なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

文体診断

文体診断ロゴーン
文章を入力していただくと、名文の中から類似の文体を探し出します。
また、文章の表現力や読みやすさを評価します。

というので一番最近の記事(忘れてた。)の文章を試したところ、海野十三でした。ちょw

いくつか試して、一番一致指数が高かったのがこれで浅田次郎・一致指数75.9。他に小林多喜二ですとか宮沢賢治の名がでてきます。そう言われるとなんかとても高尚な文章の気分。(注:気分だけです。)
[PR]
by kototubo | 2011-02-26 03:00 | にっき。 | Comments(4)

1月に読んだ本

1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2775ページ

とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
読了日:01月26日 著者:鎌池 和馬
とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
読了日:01月26日 著者:鎌池 和馬
アスペルガー症候群 (幻冬舎新書 お 6-2)アスペルガー症候群 (幻冬舎新書 お 6-2)
読了日:01月23日 著者:岡田 尊司
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
最後まで一本筋が通っていて、綺麗な話。だけど文章に対して挿絵が幼すぎて残念な感じ。
読了日:01月18日 著者:犬村 小六
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)
これ、なぜ電撃文庫で出した? 角川自重しろ……ホラー文庫なら評価できた。しかしこれが映画化なんだから世の中病んでるなあ。
読了日:01月16日 著者:入間 人間
アポロの歌(3) (手塚治虫漫画全集 (37))アポロの歌(3) (手塚治虫漫画全集 (37))
読了日:01月15日 著者:手塚 治虫
アポロの歌(2) (手塚治虫漫画全集 (36))アポロの歌(2) (手塚治虫漫画全集 (36))
読了日:01月15日 著者:手塚 治虫
アポロの歌(1) (手塚治虫漫画全集 (35))アポロの歌(1) (手塚治虫漫画全集 (35))
読了日:01月15日 著者:手塚 治虫
コップクラフト (ガガガ文庫)コップクラフト (ガガガ文庫)
世界観の設定が面白く、なるほどなあと期待しつつ読んだものの、ストーリーがびっくりするぐらいベタすぎた。鉄板なのかな、こういうのは。
読了日:01月15日 著者:賀東 招二
アイの物語 (角川文庫)アイの物語 (角川文庫)
読了日:01月02日 著者:山本 弘

読書メーター

[PR]
by kototubo | 2011-02-18 01:08 | 本。 | Comments(0)

忘れてた。

記事は書かなくとも毎年意識はしていたのに、今年はホントにすっかり忘れてた。
2月4日で7周年。もう8年目である。

こんなにあっさり日を送っているのでは、10年・20年なんてあっという間に過ぎてしまいそうだと慌て、こうして書いてみたりしている。
これで2,536投目。数字でみると、まだこんなもんかという感じですなー。
[PR]
by kototubo | 2011-02-16 00:45 | にっき。 | Comments(8)

ゆきもよう

窓の外に白い悪魔が舞っています。

…さむい!
[PR]
by kototubo | 2011-02-15 01:07 | にっき。 | Comments(0)

MBPはバラバラ中。

現在、HDDを取り出すために分解したMacBookProが部屋の真ん中に鎮座しています。


…いつまでもこのままではいかんような気がするね。


分解の様子は、元に戻すときに間違えないようにとメモ代わりに都度びしびし画像を撮ったので、Macが直ったあかつきにはうpりますよ、たぶん。問題はそれがいつになるのかってことですよ! むぎゃー。

ちなみにHDDは生きてまんた。
[PR]
by kototubo | 2011-02-08 00:43 | にっき。 | Comments(4)

「まんきき」?

a0001756_2365758.jpg書店のレジにおいてあったフリーペーパー。
「まんが家さんに聞きました」の略らしい。

A4を8つ折りにしたものを、クリップで留めてある。表は8面。裏には5つのイラスト。
で、これはいったい誰が何のために配布してるの?…とぐぐったのだが、よくわからなかった。文章から推測するに、こちらの書店員さんがまとめているのだろうか?

往来堂書店(コミック部)(@ohraido_comic)
内容も、まんが家さんが好きな漫画についてイラストを描いて紹介しているので、そのまんが家さん自身についてはさっぱり理解できず。うーん?

でもこういうのは好きなので、Vol.2も楽しみにしてみる。
[PR]
by kototubo | 2011-02-06 23:08 | にっき。 | Comments(0)

Genius Barいろいろ。

ところでAppleStoreは銀座の方が通り道に近いので寄りやすい。
だけど、今回は渋谷のGenius Barにお世話になった。

なんでかってえと、昨年iPodTouchの不調で銀座のGenius Barに行ったのだが、そのときに大変不愉快な思いをしたので行きたくなかったのだ。
結論としては本体の交換になったのだけど、

1.持ち込んだiPodの状態を確認
2.同製品の在庫の確認
3.交換品iPodの動作確認
4.持ち込んだiPodのデータ消去

というフローだったのね。
実際には在庫がなくて、2と3の間には2週間の間があるのだが。そして「入荷したら連絡します」というので待っていたらいつまでも連絡がなく、こちらから電話したら「入荷してますけど」などと言われたりしたのだが。でも対応はたいへん丁寧であった。

しかし交換してもらったiPodも不調で、またすぐにGenius Barを予約したのだが、そのときのスタッフの対応が

・持ち込んだiPodの状態は確認せず、すぐに「交換します」。
・交換品iPodの動作確認はなし。
・持ち込んだiPodは「廃棄するから」とデータの消去をさせてくれない。

というありさまで。
えーと。人と人とのやりとりだから差があるのはある程度理解できるんだけど、でもここまで差があると頭をかかえる。
特に最後のデータの消去については、最初に対応してくれた方は「ご自身の手で消去してください」と言って消去方法も指示してくれたぐらいだったんだけど(これは「さすがしっかりしてるなあー」と思ったのです)、二度目に対応してくれた方は「廃棄ですから」の一点張りで消させてくれない。いや廃棄だってのはわかるけど、Touchってさ、メールもカレンダーも住所録もすべて入っているじゃん。メインPCの中身の特に重要な部分がまるっと入っているようなものじゃん。それを廃棄だからってはいそうですかと渡していいのかとか、てかAppleの店員がその程度のワークフローでいいのかとかとか。気にしすぎ? いやでもなあ。。。


結局どちらのやりかたが「Appleの方法」なのかはわからないんだけど、有様はともかく根本的に接客の仕方もひどいんだもんー。こちらが話しても途中で割り込んで話すし、おまけに聞いたことに対しての答えがわざと斜めな方向で、敵意むき出し。

そんなもんでGenius Barを利用した後に送られてくるアンケートメールに「もう二度と利用しないわぼけが」ということをビジネス用語に置き換えて返信したんでした。
それでまたGenius Bar利用してるんじゃあ意味ないけどなw 一応店舗は変えたという…そんな感じ。


当時、「こんなことがあった!むぎゃー!」と記事にすべく下書きしたんだけど、あまりにも長くなっちゃったので落ち着いてから書き直そう……と今に至るんでした。うむ、落ち着いてから書いても短くはなりませんな!
[PR]
by kototubo | 2011-02-01 01:01 | にっき。 | Comments(2)
動かなくなったMBPを職場に持っていき、iMacにつないでターゲットモードで起動できないか試してみたのだが、うんともすんともいわない。とほー。くそー。本格的にだめかああああ。

ところで外付けHDDにまるっとバックアップはあるのだが、それがいつ最後にとったのかおぼえていない。冬休み中か? それとももっと前か?…まあ覚えていないってことは「だいぶ前」でFAだろう。
中身を確認したいが、サブ機はWInしかもっていない。ぐぐぐ。

会社にもってきゃいくらでもみれるけど、もし移動中に壊しでもしたら、それこそThe ENDである。それは困る。
別のマシンを自宅に持ち込めばいいのだろうが、あいにくMacを貸してくれるような知人は近所に住んでいない。なんだこの孤立無援ぷり。
…あれか、部屋の片隅に鎮座しているG4を起こせばいいのか?! てか動くんだろうか。


直近のデータはMBPのHDDから直接取らねばならないだろうが、それを本体からはずすのはぐぐったらみんなよくやることみたいなので、ケースをつけてやれば別のMacに中身をコピーも可能だろう。それぐらいなら鞄に入れて会社に持っていくことはできるかもしれない。



とまあ…ここまで考えてだいぶめんどくさくなってきている。
やるとしたら週末うー!
[PR]
by kototubo | 2011-02-01 00:19 | にっき。 | Comments(4)