なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

タグ:博物館 ( 5 ) タグの人気記事

a0001756_0272167.jpg
以前、神奈川県立歴史博物館で見た“眞葛焼”をまた見たくて、開館時間を調べようと公式サイトを見たらなんと現在改装中で休館中(2016/5/30〜2018/4下旬)。えええ。全く知らなかった……。
……というのが今年の1月の話。

じゃあ改装が終わるまで待つか〜と思ってたんだけど、何気にネット見てたら「眞葛ミュージアム」というのがあることを知った。しかも横浜駅から徒歩圏内! なんだとー!
……というのが10日ほど前の話で、今日ぶらっと行ってきた。

 →宮川香山 眞葛ミュージアム

場所は横浜駅・北口からベイクォーターを抜けて、ポートサイド中央の陸橋を越えた先。徒歩10分弱かな。土日のみ開館。
a0001756_0274353.jpg

(この画像を撮ろうとスマホ構えたら、前に立っていた警備員さんがすっ……と避けてくれた(笑) ありがとうございます)

そう広くない館内。今展示されているのは、初代 宮川香山の作品を中心に83点。自分的にはありがたいことに人があまりおらず、じっくり見ていられた。美しい高浮彫を十分堪能です。
彫刻で表現されている鳥の羽、植物の茎の棘など実に写実的。「金襴手雀之図花瓶」の小さな雀、「氷窟鴛鴦花瓶」の中にいるおしどり……え、これどうやって作るんだ??

近づいてよく観察すると、ざっくりとした作りにもみえるんだけど、全体でみると本物がそこにいるように感じるの、なんでだろう。すごい。言語が不足する。こういう作品を作れる人の目の見え方・脳の作りがどうなってるんだろうなあ。

立体的な部分に目が行きがちだけど、絵付けされた部分の文様も素晴らしい。「武者ニ物ノ怪花瓶」に絵かかがかれていた、可愛らしい妖怪らしき文様とか。


ショップでポストカード売ってたけど、全体画像ばかり。
……もっと、こう、部位に迫ったものを作るべきじゃないですかね?!
a0001756_027767.jpg


公式サイトにアップ画像もあるけど、こういうのでさ、ぜひ……。
 →作品アルバム|宮川香山 眞葛ミュージアム


ところで今これ書くために検索してたら、去年(2016年)が宮川香山の没後100年で、あちこちの美術館で展覧会してたのな。わあー……アンテナ低くて残念だわ、自分\(^o^)/
[PR]
by kototubo | 2017-04-03 00:46 | にっき。 | Comments(0)

代々木の刀剣博物館

行動範囲内に「刀剣博物館」というのがあるのは知っていたのだが、なんとなく敷居が高そうなイメージがあって、なかなか行けず。なにかのついでになる場所でもなく、友人を誘って行けばいいかな……とも考えたが……一緒に行ってくれそうな人がまったく思いつかないんだなあこれが。

などとと思っていたら、移転が決まっていて墨田区・両国になるそうで。
それなら移転前に一度行っておくべき? と、半休取る機会があったので、平日にぶらり代々木。

 →刀剣博物館|日本美術刀剣保存協会

a0001756_219275.jpg

今展示されているのは「代々木感謝祭 -刀剣博物館開館50年にわたる寄贈名品展」。
この地で最後に開催する展覧会として、当館が所蔵する国宝や重要文化財等の名品を一挙に公開いたします。
とのこと。国宝・重文・重要美術品ばかりの展示。


刀剣23振・その他刀装や目利秘伝書など。展示室は1つ。
壁沿いにぐるっと一周・様々な刀工の作品が並んでいるので、これだとシロウトな自分でも見比べながら眺めることができて、おもしろい。平日の午後だからか空いていたので、一振りひとふりゆっくり観ることができたし、いやあ、行ってよかったわー。
あと、個人的には太刀が多くて見応えありでした(太刀好き)。

客層は男・女・外国人観光客で1:1:1って感じ。
しかし男性は真っ先に村正に行きますな。人気!

More
[PR]
by kototubo | 2017-02-19 02:43 | にっき。 | Comments(0)
東京国立博物館で開催中の特別展・「春日大社 千年の至宝」を見てきた。

a0001756_0582193.jpg


Twitterの書き込みなどを見てると「トーハクにしては空いている」とのこと。
これってどの程度のことなんですかね? と美術館・博物館スキーな上司に聞いたら
「並ばなくても入れる、ってことだよ」
との返事。えっ……そういうレベル……?

で、実際のところどうなのというと、日曜日の14:00すぎでチケット売場や入場での行列は無し。
ただ、会場内えはケース前に行列状になっている箇所は多々あり、見づらいなあー……って感じ。
上の画像は展覧会内の唯一の撮影スポット。これ以外の撮影は禁止です。

なお、感想としましては、「鹿」。です!
鹿の観察力すごい。絵も彫刻も、まるで本物のよう。
彫刻はだいたいかわいいです(笑)

奈良、行ったことがないんだよねー。一度訪れてみたい。

More (春日大社展とは関係のないもの)
[PR]
by kototubo | 2017-02-06 01:13 | にっき。 | Comments(0)

桑名市で「村正」

伊勢行きのついでに、桑名市で「村正」展も見てきた。

 →【博物館】特別企画展「村正 」のご案内 (桑名市)
 →日本刀「村正」 地元・桑名での企画展に「異次元の人出」(毎日新聞)


a0001756_21504530.jpg

唯一、写真撮影OKの一振り。

a0001756_21513610.jpg

「君の……」。乗っかってますなあ(笑)


毎日新聞のWeb版ニュースでたまたま見かけて、えーでも桑名ってどこさー? と地理感覚に大変乏しいわたくしですから調べましたら伊勢と同じ三重県で、名古屋から快速電車で一駅の場所。あれ? これ行けちゃうんじゃない? 2日目は時間が余るだろうからだらだらしようと思ってたし、これちょうどいいんじゃない? ってことで、ついでに行ってみようと。“ついで”とはなんぞや? と自問自答もいたしますけども、今回はひとり旅だったので時間はどのようにでも使えるから気の向くまま。

さて、そもそも「村正」は、桑名の刀工だそう。今回初めて知った! 展示は市内にある村正の日本刀4振が県文化財に指定されたのを記念に開催されたとのこと。
市博物館は桑名駅から徒歩15分ほど。建物はそう大きくないが、村正の刀剣20振に加え、ゆかりの刀工さんの刀剣もあわせて43振のそうそうたる展示。鍔や目貫もあり、館内刀剣関連品だらけ。どれも綺麗だが、刀身に漆が塗らているのがあって、これが妙にかっこよかったー。常設展示は展示室には無いみたい。

小中学生は無料。午後に行ったのだけど、学校で行くように言われているのか小学生がちらほら。課題用と思われる用紙を持って見て回ってた。
「こどもチャレンジシート」なるものが置いてあって、おそらく小学生らはこれを使ってたのかな? 大きいおともだちもOKだそーです。やればよかったな(笑)

a0001756_1231873.jpg


ちなみに館内に今までの展示のポスターが貼られていたんだけど、どれも面白そうだった。いいなーこういう博物館が市内にあって。

見学者は男性の方が多いような印象。「村正」だと来るのは時代劇や徳川関連、日本刀自体に興味のある方が多いのかな?  「妖刀伝説」なら私でも知ってるし。カップルだと男性の方が夢中になって見ている感じだった。そう考えると徳美は異常空間だったなw ……あ、もちろん女性ひとりもちらほら。



帰りも徒歩で駅まで向かおうと思ってたんだけど、雨が降ってきてしまい、じゃあバスに乗ろうかと時刻表を見たら、駅方面行きは出たばかり。が、反対回りの巡回バスがすぐの到着だったので、それに乗って桑名市ぐるっとしてみた(笑) 観光向けではなく、市民向けのバス。徒歩15分を、バスで45分ほど。
運転手さんがたいへんフレンドリーで、途中から他の乗客もほとんど居なかったので、世間話しつつのバス旅〜楽しかった! 料金100円也。

a0001756_21515240.jpg

おみやげにポストカード買ったら、チラシに包んでくれた……? と良く見たら、会期終了している展覧会のチラシをのり付けして、封筒にしてあった。わ、エコ! 
安い封筒よりも厚手でいい紙だもんね^v^
[PR]
by kototubo | 2016-10-03 22:00 | にっき。 | Comments(0)

ぶらなごや

a0001756_23543310.jpg

あ、名古屋行こうかな、と思い立ったので行ってきた。

目的は徳川美術館と熱田神宮。

ちょっと長いのでMore
[PR]
by kototubo | 2016-05-16 00:06 | にっき。 | Comments(2)