なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

<   2005年 07月 ( 46 )   > この月の画像一覧

というわけで!
今日23:59が締め切りの!「毎日が送りバント」さんとこで開催・Tシャツデザインコンテストに駆け込みだオルァ!

さて。
なんだかブログのイメージTシャツを作られている方が多いじゃないですか。
それもけっこうみんなかっこいいの。
それと小人さん作とかさー…いいなーいいなー。


ということで。自分でも考えてみたよ、ブログちっくTシャツ。
a0001756_22585312.gif

言壺的シャツ「とかげに適当」。
これであなたも適当生活まっしぐら。キャー!すてきー!
「テケトー」にしようかと思ったのだけど、どうもパンチに欠ける。ので、漢字で「適当」としました。

作っている最中に、急にこれもイイカモと加工。
気が多いの☆ もしくは集中力がないの★
a0001756_22584337.gif

今年の干支をあしらってみましたー。こけっこー。
なんでいまごろ。
えぇと。特に意味は無いです。
元絵はこれ。


Tシャツを作るにあたって、そうだ自分用にならこういうのもいいよね、と。
a0001756_22594080.jpg

SECTION9。
分かる人だけ反応して。
これのトレースが凄く大変だったとか時間がかかったとか、そんなこと、ちっともないよ!(倒)


☆★☆★☆★☆★【バンTデザインコンテスト】☆★☆★☆★☆★
【企画内容】
アイロンプリントでオリジナルTを作ろう!
テーマは「自分の着たいTシャツを作る!」
このテーマに沿っていればデザインは
イラストでも写真でもロゴでもネタ系でも何でもオッケーです。

【エントリー方法】
エントリーはトラックバックで受け付けます。
http://earll73.exblog.jp/2015087
この記事までTBして下さい

【エントリー期限】
7/31 23:59まで

【審査方法】
エントリー終了後に一般投票により大賞作品が決定。
投票ルールは締め切り後に改めて告知します。

※誰でも参加出来るようにテンプレを文末にコピペお願いします。

企画元   毎日が送りバント (http://earll73.exblog.jp/)
バナー協力  言壺 (http://kototubo.exblog.jp/)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Tシャツとアイロンプリント用紙は買ってあるのです。
今晩or明日にプリントするお!
うん、しつこいようだけどトレースに時間がかかってフロ沸かしてるの忘れて
ぼこんぼこん言わしてしまったとか、
気がついたら締め切り時間目前直前とか、全然、無いから!
(腹減った。)

締め切り時間まであと少し。みんないそげ〜。


[PR]
by kototubo | 2005-07-31 23:19 | え・えにっき。 | Comments(12)
a0001756_1334100.jpgおみやげのはにわ。
沢山種類があって、選ぶのに一苦労。

a0001756_1412895.jpg木に彫られている動物。

a0001756_1325028.jpg常設会場は素晴らしい出来。
もいっかい行かないと。


国立科学博物館
上2枚の特別展「縄文VS弥生」は1300円。同チケットで常設展示も見ることができます。
常設展示のみだと500円。こちらは高校生以下無料です。

「適当回路。」更新。


[PR]
by kototubo | 2005-07-31 01:43 | にっき。 | Comments(7)

コミックバトン

「雑録…日々精進…」さんからコミックバトンがまわってきましたー。

っか、バトンて他にいくつあるんだろ…見ているといろんなのがあるが。

………………………………………………………………

■あなたのコミックの所持数は?

400冊程。
 ある程度溜まるとあまり気に入っていないのは古本屋へ処分、
 本当に気に入っているのだけ残している…つもり。

   
■今読んでいるコミックは?

買い集めている作品ということで。
・「鋼の錬金術師」(荒川弘)
・「百鬼夜行抄」(今市子)
・「カルバニア物語」「チキタGUGU」「砂の下の夢」「ラビットハンティング」(TONO)
・「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子)
・「魔法使いの娘」(那須雪絵)
・「蟲師」(漆原友紀)
・「ファイブスター物語」(永野護)
・「イヴの眠り」(吉田秋生)
・「新世紀エヴァンゲリオン」(貞本義行)
・「やじきた学園道中記」(市東亮子)

  たくさんある…ように見えるけど、刊行の遅いやつ(1.5〜2年に1冊とか)が多いので
  一ヶ月に買うコミック数は多くない…ハズ
 ※買っているけど必ずしもものすごくはまっている作品ばかりではありませんのでヨロ。

■最後に買ったコミックは?

「鋼の錬金術師」11巻 と「百鬼夜行抄」13巻


■よく読む、または思い入れのあるコミック

上に記していないコミック以外で。
・「ダークグリーン」(佐々木淳子)→夢の中の表現が秀逸。名作だと思う。
・「火の鳥」(手塚治虫)→「ブラックジャック」もすごいけど。
・「BOOM TOWN」(内田美奈子)→面白い!と思ったときには連載雑誌廃刊。_| ̄|○
・「BASTERD!」(萩原一至)→もう追いかけていないが、13〜15巻あたりは好きだった。
・「フラワー=ディストロイヤー/ダーク・エイジ」(那須雪絵)
    →誰でも若い時が必ずしもいい時じゃないんだよね、というのに同意。
・「ファミリー!」(渡辺多恵子)→これを20歳だかで描いていたのかよ、こんちくしょー。
・「BANANA FISH」(吉田秋生)→漫画たる、おもしろさ。
・「AKIRA」(大友克洋)→瓦礫!
・「究極超人あ〜る」(ゆうきまさみ)→問答無用で。
・「キャプテン翼」(高橋洋一)→手元に無いけど、初めて集めたまんがだから書いておこかなと。


…多すぎ?
えーと。書いていて思ったが、

わしゃー まんがが 好きだー…(*´∀`*)

「オススメを5作品」とか言われたらすんごく困ると思う。


■バトンを渡す5名
とめとく?
貰うのは嬉しい(sakさん、ありがとうございます〜!)けれど、回すのは苦手。(^^ゞ

次の方が拾ってくれた?ひろってくれる??そうです。
よろしく!
「聴く観るうたう ~ Audio, Video et CANTO!」さん
「OPERATION x OPERATION」さん
[PR]
by kototubo | 2005-07-31 01:23 | まんが。 | Comments(21)
・今更ながら攻殻のまとめサイトを見始める。
 けっこうキレイにまとまってて、いいかも。 笑い男の待ち受けげっつー。
 メールブロッカーをつけているので人からはあまり見えないと思うが、
 ちょっとどきどき隠れヲタ。

・数日前に某所で紹介されていた某まとめサイトがおもしろかった。
 昼休みに見はじめて読み終わらず、仕事中にもチラチラちら見。
 家に帰って長らく放置気味のサボテンに水をあげた人は、なかーま。

・あと、やはり某所で紹介されていた「君は世界の真理を得るだろう」はSUGEEEEEEEE!
 Windowsのひとはペイントでお手軽簡単真理の時間。
 あ、下の数字はおばかなので、周りに人がいないときの方が小心者には吉かもすぃれません。
 (↑会社でやって慌てた人@純情派)

・気がつけば夏厨の季節なんですね。
 いつも見ているサイトとかなんとかにたくさんたくさん沸いていて、びっくりしました。
 「初心者なんです」ですとか「○年生なので」ですとか、
 アフォじゃねぇかそんなん免罪符になるかいちいち反応すんな分からないなら黙っとけ
 と思う、そんな私は初心者○年目・ROM専門。
[PR]
by kototubo | 2005-07-30 23:16 | にっき。 | Comments(0)
a0001756_1036652.gif

先々週の歩けない程のものではないが、スピードがトロくて時間通りに会社に着くことができません!キャー。
イスに座り続けられず、もう普通のフリをするのも限界なので「腰痛なんじゃー」と周りに宣言、床に立て膝等の愉快なカッコで仕事をしておりまぅす。唐突に立ち上がったりすると痛みで床に転がったりするオーバーアクション。カコイイ!(いや良くないよ!)
[PR]
by kototubo | 2005-07-28 10:39 | え・えにっき。 | Comments(9)
a0001756_1131073.jpgいつも行くスーパーではっけーん!!!販売開始ー!やほー!

今日は食欲が無いので夕飯はナシでいいや…と思っていたのだけど、これを買い物かごに入れている人を見るつけ、そっこーで豆腐コーナーに走りました。

とういうわけで今日の献立
・ジョニー(半分)
・牛乳

うまかったとです。
ごちそうさまでした。

→「三和豆友食品」(音が出ます)
[PR]
by kototubo | 2005-07-28 01:16 | にっき。 | Comments(6)
a0001756_0573146.jpg横浜駅のホームから東海道線に乗ろうとしているボブ。

a0001756_0594429.jpg国立科学博物館の系統広場でモニターに映ってみるボブ。

a0001756_103620.jpgSLPカフェでパンダたちとふぁんしーな会話をするボブ。

a0001756_11258.jpgSLPカフェでパンダたちとふぁんしーな会話をしていたのに、なぜか足蹴にされるボブ。


………


※【超・蛇足】ボブがなんだかわからなかった方へ。

ボブとは「鼻ぴすぴす放談」を書いている兎の「ぽふ」さんが、外で活動するときに使用する移動型化身です。
先般行われたオフ会に、ぽふさんの世話係さんがボブをつれていらして、そこからブロガーの間を旅し始め、3件目にうちに訪れた次第です。

記事は当然ボブちゃんが書いています。ブラインドタッチでした。

   ここまで読んで「ナニソレ?(プ)」と思った方は、
   大人の対応を身につけてからもう一回読むと楽しいかもしれません。もしかしたら。

今本家は更新がゆるめになっているようですが、内容は格段に面白いと思います。今までの記事を総ざらえするチャンス。オススメです。



[PR]
by kototubo | 2005-07-28 01:11 | いろいろ。 | Comments(6)
ぶっちゃけてもぶっちゃけなくても黒幕はべつの人であることは羞恥、いや周知の事実。2夜連続でお送り致します、ボブです。もはや誰もついてこれまい。

そんなことはともかく、夏休みです。

夏休みといったら海だの山だの川だの怪談だのしないといけないのですが、そうはいっても唐突にそんな体験をせよと言われても無理な相談です。どうも梅雨の間室内におこもりしていたせいか、「夏がキタ」感に欠けている。
これではイカンと思う次第で唐突ですが国立科学博物館で開催中の特別展、「縄文 vs 弥生」に行ってきました。

何故に、ってこのポスターが気になって気になって仕方がなかったのです。
a0001756_20424965.jpg

ガチンコ勝負て。
どうなんでしょう。この文化祭的ノリ。


展示物はなにかというと

しゃこタン。
a0001756_204744.jpg

基本です。
気を付けないとさりげなく複製品がまざっていますので、但し書きを読まずに「すごーい、こんなにキレイに残っているモノなんだー」とか感心しないように。

あとね、なんか骨がたくさんありました。
a0001756_2055197.jpg

もう縄文とか弥生とか関係なく骨に夢中なことつぼ氏とその同行者。いやことつぼ氏だけか?
これも気を付けないとさりげなく江戸時代のものがまざっていますので、そもそもの目的を忘れないように。

a0001756_20531722.jpg

これは埋葬の状態をそのまま保存したもの。そんなところできねんさつえーい。だけどブレブーれ。



意味ないじゃん。



気を取り直して記念撮影と言えばこれ。
a0001756_20574659.jpg

これで君も私も縄文人。


そういえば去年の7月はイカで記念撮影してました。というか、博物館にこんなのがあること自体おかしくないか?まぁいいか。弥生人版もあるのでご家族でどうぞ。


「縄文 vs 弥生」のチケット(大人1,300円)で常設の展示も見ることができます。
それならついでに行ってみるか、とお気楽気分で寄ってみました。


でね。
あのね。

すごいよ、カハク


イカが飛んでたり。
a0001756_21102741.jpg


恐竜がぐわーとしてたり。
a0001756_2151031.jpg



とにかくですね、広いです。そして展示内容が豊か。
すばらしすぎる。


ちなみにB1の入り口はこれ。
a0001756_2124494.jpg

擬音的には「みょーん。」とか「びょーん。」とか。
学術的な説明書きがあったのですが、笑いが先立つ不幸な人骨君。



それにしてもこれで入場料500円は大変良いのではないでしょうか。高校生以下は無料ですし。ボブが行ったのは土曜日でしたが案外空いていました。穴場かもしれませんよ、お父さん。



さて。その後は代々木でパンダと戯れたりしました。
a0001756_2117887.jpg

ふぁんしー。



同行者の方がですね。
「ボブ、かわいいかわいい」
と言うのです。嬉しいです。

でもそれよりも
「ボブ、汚くなくなった汚くなった汚い」
を連発するのです。心外です。

でも去年のブログを見直してみたのですが…



あー確かに白いなー眩しいなー。






自覚するって、勇気がいる。






ここまで伸ばしてなんですが、大方の予想通りボブは次の地へ移ります。さぁ誰?って今回はここともう一方の同行者ちゃんブログをリンクしている方にとっては、トトカルチョするまでもなくあからさま。そうでない人は次回のボブの出現地を推測しつつお楽しみに。
a0001756_21194161.jpg


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      (*´∀`)ボブの放浪記・参加要項(´∀`*)

え〜・・・・・・・。

みんなのアイドル?ボブが皆さんのお宅にお伺いします。

期間は1年!!???

それでっ!世界一周が出来ればいいなああ〜っ!!

※ぼぶにおじゃまされた人はこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

企画元:鰹 氏(http://katuo0076.exblog.jp)
協賛:「腕ぷすぷす当番(週4)」のぽふちん(http://poff0516.exblog.jp/)
    
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[関連記事]
1.カツオくんは永遠の小学生。(1)、 (2)
2.Jub Up Family
3.言壺。(1)(2)


[PR]
by kototubo | 2005-07-25 21:34 | いろいろ。 | Comments(16)
※ボブテンプレで辿ってきた方へ。
この記事はボブっぽいけどボブのいないぶっちゃけ捨て記事です。本当のボブ記事はこっちでありますー。



夏なのに白い肌。もやしっこのびのび育成中のボブですこんばんわ。

先日の佐原のお祭りには見事連れて行ってもらえなかったボブですが、ことつぼさんの勤め先である新橋で7/21〜22にこいち祭りがあることをキャッチしました。

これは連れて行って貰わねばなるまい、とボブはことつぼさんのカバンの中に潜んで熱い暑い東海道線に乗り、一緒に通勤したのです。




揉まれました。
あなどってました。
想像以上でした。ごめんなさい。
顔の形が変わってしまう、と思いました。

ビバ・痛勤。


ことつぼさんのこいち祭りの楽しみは、古本市にあるようです。今回も端からはじまでじっくり見て、いろいろ購入を…したかったそうですが、あまり買ってませんでした。
どうして?と後で聞きましたら
お金がなかったの。
と。

・・・。

所持金、1000円ほどだったそうです。
どんなおとなだ。

そんなことつぼさんが買った本。
a0001756_0385976.jpg

「動物たちの地球」なのに「龍・人魚・ゴジラ」とはこれいかに。
もう1冊は「ヤモリ・カメレオン」。おぉやはりは虫類がお好きなのだなと、頁をめくることつぼさんの顔を見ましたら歪んでました。「気持が悪い」と言ってました。
…だったら買わなきゃいいのに。よくわかりません。





ところでボブの写真が無いな、と思ったあなた。


するどい。



ボブ、朝の8時にことつぼさんちを出て、痛勤電車に乗って、職場ではおとなしくカバンの中で待機していたのです。それで次にカバンを出たら…おや、見覚えがある風景…ってことつぼさんちに戻ってきてるじゃん
せっかく新橋まで行ったのに、一度も外に出ていないという驚愕の事実。

まったくもって意味がわからない。

それなのにボブの名前で記事をあげるあたり、いい根性をしていると思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      (*´∀`)ボブの放浪記・参加要項(´∀`*)

え〜・・・・・・・。

みんなのアイドル?ボブが皆さんのお宅にお伺いします。

期間は1年!!???

それでっ!世界一周が出来ればいいなああ〜っ!!

※ぼぶにおじゃまされた人はこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

企画元:鰹(http://katuo0076.exblog.jp)
協賛:「腕ぷすぷす当番(週4)」のぽふちん(http://poff0516.exblog.jp/)
    
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[関連記事]
1.カツオくんは永遠の小学生。(1)、 (2)
2.Jub Up Family
3.言壺。


[PR]
by kototubo | 2005-07-25 00:40 | いろいろ。 | Comments(5)
■「人獣細工」(小林泰三/角川書店) [◎]
久々のクリーンヒット。すごい。「結」まで一本筋の通っている作品は大好き。
怖い描写を「怖がらせよう」と表現するのではなく、必然として淡々と書いているのがまた怖い。「ホラー」という分野はあまり興味がないが、ひきこまれた。
収録されているのは「人獣細工」「吸血狩り」「本」の3本。なかでも「本」。夜中に読んでいたのだが、ちゃんと読んだらあっち側に行ってしまうのではないかと、緊張のあまり先にラストを読んでしまった。普段はぜったいそんな読み方はしない。それでも面白いと思える良作。


■「肉食屋敷」(小林泰三/角川書店) [○]
収録は「肉食屋敷」「ジャンク」「妻への三通の告白」「獣の記憶」の4本。どれも救いが無いのだが、がっくりくるような感じではなく、じんわりくるので読後感は悪くない。「ジャンク」の汁系の描き方にぞわぞわ。想像すると生臭さが脳内に広がっていく。


■「目を擦る女」(小林泰三/早川書店)
前述の2冊は図書館で借りたのだが、これは購入。こちらはSF作品になるわけだが…いまいち?期待が大きすぎたか。
「刻印」はシュールで好きかも。それを言ったら「未公開実験」も捨てがたい。ターイムマスィーーーン。


■「変身」(東野 圭吾/講談社)
疾走ぎみなテンポで面白かったのにラストが穏やか…平坦。あのまま疾走してほしかった。作者自身が壊れていく主人公に感情移入出来ていない感じで残念。


■「阿修羅ガール」(舞城 王太郎/新潮社)
同じくあれだけむちゃくちゃをやったのにラストが穏やか。もっとどっかにいっちゃってほしかった。文体はテンポ良く面白い。一気に読める。だが、わざとだろうけど下品。
ところで級数を大きくしていいのは火浦巧だけかと思っていたが、案外この手法は使われているのだなぁ。まんがちっく。


■「戦争を演じた神々たち[全]」(大原まり子/早川書房)
図書館にあったのだが表紙の絵があまり好みではなく、なかなか手に取れなかったのだがようやく借りてみた。大原まり子作品を読んだのは初めてかもしれない。世界観が面白い。可もなく不可もなく。
[PR]
by kototubo | 2005-07-25 00:14 | 本。 | Comments(4)