊S.A.CのDVD-BOXが発売されるのはある程度予想していたからまあいいとして、いや予想よりも早く出て「お値ごろ価格で発売!」とか書かれるとそこはかとなく哀しいのだけど、でもまあいいとして、
未収録音源の「O.S.T4」を同封したCD-BOXを出して、しかも「O.S.T4」の単体販売をしないのはキタナイと思う。
Disk1〜5分を購入済みのユーザーは無視かっ。
[PR]
by kototubo | 2007-07-02 00:10 | まんが。 | Comments(2)
I.Gの最新情報から見たのだが、押井守監督最新作映画の公式サイトが公開された。

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」公式サイト

スタッフは大体おなじみの名前がならんでいるように見えるが、脚本…?うーん?
あと、公式サイトに絵がないことと原作を知らないのでいまいち自分の中で盛り上がりどころがたりない感じなんだが公開は2008年。

---

「押井守最新作『スカイ・クロラ』正式発表」(野良犬の塒)
「鬼才・押井守、次回作を熱く語る」(asahi.com)
「…僕の今度の作品には空中戦がありますが、はっきり言って(飛行機好きの)宮さんよりうまい自信がある」
に、とっても期待。

---

こんな記事書きつつ、今、知人から「押井守シネマ・トリロジー 初期実写作品集」を借りている。その他いろいろ借りたりしていて我が家は押井×伊藤×川井祭り開催ちうなのだが、シネマ・トリロジーは時間が出来たら見ようーと思ってて、今週まさに時間が出来たわけなんだけど、まだ見てない。うわーい、自分時間の使い方ヘタなのかな…。
てか昨日から近所のレンタルショップが100円なんですよっ。それなら「うる星」も見てみようかと棚まで行ったらなんでしょうか、あの巻数は。とても端から借りていく勇気は茄子。適当に面白そうなところ借りてみたのだけど、なんかいろいろぐだぐたじゃまいか自分。
(自由時間は有効にー!(自戒))
[PR]
by kototubo | 2007-06-21 01:10 | まんが。 | Comments(0)

最近読んだ漫画

■「新世紀エヴァンゲリオン」11(貞本義行/角川)
今日ぶらっと本屋に寄ったら平積みになっててびっくり。ぬあー映画に合わせてがんばっているのか?(笑)内容もラストに近づいている様子。

■「コドモのコドモ」全3巻(さそうあきら/双葉社)
もっと扇情的なのかと思ったら、意外にもしっかりとした内容。出産と小学校の運営と田舎なまちの様子と家族とが上手く描かれていて面白かった。いや、面白かったといっていいものか?

■「夜と星のむこう」1(今市子/少年画報社)
朝日ソノラマ風加工な表紙においおい…と思ったけど、カラーが16Pもついている。すばらしい。これたしか復刻かなんかで出版決まったんだよね。続き、ちゃんとでるといいなぁ。

■「のだめカンタービレ」18(二宮知子/講談社)

---

今更だが「うる星やつら」をネカフェですこしづつ読んでいる。まだ半分いってないけどおもしろいねー。犬夜叉もらんまも途中で読むのをやめちゃったんだが、高橋留美子ってすごいなあーと思った。
[PR]
by kototubo | 2007-06-20 00:56 | まんが。 | Comments(4)

最近読んだまんが

■「なるたる」〜12(鬼頭莫宏/講談社)
えぐい。が、面白い。アフタヌーン本誌で連載中に少し読んでいたが意味がわからなかったのと、主線の描き方が好みではなく読んでいなかったのだが…まとめ読みできてよかった。内容が内容なので女性が描いているのかと思ったが男性なんだよね。
のり夫の視点が、痛い。

■「海街Diary1 蝉時雨のやむ頃」(吉田秋生/小学館)
「夜叉」「イヴの眠り」ときて、すっかりついていけなくなってしまったと思っていたのだが、それらとは雰囲気の異なる絵柄の表紙だったので購入。「ラヴァーズ・キス」と同じ鎌倉での物語。ああやっぱり吉田秋生はいい話かくなぁ。

■「魔法使いの娘」5(那須雪絵/新書館)
主人公の無力さ・頑なさっぷりがイラっとしてきた(笑)。いやでも面白い。那須雪絵の面白い作品をよめて嬉しいんでした。(BL系は苦手)

■「チキタ☆GUGU」7(TONO/朝日ソノラマ)
作者も認めるアンモラルな話だけど、どろどろしない。次巻最終とのこと、ラストはどうなるのかなぁ。

■「BLUE DRAGONラルΩグラド」1(鷹野常雄・小畑健/集英社)
面白いんだけどいろいろあざといっすな…ダーク・シュナイダーと妲己ちゃんか?キメ絵とキメ絵を繋いでつくる紙芝居的な。説明が多すぎて、純粋に漫画として楽しめないなんだよなぁ。

■「エマ」8(森薫/エンターブレイン)
この人の作品は救いがあってよかですね。しかし本編完結しているのに「8」ってなんかずるい。(内容は全て番外編)

■「いわせてみてぇもんだ」(さと/スクエアエニックス)
ネット上の掲載作品はとても面白かったのだけど、こうして完成品を見てみると荒いなぁ…

■「ぼくを包む月の光」4(日渡早紀/白泉社)


[PR]
by kototubo | 2007-05-01 00:08 | まんが。 | Comments(5)
■「鋼の錬金術師」16(荒川弘)
グラマンじぃさんがきゅーと。

ちょっと展開緩めになってきたかなー…。(もうすこしまとめ読みしたい…)

………

さて。
そのハガレンの折り込みで知ったのだが、「地球へ…」てTVアニメ化するのか!
なんで今?!

公式サイト

絵柄が竹宮さんと印象が違うな…ってキャラデザが結城信輝なのな。でも結城さんだと気が付かなかった。以前はめちゃくちゃ特徴のある耽美系だったよね。「地球へ」のキャラはあっさり気味。

本編、「おもしろかった」という記憶はあるのだが、うーん内容を覚えていない。
たしか、低速と高速の動く歩道が出てきて、低速から乗って高速に移るように指示がされていて、おぉぉこれは実際にあったら便利!と思ったんだけど、それ「地球へ」の話?(間違えてたらファンの方ごめんなさい)

………

購入ついでに本屋を探索したら「アクマくんにお願い」ちう漫画が。
ってそれ日渡早紀のシリーズと同じタイトルじゃん!と、思ったのだけど、よくみたらその「アクマくん」シリーズの文庫化だった。表紙のイラスト見て全く気が付かなかった…「ぼく地球」以降は読んでいないのだが、ほんと絵柄変わったよなぁ。
「魔法★BITTER」(だったかな)は好きだったので、出たらほしいな。

………

白泉社の漫画でもう一つ文庫化して欲しい作品があるのだが…山口美由紀の「V-K☆カンパニー」。もう一度読みたいんだよー。どこかで山口さん本人が文庫化を拒否しているような書込をみたのだが…ごめん、ソース無い。だけど他の作品は文庫化されているのにこれだけしないのは何故だー。こういう古い作品から文庫化してくれー。

しかし白泉社のコミックの紙質はなんとかならんのか。すぐ黄ばんでしまうので、保管しておく気がなくなる。実際白泉社の文庫は持っているけど、コミックは1冊も持っていないなぁ、自分。


[PR]
by kototubo | 2007-03-22 23:30 | まんが。 | Comments(3)