なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

タグ:マンガ ( 146 ) タグの人気記事

■「のだめカンタービレ」9(二ノ宮知子/講談社)
最近発売を楽しみにしているまんがのひとつ。
今回はのだめ母がかわいすぎ。

■「輝夜姫」24(清水玲子/白泉社)
話がまとまるんだが、どうなんだか。
そろそろまとめてくれー。

■「おれたちの葬式本」(TONO×うぐいすみつる/朝日ソノラマ)
買おうかなぁ…と思っているうちに店頭から無くなってしまったが、
この間ようやく買えた。
本のつくり…表紙のしょぼさがたまりません。


■「DEATH NOTE」1(小畑健・大場つぐみ/集英社)
・・暗っ!なんか人死にすぎ。
また原作者付きだが、もうサイボーグGちゃんみたいな作品は描かないのかなぁ。
(これ以外の作品は読んだこと無い。)
絵はうまいと思うが…特にカラー。


[PR]
by kototubo | 2004-07-03 20:47 | まんが。 | Comments(6)
■「カレンのファスナー」(TONO/白泉社)
最近いろんな出版社から単行本が出ているので追いかけるのが大変…。
これは他の出版社での絵とは印象がちょっと違ったかも。

TONOの作品は絵が”まんがちっく”なのに、
けっこうアンモラルな話が多くておもしろい。
重いテーマも軽やか表現。
オススメは「カルバニア物語」「チキタ・GUGU」


■「黄色い海岸」(TONO/朝日ソノラマ)
読んだことのない短編集が文庫化〜
と思ったら、ほとんど読んだことのある作品だった…。ががん。


■「20世紀少年」16(浦沢直樹/小学館)
おもしろい…のだが、キャラクターとナゾがどんどん増えていって、
ちょっと飽きぎみ…。


■「犬夜叉」35(高橋留美子/小学館)
これもキャラクターがどんどん増えていって…って、それが高橋留美子作品か。
らんまも途中で飽ちゃったんだよなぁ。


■「雨柳堂夢咄」10(波津彬子/朝日ソノラマ)
絵は堅いのでそんなに好みでは無いのだが、時々はっとさせられるような表現がある。
今回は「嫁取り狐」の暖簾のシーンがそれだった。


[PR]
by kototubo | 2004-05-22 22:20 | まんが。 | Comments(0)
■「リュオン」(佐々木淳子/幻冬舎)
これはびっくり、「ダークグリーン」の続編じゃん!!
なつかしー!
世界観は変わってなかったけど…うーん、こういうオチかぁ…。
というかこれしかないのかな。
「ダークグリーン」はわたしの好きなまんがのひとつ。
凄くオススメなのですが、知っている人があまり多くないのが寂しいかも。

■「やじきた学園道中記」23(市東亮子/秋田書店)
これもびっくり、これって完結はしてなかったと思ってたけど、まだ続いてたんだ?!
単行本は12年ぶりだそう。22巻までは友人に借りていたが、
ちょっと立ち読みしたらおもしろそうだったので購入。
いっつも思うけど、この作品の登場人物のような高校生は…いないだろっ。
いや、好きなんですけどね。
[PR]
by kototubo | 2004-03-29 00:20 | まんが。 | Comments(5)
■「鋼の錬金術師」7(荒川弘/スクウェアエニックス)
久々に中高生向きなまんがを買ってしまったー。
でもオタツボを心得た話づくりかも(笑)。絵も好み。
どこでも本屋に平積みなぐらい人気らすぃー。
でも初版特典版「おまけ」はいらないぞぅー

■「のだめカンタービレ」8(二ノ宮知子/講談社)
絵の力が抜けすぎてる気もするのだが、
話がおもしろいのでよし。
今回はのだめと千秋の会話がほとんどないなー。

■「GANTZ」1〜5(奥浩哉/集英社)
アニメ化するらしいのでおもしろいのか?とお試し購入。
この作家の作品は「変」しか読んだことがなかったのだが、
こんなストーリーもかけるのか、と意外な感じ。
先が気になるところではあるが…えーと、人が、死にすぎ…。
うーん。
[PR]
by kototubo | 2004-03-29 00:08 | まんが。 | Comments(3)
■「天才ファミリーカンパニー」5.6(二ノ宮知子/幻冬舎)
ようやく増刷されたらしくて、書店で平積みされてたのでげっつ。

最後の方はだいぶ駆け足な印象だったけど、おもしろかったー。
絵柄だけだど買わない部類なんだけどなー。

そして今時「スペシャル版」ってところがイイ(笑)。
文庫版は絵が小さくなるからあまし好きじゃないんだな。
(場所とらないのは魅力なんだけどサー)

■「犬夜叉」34 (高橋留美子/小学館)
えーと。
正直そろそろ飽きてきた。
展開ないんだもんー。


[PR]
by kototubo | 2004-02-22 22:31 | まんが。 | Comments(0)

2月に読んだまんが。

■「攻殻機動隊」1.5(士郎正宗/講談社)
高いのでずっと躊躇してたが買ってしまった。
これ読んだらようやく2巻が理解できたが、CDつけないで低価格で販売してほしかった。豪華なまんがはいらない。

■「鋼の錬金術師」1〜6(荒川弘/エニックス)
お子様向けかと大して期待せずに読んだが、意外とちゃんと筋道が通っていておもしろい。絵柄も丁寧だし。久々にアタリの気分。

■「輝夜姫」23(清水玲子/白泉社)
話が進めば進むほど、支離滅裂。絵はキレイなんだけどなぁ…ストーリーがなぁ…。ぶつぶつ。

■「天才ファミリーカンパニー」4(二ノ宮知子/幻冬舎)
「のだめカンタービレ」がおもしろかったので、こっちも収集中。


[PR]
by kototubo | 2004-02-11 21:24 | まんが。 | Comments(0)