なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Mac Book Pro 2代目

a0001756_23515577.jpg

メインマシンを新調した。またMac Book Proの15インチ。
OSは10.9(Mavericks)なり。2013年10月発売のモデル。

もう高スペック必要なかろうと思い、次はMac miniでいこう! 使ったこと無いし! お手頃だし!……と昨年から新モデル待ちしていたのだが、これがさっぱり音沙汰無い。
で、ふとMBPの13インチをみたらフラッシュストレージになっていたので(以前はHDD5400rpmしかなかった)それならそっちでもいいか?!  軽いし! 15インチより安いし! といろいろカスタム検討したが、どうもしっくりこず。これはカートに入れて3週間ぐらい悩んだ。

価格とスペックで一番バランスがいいのはiMacだとは分かってはいる。だが、iMacは毎日会社で見ている。職場の机の上には、2台もいるのだ(ちょっと古いやつと、ちょっと新しいやつ。仕事によって、使い分ける必要があるのです)。家に帰ってきてまで見たくない。それにトラブル多くてちょっとトラウマ。

MBP15インチは重いし高い。いや、価格は以前と同程度なのだが、今回はできれば安価なものを買いたいし、先に書いたとおり高スペック必要ない。
ので、こちらは対象外〜と思ってたんだけど、そういや整備品ならちょい安なんじゃ……? というわけで!!
15インチです。

なにやってんだろう……? と、思わなくもない。

a0001756_2352076.jpg
DVDドライブが無くなった分、薄い。やっぱり新しい方(左)がかっこいい。

a0001756_23521321.jpg
これに、Cinema Display 23インチを繋げる。コネクタが合わないので変換アダプタをかます。
量販店で買ったのだが、店員が話しかけてきたのでどれを買ったらいいのか尋ねたら、口ごもってしまわれた。知らないなら話しかけなきゃいいのに??、とこんわく。
(その後アップルのTシャツ着た人に聞いて、間違いのないものを選べましたです。詳しい人がいてよかったー)

---

・移行はTimeMachineのバックアップファイルから。カンタン。170GB程度のデータで、1時間ちょっとで完了。

・ひとまずまるっと移行後、OSのバージョンアップによって使用できなくなったアプリを消していく。
CS2は当然だが、Painterもさようなら。悲しい。あまりつかいこなせなかったことに。

・旧マシンはとりあえずとっておく。またCS2必要になるかもしれないし。あとCDドライブが必要になるかも、だ。

・ATOKが入っていないように見えたが、
  システム環境設定→言語と地域→キーボード環境設定で、ATOK追加
でおk。よし。
バージョンは2010だけど、今のところ問題無く動作している。
(Jastsystemでは「動作保証外」となっている。→ジャストシステム製品の Mac OS X 対応状況
・スクロールの方向が旧OSとは反対になって、戸惑う古OSユーザ。いや、職場のiMacと同じなので、慣れるはず。

・HHK Lite2を使用しているが、設定が一部戻っていたので、やりしなおす。一応ドライバ再インストールして、キーの割り当て。

---

・Retinaディスプレイ、あんまり必要ないな。コレのせいで高いのだと思うとフクザツ。

・メモリは16GBなのだが、その威力がぜんぜんわからん。あ、まだぜんぜんわからん。
きっとそのうちわかるはず……!

・整備品の購入だからか、白い箱に入ってきた。ロゴや商品名の記載は一切無し。

・宅急便の配達で、受け取ったのは金曜日夜だったのだが、その日は封をあけただけ。
その日中に開封式完了できないなんて、私も歳をとったなと思いました。あるいは、ひゃっはーしない落ち着きを得た、ということか?



*2014/07/30追記
購入直後に新モデルが発売になったw 
MBPが夏に出るとは予想してなかったよ。

いつも発売日直後に買うことが多いので、こんなにタイミングの悪い買い方をしたのは初めて。だけど、大きな変化ではないし「前モデルを安価で買った」ということでべつに悪くはないな。値が下がったとはいえ、上位モデルをその値段で買うには、ちょっと躊躇するので(笑) いい買い物をした!




 →その2
[PR]
by kototubo | 2014-07-28 01:03 | にっき。 | Comments(0)

蝉の鳴き声。

小学生の頃の夏休みは、ほぼ毎日セミとりをしていた。
朝起きて、ごはんを食べて、今日の分の宿題をやったら遊びの時間。今日は何する? ……って特に何もすることないから、とりあえず虫かごと網を持ってお外へGO。今に比べたら草木・土はあったけど、そんなに緑豊かな地域ではなかったので、とれるのはセミぐらいだったのだ。

それもほとんどアブラゼミ。茶色い、あいつである。
お盆を過ぎて夕方になるとツクツクホーシ。珍しい。
さらに珍しいのはミンミンゼミ。年に1回とれるかとれないか。
その日もう十分にとっていたとしても、「ミーンミンミン……」などという声が聞こえたら、一目散にそちらへ走っていった。捕まえて、ツクツクホーシよりも大きい透明な羽根と、エメラルドグリーンの模様の入った背中を見たかった。


「セミの鳴き声」と言えばわたし的には「ジジジジジジー……」だ。
だがTVドラマやアニメ・漫画で「セミの鳴き声」というと「ミーンミンミン……」がよく使われる。不思議だなーと思っていたが、“珍しいミンミンゼミの鳴き声”がよく使われているのは、アブラゼミのそれよりも派手だからなのだろう、と納得した。


そんな感じで、未だにミンミンゼミをみると「おっ!」ってなっちゃうんだけど、最近見るセミは半分以上ミンミンゼミばかりだ。むしろアブラゼミを見かけない。
……などとツイートしてたら、TLで教えていただいたところによると「関東はミンミンゼミのほうが多いのでは」とか「地域差があるのか」とか。
自分でもぐぐったところ、どうも関東でミンミンゼミは全く珍しくない模様。普通にいるみたい。
じゃあ、なぜ育った地域(横浜市内・内陸部)にはアブラゼミしかいなかったのだろう。謎。

人に「セミっていったらなんですか」と質問したら、地域によって答えは違うんだろうな。
ちなみにクマゼミは「セミの王様で、超大自然の田舎にしかいない」、と思っている。(見たこと無いです)


なおセミとりに飽きると、地クモ捕りに変更された。
私は地クモは苦手なので、見てるだけだったけど。
[PR]
by kototubo | 2014-07-26 00:12 | にっき。 | Comments(0)

海の日だった。

セミの声聞こえないな〜と思ってたんだけど、今朝ベランダにミンミンゼミが腹を上にして転がってた。
鳴き声を聞くより先に死骸を片付けねばならぬとは……

とりあえず、あとでなんとかしようと思って放置してたが、しばらくして太陽の光があたりはじめたら、ジジジ! とばたつきつつ飛び去って行った。びっくり。まだ生きてた。
次は土の上に落ちなよね。

---

「休日」らしいことをしようと思っていた連休だが、「何をした」というのが、思い出せん。掃除洗濯はした。
だらだらした……から、休日らしかった、かな?
[PR]
by kototubo | 2014-07-22 01:46 | にっき。 | Comments(0)

夏前。

a0001756_0492444.jpg

道端で猫が倒れ込んでた(笑)

今日、暑かったもんな。


梅雨はまだ明けていないが、気温だけは夏。
そろそろ蝉の声を聞きたいです。
[PR]
by kototubo | 2014-07-16 00:58 | にっき。 | Comments(0)

よるさんぽ。

a0001756_0265949.jpg

みなとみらい方面に夜行くと、案外空いている。

じゃなくて、自分が行くところに人があんまりいないのかな。
[PR]
by kototubo | 2014-07-07 00:28 | にっき。 | Comments(2)

2014/06に読んだ本。

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2856ページ
ナイス数:33ナイス

白暮のクロニクル 2 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 2 (ビッグコミックス)感想
おもしろいんだけど、ヒロインが女の子に見えないのは仕様なのか伏線なのか……。
読了日:6月29日 著者:ゆうきまさみ
暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)
目的が「暗殺」だから、これ以上伸ばしたり膨らませるのも難しそうに思っちゃうんだけど、この巻もおもしろかった。
で、アニメ化はともかく実写化……?
読了日:6月29日 著者:松井優征
All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックス)All You Need Is Kill 1〜2 (ジャンプコミックス)
絵は相変わらずうまい。美麗。
ストーリーは実に原作通り。読んだことを後悔している。(苦手なんだよーああいうオチがー)
読了日:6月29日 著者:小畑健
詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 〜3(ジャンプコミックス)
「ハイキュー」と同じ漫画家さんとは思えないぐらい全く異なる雰囲気。テキストが多く、読みづらいかな。
読了日:6月29日 著者:古舘春一
ドッグファイトの科学 知られざる空中戦闘機動の秘密 (サイエンス・アイ新書)ドッグファイトの科学 知られざる空中戦闘機動の秘密 (サイエンス・アイ新書)感想
イラスト・図版がとてもわかりやすい。物理だー。
「国産のミサイル」があるだなんて知らなかった。
読了日:6月23日 著者:赤塚聡
七つの大罪(9) (少年マガジンコミックス)七つの大罪(9) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月17日 著者:鈴木央
論文捏造 (中公新書ラクレ)論文捏造 (中公新書ラクレ)感想
適度な説明で、文章も理解しやすい。「STAP騒動と似ている」という書評を見て、読んでみたら本当にそっくり。繰り返しか、人類。分野が異なるのにこれだけ同じ有様ということは、他のどこかでも捏造は行われているんだろう。あと、『ネイチャー』や『サイエンス』は「非常に権威のある雑誌である」と思っていたが、掲載する論文の精査は「こんなもん」程度のフローであることに驚き。
読了日:6月7日 著者:村松秀
炎と茨の王女 (創元推理文庫)炎と茨の王女 (創元推理文庫)感想
読みやすい文体。主人公が女性なのがファンタジーでは珍しいかな? しかしあまりにも少女漫画的。フラグがフラグすぎて、先が読めてしまうのが残念。
読了日:6月4日 著者:レイ・カーソン
ハイキュー!! 11 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 11 (ジャンプコミックス)感想
9巻ぐらいまであった魅力的な「間」が無くなった。「話を進めるためだけのコマ」が多くて残念。ページが足りないのかな? 「キャラクター目線」ではなく、「キャラクターを見る目線」になっちゃったもの閉塞感。話もキャラクターもおもしろいけどーーー迷走しないでーというきもち。
読了日:6月4日 著者:古舘春一

読書メーター

[PR]
by kototubo | 2014-07-05 01:15 | 本。 | Comments(0)
■レノボがシェア1位だとはしらなんだ。
 →PC世界シェアNo.1のLenovoが依然成長できる理由とは?

周囲であまり使っている人を見かけないのだが、日本でもそうなのかな。


■で、国産パソコンの具合はどうだ!
 →VAIO

結局購入はソニーストアからのようで、あまり変わった感がないな??
一応、期待はしてる。
(と、一度もユーザになったことのない私が言います)


山手線、消える中づり広告 新型車両が来年秋デビュー

ここも紙が無くなるのか。
でもチラチラと視界に入る動画はうるさいけどなあ……。


■ハイレゾ曲配信サイト
ウォークマン持ちなのでもっぱらmoraを使っているが、他にも配信サイトがあることを今頃知った。

 → VICTOR STUDIO HD-Music.

ここで芸能山城組の楽曲が配信されているのを知ってうおおー! となったが、「恐山」かー! 
かー。……。
ううむ。
「Symphonic Suite AKIRA」のハイレゾ化はよ。「輪廻交響楽 」でも可。


別途、好きな歌がハイレゾで配信していたので、やったーとなったが、価格を見てびっくり。1曲540円也。こ、高級品だなあ? と思っちゃったが、どうだろうか。


佐川急便が主婦1万人採用へ 自宅付近で宅配
どこソースだか忘れちゃった……たぶん、小町とか知恵袋とかその辺なんだけど、「近所の人が配達業のアルバイトをしていて、『だれさんへどこからの荷物があった』とか、『あのうちは毎月どこそこの通販で商品を買っている』とかうわさ話をされる」というのがあったけど、地域によっては歓迎されないんじゃないだろうか、とかネガティブな結果を先に思いついちゃう。
[PR]
by kototubo | 2014-07-04 01:10 | にっき。 | Comments(2)