なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2014年おしまい。

a0001756_17564824.jpg


今年も自分自身は変わりもなく。
だけど、周囲はいろいろ変化があって、その対応しているだけで一年過ぎた。
きっと来年もそうだろう。


今日の夕焼け、綺麗だった。

喪中のため新年の挨拶はしないつもりですが、来年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by kototubo | 2014-12-31 18:10 | にっき。 | Comments(2)

楽して早く帰りたい。

たまにはDTPに関わる人っぽいことを書く。


週刊誌の仕事を持っているが、ほぼ自動組版。手順をしっかり把握していれば、チェックするのはデータの不備だけ。だからこそ「週刊」対応できるわけだけど。

……だったのが、リニューアル等で内容が変わって、イレギュラーに手動で組版をしなくてはいけないページが増えた。これが時間がかかる。比較していうと、

 自動組版・200ページ分→1時間
 手動組版・2ページ分→2時間

である。

増えた手動分のページに時間が取られて他の仕事の作業時間が圧迫され、ここ数ヶ月のいろんな作業工程がぎちぎち。デザインはどれも基本は固定だが、内容によっては都度バランスは考えて組版しなくてはならず、でもそもそもそんなことをするお金は貰っていないし、時間も無いんだけどなあーって感じ。
先に「DTPに関わる人っぽいこと」って書いたけど、私はその手動のDTPがあんまり好きじゃないんです>< ぐぬぬ。

まあ……バランス・デザインを調整する時間は、もう発生してしまうのだから仕方が無い。文句を言っても減らないし。
なので、どうにかするとしたら「基本は固定」の部分。ここの作業時間を短縮するために、いろいろ画策するわけです。楽して正確な結果を速く出したい。これな。


まず掲載内容のデータをFileMakerにつっこむ。でもって、XSL書いておいて、XML書き出し。
内容は必要な情報も付加したInDesignのタグ付きテキスト。
これをInDesignに配置(Command+D)すれば、アラ簡単・スタイルが当たったページが出来上がり。
あとは溢れているテキストボックスをツメ・長体で調整。

今回は複数のテキストボックスを連結して連続で流しているので、あふれ調整後に“SplitStory.jsx”を実行してやれば自動ですべて連結解除される。スクリプトはSamplesのJavaScriptの中に標準で準備されている。すばらしい。Adobeありがとう。

……てなことを試行錯誤して、ようようすべての手動組版ページのテキスト加工準備が整った。リニューアル後もちょいちょい仕様が変わったので、毎回XSLやらFMやらの修正をしていたのだが、たぶんもう修正も入らないだろうから、来年の作業は楽になるはず。


今までXSL書いたこと無かったけど、でもまあ「自分がちょっと楽になる」程度のもなら、見よう見まねでどうにかなるもんだ。今までHTMLとかVBAとかをちょこっとでもやっていたのが活きる。
けど、改行の書き方がなぜか同僚の書いたものと異なるので、それが未だに解せぬ(笑)。これはわたしの知識不足。
あと、IF文の「xsl:if test」の「test」は変数なのかな?と思ってたら、そういう文なのな。えー? 文系脳にはこういう文章は不思議がいっぱい★



で、ここまではCS4での話。
先週は別の仕事でCS2のInDesignで作業をしていて、「あーこれもXML書き出してやれば楽ちんなんじゃね?」と思い立ったので、せっせとXSL書いてみた。で、いざ流し込みー
……したら、CS2はUTF形式のテキストは読み込めないのな。shift-JIS形式ならOK。書き出しはできるのに、なぜだ??

あと、テキストボックスの連結解除が手動でやるしかない。これはつらい。CS2にはSplitStory.jsxが無い。もしかしてCS4のをもってきてやれば動いただろうか?
いろいろ試行錯誤したけども思ったような流し込み結果にならず、結局情報だけ付加したテキストを書き出しして、各テキストボックスにコピペした。
うーん、CS4の方が新しくて機能が増えてるんだなあって思い知ったぜ。当たり前だけど。当たり前だけど……!!


これが先週の休日出勤での出来事。心が折れるかと思ったよね……。
そんなザマで仕事はあまり納まった感じはしないんだけど、残りはは来年のお楽しみ、だ!
[PR]
by kototubo | 2014-12-31 03:16 | にっき。 | Comments(0)
えーと一応年内にメモしておこうかな、みたいな。
前回書いたのが5月なので、それ以降に見てたもの。

■作画すごい
Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」、話はやっぱり合わないんだけど(笑……旧作は3話ぐらいまで見て挫折した)、とにかくアクションシーンがかっこいい。高画質で録画してみてる。世界観の説明がほぼ無いのが残念。

あとは「神撃のバハムート」。描き込み美麗。動きも滑らか。音楽の入り方もかっこいい。全体のバランスがいい……んだけども、メインキャラクターのビジュアルがタイプじゃない(笑)。あざとくないキャラでも面白いのは
すごいと思うが、なぜもじゃもじゃなんだろうな?
あと、OP冒頭の映像が「ゲーム・オブ・スローンズ」とかぶるんだけど、パクリかオマージュか。


■見ていて楽しかった。
月刊少女野崎くん」。たまたま1話見たら面白く、大層笑わせてもらった。絵柄にクセがあるので好みが分かれそうだけど、漫画やイラストを描いたりするのも好きーって人はツボると思うんだ。
ヒロイン・野崎千代役の声優・小澤亜李さんがすごい上手くてかわいいので、ベテランさんなのかなあーとぐぐったら、メインキャラを演じたのはこれが最初? びっくり。

ばらかもん!」はコミックを2巻ぐらいまで読んで挫折したのだが、アニメは面白かった。ので原作も3巻以降も読んでみたけど、段々と面白くなってきてましたわ、切るの早かったかな(笑)。原作ではうるさいだけに見えた子どもたちが、アニメだといきいきわいわいしていて、いい。これもなる役の原涼子ちゃんがよかったよね。
あと音楽が川井憲次さんで、ギャグシーンなのにやたらと壮大な曲が流れたりして、そのギャップも楽しんだです。


■「楽園追放
オリジナル劇場版アニメ。
評判良さそうだな〜と軽い気持ちで見に行ったら、客が全員男性でちょっと焦った。原作がニトロプラスですもんね、そうですよね。

「ロボットで、露出の高いカワイイ女の子が出てきてー」程度かと思いきや、とんでもない、アツイ話。SFだった。
お説教めいたところがあまりないのがいい。とっても娯楽的。いろいろ全力なので、「やったー!」って感じの爽快さがある。あとメカデザインはもっさいと思うんだけど、これがばんばん動くし爆破するしびしびしてしてるからかっこよく見えてくる。すごい。ただ、主人公の心がわりがずいぶんと早い気がするんだけど……まあいいか。
アニメ・SF・爆破好きなであの絵がおkな人は見て損はないと思うので、見て!

エンディングの「EONIAN」もいい曲。ELISAさんの声、好きだなー。この曲の使いかたもまたいいんだなー(笑)。
[PR]
by kototubo | 2014-12-31 02:52 | にっき。 | Comments(0)

東京駅で栞

a0001756_175412.jpg

東京駅100周年記念で、12月19日の朝に改札で配布されていた印傳のしおり。
配布されることなぞまったく知らず、改札出たらもらえたです。嬉しい。

裏はこんな感じ。
a0001756_17563.jpg


前回の駅舎しおりも綺麗だったし、東京駅配布のノベルティはセンスあるなあ。
[PR]
by kototubo | 2014-12-31 01:09 | にっき。 | Comments(0)

しわす・にちようび

選挙、行きましたか? 私は行きましたよ。
今の住まいは投票所まで平坦な道を徒歩数分なのがとっても助かる。以前住んでいたところは、どこも駅の反対方向へ20分だとか、ちょうすごい坂の上だとか、投票に対して苦行が大きかった。体調の悪いとき(腰痛とかね)にはとても行く気にならぬ。

ので、思うのですが、投票所は便利なところに設置すべきではないか。駅とかさ。学校を使うことが多いと思うが、それらはたいてい利便は悪いし、その後出掛けるにしても同様に不便だし。本末転倒ではあるけど「何かのついでに投票に行ける」のなら良くないかな。


……とか言いつつ、自分もきちんと選挙に行き始めたのはここ数年なんだ。ので、あまりえらそーなこと言えないんだけど〜


アップル、横浜に研究開発拠点を置く必然(東洋経済)
何で横浜??? と思っちゃうヨコハマ市民ですが、大きな企業がやってくるのはいいことだと思う。みなとみらい、土地余ってるよーに見えるしなー。ついでに広い直営店を横浜に作ってくれんか。


日本の部品メーカーがApple提訴 「増産要求後に発注減」「リベート1億6000万円要求」……ファブレス戦略に影響も (ITmedia)
その一方で、こういうことも起こっている。
Appleも、日本のメーカーも、あ、もちろん技術力のある日本以外のメーカーも、双方が高め合ったり幸せになったりする方向でお願いしたいわ。


ホテルのWi-Fiを使ったら情報が盗まれていた――「ダークホテル」の驚愕手口(ITmedia)
会社のパソコン、ホテルのわいふぁいつないじゃおっていう感覚がわからん。



a0001756_2125151.jpg

投票ついでに大桟橋の飛鳥IIを見てきた。
あと“象の鼻体操”とかやってたよ。なんぞ。
[PR]
by kototubo | 2014-12-14 21:03 | にっき。 | Comments(0)

逆光

a0001756_0513064.jpg


横浜開港記念会館前の信号から県庁前の並木道を望む。

この週末は大抵の紅葉は散ってしまっていたけど、イチョウは見頃だった。土曜日は久しぶりに県外から友人が来たので、横浜案内してみた。
……と言っても、某アニメ作品に出てきた場所をさがす、っていうアレなんだけど。
[PR]
by kototubo | 2014-12-08 00:57 | にっき。 | Comments(0)

最近の気になりもの。

近未来風な強化ガラスキーボードのサンプルが入荷、タッチ式で物理キー無し

うわーい、これはときめく!

メーカーサイトではiMacに接続された画像あり。かあっこいー
 →Rivers Technology

中国の会社らしい。真似ものではない、オリジナルの、デザイン性のあるIT製品が中国からかー! ってちょっとおどろいた。


グイン・サーガ読破専用機も~全集組み込み型電子書籍端末、大日本印刷が発売 (internet watch)
あらかじめ端末にコンテンツを収録して販売することで、インターネット接続や会員登録、コンテンツの購入・ダウンロードといった操作不要で、購入してすぐに読書を楽しめるようにした。電源も単3電池×2本となっており、バッテリーの充電も必要ない。

“端末”ではなく“電子の本”とするのは、「会員登録とかインターネット接続とか何なの」という層にも「電子書籍って便利だ」と思ってもらえそう。


サイト「どうして解散するんですか?」を立ち上げた大学生は、なぜ小学生を演じたのか(Business Media 誠)
「失敗が許されるのは若者の特権だ、次はうまくやれよ」なんてエールを送るのではなく、「そういうインチキをやり始めたらおしまいだぞ」ときつく叱ってやるのが、大人たちの役割ではないのか。
もう下火話題だし、あちこちで言い尽くされているけど、これは「そうだなー!」って思ったので。

---

「子どもが言うから……」というと、世の中思考停止する感じよな。


「Nexus 6」と「iPhone 6 Plus」のスペックを比べてみた(ITmesiaニュース)

Yモバイルを継続するなら、Nexus 6に行くのもアリだなーと思ってるんだけど、比較する製品は「iPhone6」ではなく、「iPhone 6 Plus」なんだね。なるほど。
そう考えてスペック見ると、でかいし重いな。

電子書籍の小説を読むのにはTouchがいい(軽い・片手で持てる)のだが、コミックはTouchでは読めないんだよね……文字小さくなりすぎて。あと地図とかもう少し大きいディスプレイで見たいな、そういう端末ほしいなとも思うが、かさばりそう。そしてカバンから出すのが面倒になりそう。

……となると、つまり、ウェアラブル端末がほしくなっちゃう?
え、ウォークマンも持ち歩くのに? あとAndroidではiCloudのアクセス大丈夫なの? 母艦Macの子機として、iOS機のTouchは手放せない? それなら素直にiPhoneにすべき? あれ? いろいろ本末転倒だぞ??
(と、只今いろいろ踏ん切りがつかない状態です)
[PR]
by kototubo | 2014-12-03 01:43 | にっき。 | Comments(0)

2014/11に読んだ本。

2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1891ページ
ナイス数:44ナイス

進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)
ただもう単純に面白い。
読了日:11月30日 著者:池谷裕二
新世紀エヴァンゲリオン (14) (カドカワコミックス・エース)新世紀エヴァンゲリオン (14) (カドカワコミックス・エース)感想
完結、読めてヨカッタ。
ラストは、つまり、どういうこと?(笑) 今までの14年は無かったことになってしまったのか。あんなに苦しんだのに? それともその前から無かったことになってるのか。解釈はご自由になのか。結局14年間なにやってたんだ??
読了日:11月26日 著者:貞本義行
ノラガミ(12) (講談社コミックス月刊マガジン)ノラガミ(12) (講談社コミックス月刊マガジン)
読了日:11月17日 著者:あだちとか
死んで生き返りましたれぽ死んで生き返りましたれぽ感想
pixivで読了済みだが購入。自らの病状を「起こったこと」だけ表現できているのがすごいと思う。ざっくりした絵柄だが、読みやすい。
読了日:11月17日 著者:村上竹尾
量子コンピュータとは何か (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)量子コンピュータとは何か (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)
読了日:11月15日 著者:ジョージ・ジョンソン,GeorgeJohnson
だれの息子でもないだれの息子でもない
読了日:11月15日 著者:神林長平
マギ 23 (少年サンデーコミックス)マギ 23 (少年サンデーコミックス)感想
アルマトラン編はどのキャラクターも魅力的で、こっちが本編かと錯覚してしまう。しかし、暗い! あと、漫画喫茶で読んだのだが、文章量が多く1時間近くかかってしまった。買った方が安かったな(笑)
読了日:11月9日 著者:大高忍
物理学とは何だろうか〈下〉 (岩波新書 黄版 86)物理学とは何だろうか〈下〉 (岩波新書 黄版 86)
読了日:11月4日 著者:朝永振一郎

読書メーター

[PR]
by kototubo | 2014-12-02 00:24 | 本。 | Comments(0)

落ち葉

a0001756_01631.jpg


先週末はどこを歩いていても紅葉が綺麗で、得した気分だった。
私が目にしたのは街路樹だが、もっと木々の多い場所に行ったらすごいんだろうなあ。

画像は実家近くの大きなお庭の落ち葉。
道との境は低い垣根なので、前を歩くと庭の様子がよく見える。植木業のお宅なのだが、いつもよく整えられているのだ。ときどき、地元の人ではないらしき人が、公園と間違えて迷い込んだりしてる(笑)
落ち葉もいつもは掃き清められているのだが、この日は紅く引き詰められていて、とても美しかった。
[PR]
by kototubo | 2014-12-02 00:22 | にっき。 | Comments(0)