ある企業のロゴが必要だと同僚に相談を受けた。超有名企業だと、利用規約とともにデータがDLできるようになっていることがあるので、存在するかサイトで探す。自分の部署だとそうして利用規約を読んで使用できるか調べる(いや、ほんとは支給されるのがいいんだけどね)。
しかし今回は見つからなかったので、この企業は使っちゃいけないらしいね、となったんだけど、デザイン・Webチームで仕事したことがあるかも? と、一応と聞いてみたら、「あ、それなら作れるよ!」とのお返事。
うん、まって、そうじゃない。Illustratorの技術の話をしてるんじゃないんだ。


だいぶまえだけど、デザイナーから支給された某目録の表紙用の画像が72dpiの荒画だったことがある。
高画質画像に差し替え忘れたのかな? と(作業中は操作が軽くなるよう、軽い(=荒い)画像で製作することがある)デザイナーにデータの状態を知らせたら、
「それ以外の画像はない。だってそれネットから拾ったやつだし」
とのお返事でひえええええぇぇ……ってなったけど、お客さんである編集が「いい」というのでそのまま印刷した。……もう時効かな、どうかな。


と、こんなふうに印刷や出版・書籍に関わる人々でも著作権に対しての認識は非常に緩い。知っている人から見たら「はああ???」なことも、平気でやっちゃうことがある。
この辺の知識の習得って世の会社ではいつやるんだろ……上司のリテラシー次第? 個人の情報拾得次第?? 大企業ではセミナーとかやるのかな。少なくとも私が勤めた中小企業で著作権のことを勉強したことがない。



で、『アサヒカメラ』の2017年2月号。
これに「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」という記事が掲載された。少し前に話題になった、「まとめサイト等に写真を盗用された、さてその時どうしたらよいか?」の具体的な方法についての記事だ。

内容は画像(作品)を「作る」側からの情報だが……これは、画像を「使う」側の人間も読むべきじゃないかなあと思った。仕事で画像を扱うことのあるデザイナーやDTP従事者・web製作者たちは。


記事では盗用者に悪意や疚しさのあるものとして書かれているけど、「自分が撮った」とか嘘をつくつもりなんか全くなく、本当に悪気無くネット上で拾えた画像は使っていいと思っている人がいるからね? 信じられないだろうけど。あるいはちょっとだけなら使っていい、とか。「ちょっと」ってなんだよ、って話ですけども。
コピーできないように処理していても、スクリーンショットなど撮って「取れた、わーい!」って使っちゃっうから。「なぜコピーできないのか」という考えには至らないからさ。

そうした人たちは、画像の所有者がどんな気持ち・考えでいるか知るべきだと思うし、もしそれを犯してしまったときにどうなるか知るべきだよなあと、この記事を読んで思ったんでした。

自分もきちんとした知識があるわけではなく、常識である部分が欠けているかもしれない。
しかしもし周囲で間違いが通りそうなときにキチンと説明できるだけの情報を持ってないといけないな、と思います。


編集長のインタビュー
 →「本当に腹が立った」まとめサイトを“劇薬”をもって制す、『アサヒカメラ』編集長の怒りと悲しみ(BuzzFeeD)

3月号に再掲載されたとのこと。
 →写真専門誌「アサヒカメラ」 前号売り切れ続出の反響受け「損害賠償&削除要請マニュアル」特集、3月号にも再掲載(ITmedia)
[PR]
by kototubo | 2017-02-28 23:45 | にっき。 | Comments(0)

ちっこい第二形態

発表されてから楽しみにしていたガシャポンの「ちびっとシン・ゴジラ」。
a0001756_23595837.jpg

ゆびのりver.、かわいすぎだろ……

 →ガシャポン特撮部(Twitter)

More
[PR]
by kototubo | 2017-02-27 00:05 | にっき。 | Comments(0)

■新/古本
先日、町の本屋さんで新刊の文庫を購入したら、袋に古本買取業者のチラシが入ってた。
大手書店で「買い取ります!」っていうのを既にやっているけど、なんだかいたたまれない気分になるぞい。


■新刊の案内
Twitter等で作家さん・編集さん・漫画家さんが「こんな本出すよ! 出たよ!」っていうお知らせをしてくれるの、ほんとありがたい。どんどんやってほしい。

だけど、買うかどうかは、自分で判断する。
ので、そのあとに続く「買って!」には、んんんーーーってなっちゃうんだな〜〜うーん。欲しい商品なら、値段見ずにレジに行くから。

あと、「書店に置いてなかったら注文して!」も、んんnーーーて。
特に漫画だと、「えーこの本をわざわざ注文するの?」って思われたら…!! とか気になっちゃって、ヘボヲタクにはムリですよ。ネットが普及していなかった頃は書店注文も利用したことがあったけど、わりと面倒だしなあ(書店員さんにどの本が欲しいのか把握してもらうまで時間がかかった……今はどうなのかな)。無ければ別の本屋に行くし。あるいはネットで買うし。

だいたい好きな人たちなら「この作家さん・このレーベルはこっちの書店では入荷無いだろう、でもあっちの書店ならぜったい入荷ある!」とか把握してると思うのよね。そして初日に買う。


■新刊チェック
自分は読書メーター(http://bookmeter.com/)の新刊チェック機能(実質はAmazonの掲載情報?)がメインの情報源。出版社や作家によって、数ヶ月前から情報が出てくるのと、発売日1週間前に急に出てくるのと様々。
あとは書店さんのTwitterアカウントもいくつか参考に。

でも、これだとモレが出るのでちょっともだもだしてる。
以前は出版取次の大洋社が見やすい新刊一覧をサイトに掲載してくれてたから、ほぼ買い逃しはなかったんだけどなあ。世の本好きさんたちはどこで情報とってるんだろうか。


なお、以前某書店さんの垢フォローしてたら、本を良く読みすぎてるせいかナチュラルにネタバレかましてくるので(笑)、そこは外した。
出版社さんの垢もわりとネタバレか、あるいはネタバレなリツイートしまくりなところが多いので、フォローできないんだよ〜


■新刊チェック2
だいたい、発行直後ですら公式サイトに情報無い場合が多いもんね。そういうとこやで…って思うじゃん。
せめてタイトルと書影だけでも発売日前に掲載してくれると助かるんだけども……書店で探しやすいから。宣伝してるの、超有名作家モノかメディア化作品だけだもんなあ。
うーんと、あれ? そもそも製品の宣伝は出版社の仕事ではないのだろうか。


■フェアとかの宣伝は?
出版社で「この書店でフェアやってるよ!」とか「この書店で買うとおまけがつくよ!」「サイン本納品したよ!」とか告知すりゃいいのにーと思うんだけど、できないんだろうか。しない方針? その辺がよくわからないんだけど、宣伝足りないんじゃないかなあー。

サイトの掲載が間に合わなくても、TwitterなどのSNSでちょこっとでも出してくれれば、検索で引っかかったりするのにーとかとか。先日のハヤカワJA作家さんのサインカード付き文庫とかさ。(書店で見つけて好きな作家さんのサインカード付き本を購入したんだけど、どういう経緯でやってるフェアなんだろうと気になって出版社のサイトを見たが、どこにも情報が無くて。もやもやしてたら1週間後ぐらいにようやく情報アップされた)
こういうのに時間や人を割くことはできない?

あとは書店でやっていることは、出版社には把握する気はないんだろうか。でも頻繁に行く書店は自分でチェックできるけどさ、隣町の書店までは把握できん……どこかで一元して情報提供してくれればいいのになあ。
とはいえわたしも富豪ではないので、出された情報すべてにお金を落とすことはできないけど、でも気になるもので近郊の書店だったら足伸ばして買いに行くぐらいはするし、場合によっては遠方でも行くよ〜。
[PR]
by kototubo | 2017-02-26 19:57 | にっき。 | Comments(0)

初コラボカフェ

友人に誘われて、『刀剣乱舞-花丸-』のコラボカフェへ。
後半の最終日にようやく当選したー。


“コラボカフェ”自体行くのが初めてなのだが、そもそもキャラグッズにあまり執着が無いし(カフェ限定のトレーディンググッズを購入できる)、「とうらぶ」もやってはいるけどガチ嵌りというわけでもないので、ハテ楽しめるかのか? と、実はあまり乗り気ではなかった。……のだけど、まあ何事も経験だし、友人との女子会だと思えばいいかーと出かけましたら、なんか、これがけっこう楽しかったです(笑)。

食事を頼むとランダムでもらえるコースターも、他の審神者さんたちが快く交換に応じてくれて、え……なにこれ優しい世界……? って感じ。
とはいえ、自分は“交換文化”がいまいち不慣れなもんで、手慣れた友人にまるっきりお任せしてしまった。おかげで、来派、揃いました^^

a0001756_030425.jpg


食事メニューもどうせ名前ありきの程度のものだろうと全く期待していなかったんだけど、普通に美味しかった。見た目も可愛らしいし、量も丁度よいし、恐ろしく高いわけでもないし……「“アニメで飲食”て、オタク相手に変な商売はじめたなー」とか思ってたけど、これはこれでいいものですなあ。

More
[PR]
by kototubo | 2017-02-22 00:44 | にっき。 | Comments(0)

代々木の刀剣博物館

行動範囲内に「刀剣博物館」というのがあるのは知っていたのだが、なんとなく敷居が高そうなイメージがあって、なかなか行けず。なにかのついでになる場所でもなく、友人を誘って行けばいいかな……とも考えたが……一緒に行ってくれそうな人がまったく思いつかないんだなあこれが。

などとと思っていたら、移転が決まっていて墨田区・両国になるそうで。
それなら移転前に一度行っておくべき? と、半休取る機会があったので、平日にぶらり代々木。

 →刀剣博物館|日本美術刀剣保存協会

a0001756_219275.jpg

今展示されているのは「代々木感謝祭 -刀剣博物館開館50年にわたる寄贈名品展」。
この地で最後に開催する展覧会として、当館が所蔵する国宝や重要文化財等の名品を一挙に公開いたします。
とのこと。国宝・重文・重要美術品ばかりの展示。


刀剣23振・その他刀装や目利秘伝書など。展示室は1つ。
壁沿いにぐるっと一周・様々な刀工の作品が並んでいるので、これだとシロウトな自分でも見比べながら眺めることができて、おもしろい。平日の午後だからか空いていたので、一振りひとふりゆっくり観ることができたし、いやあ、行ってよかったわー。
あと、個人的には太刀が多くて見応えありでした(太刀好き)。

客層は男・女・外国人観光客で1:1:1って感じ。
しかし男性は真っ先に村正に行きますな。人気!

More
[PR]
by kototubo | 2017-02-19 02:43 | にっき。 | Comments(0)

2017/01に読んだ本。

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1883ページ
ナイス数:6ナイス

#こんなブラック・ジャックはイヤだ (エヌ・オー・コミックス)#こんなブラック・ジャックはイヤだ (エヌ・オー・コミックス)感想
他の方の描く手塚キャラはその人の特徴も混ざっているけど、つのがいさんのは「そのまま!」という感じ。キャラクターの動作も、書き文字も、色の塗り方も完コピすぎるので、さぞかし昔から好きで模写していたのだろうと思いきや、著者は若い女性で、絵自体つい最近描き始めたというのだから驚く。絵を描くには努力や継続力だけでなく、才能ってものが必要なんだな……(笑)
二次創作モノを商業誌で、というのはあまり好きではないのだが、本当に「手塚先生のブラックジャック」がおかしいことをやっているようで、笑えた。作画が荒い部分もあるしオタクネタなども含むので万人に薦めることはできないが、読むことができてて嬉しい作品。
読了日:1月28日 著者:つのがい,手塚治虫


日本刀は素敵 (WAC BUNKO)日本刀は素敵 (WAC BUNKO)感想
佐野美術館の館長による日本刀のエッセイ。日本刀の説明の本ではなく、「“学芸員”という役割、その目線、職業から見た日本刀」の書。今の立場を確立するために努力と苦労を重ねてきたのだなあと感心する。しかし正宗の章の「どうぞお持ち帰りください……」には泣ける。
各日本刀の鑑賞に関する著者の説明(感想?)もあり、初心者な私には「へー、なるほどなあ」と思うことばかりでした。
読了日:1月24日 著者:渡邉妙子


レイリ(2)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)レイリ(2)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)感想
面白いんだけど……大ゴマばかりでちょっとだるい。
読了日:1月22日 著者:岩明均(原作),室井大資(漫画)
レイリ(1)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)レイリ(1)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
読了日:1月22日 著者:岩明均(原作),室井大資(漫画)
波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)
読了日:1月15日 著者:沙村広明
青の祓魔師 18 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 18 (ジャンプコミックス)
読了日:1月15日 著者:加藤和恵
女生徒 (角川文庫)女生徒 (角川文庫)感想
太宰治は「人間失格」「走れメロス」しか読んだことが無く、はあそうですかぐらいの感想だったが、たまたま手にした短編集、とても面白かったので、なんというか驚いた。こんな文章を書く人だったのだなー! などと今更。ホラーレーベルで出版されてもいいんじゃないか、「燈籠」とか「恥」とか。
さて、Amazonから書影がリンクされているが、これを選んだ編集者はこの本を読んでいないとしか思えない。あまりにもだっさすぎやしませんか。
自分が購入したのは漫画っぽいイラスト版で、こちらはきれいではあるが、でもやっぱり内容と合っていない。
所謂文豪の本の装丁は全く当てにならないなあー
読了日:1月10日 著者:太宰治


昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx)昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx)感想
よかった。いい完結だった。ずっと生きる話を描いていたのが、死に向かう物語をあれだけのページ数を使って語られて、あーよかったなあーと思えた。人物が年を取る作品てあまり好きじゃないことが多いんだけど、これは別だな〜。1巻から読み直したい。しかし最後の最後ですごい“疑惑”を落としましたな(笑)

ただ、妹ちゃんが半袖の夏服で「入学式!」って言うのは違和感。
読了日:1月8日 著者:雲田はるこ


横浜駅SF (カドカワBOOKS)横浜駅SF (カドカワBOOKS)
読了日:1月4日 著者:柞刈湯葉

読書メーター

[PR]
by kototubo | 2017-02-12 02:18 | 本。 | Comments(0)

東京国立博物館で開催中の特別展・「春日大社 千年の至宝」を見てきた。

a0001756_0582193.jpg


Twitterの書き込みなどを見てると「トーハクにしては空いている」とのこと。
これってどの程度のことなんですかね? と美術館・博物館スキーな上司に聞いたら
「並ばなくても入れる、ってことだよ」
との返事。えっ……そういうレベル……?

で、実際のところどうなのというと、日曜日の14:00すぎでチケット売場や入場での行列は無し。
ただ、会場内えはケース前に行列状になっている箇所は多々あり、見づらいなあー……って感じ。
上の画像は展覧会内の唯一の撮影スポット。これ以外の撮影は禁止です。

なお、感想としましては、「鹿」。です!
鹿の観察力すごい。絵も彫刻も、まるで本物のよう。
彫刻はだいたいかわいいです(笑)

奈良、行ったことがないんだよねー。一度訪れてみたい。

More (春日大社展とは関係のないもの)
[PR]
by kototubo | 2017-02-06 01:13 | にっき。 | Comments(0)