なにからなにまでてけとーです。


by 言壺

「バロン」

a0001756_21183859.jpgAmazonで「バロン」デラックス・コレクターズ・エディションが安価だった時にポチった。廉価版のDVDは持ってるんだけど、先日届いたので久々に観たのたが…やっぱりおもしろすぎる…!!
好きだ、「バロン」。

特典映像の「制作の苦悩」と「ストーリーボード集」でスタッフ・キャストが語っているのだが、なんとも…毒々しいです(笑)。
[PR]
by kototubo | 2008-12-27 21:24 | にっき。 | Comments(0)
「映画を劇場で見るのは贅沢」だと思ってたんだけど、今年は8回も行ってる!わー。


ところで映画館のチケット売場の人って、なんでみんなあんなにつっけんどんなんですかね。短い時間で人をさばくためには機械的にするしかないのかもしれないけど、でもあまりにもマニュアルすぎる。いつも行くのは1○9シネマズMMだけど、ぜんぜん伏せ字になってないけど、ここはほんと冷たいっすw オレ客なのにwwww…って、思わず必要以上に芝生やしたくなるぐらいですよ。てか東急系列のがそうなのかな?そういやみなとみらい以外の映画館も東急系列のところばかりだったかも。この間は初心者マークをつけたひともびっくりするぐらいアレだったので、「あーここはこういう教育なんだろうなー」って思いました。なんか二度と行きたくないレベル。


なんでそんなことぐずぐず言うのかというと、先週土曜日に観た「ダークナイト」は「丸の内プラゼール」なのだが、ここのチケット売場の応対が非常に丁寧だった。それが嬉しかったからです。
友人と二人で行って、私は後方の席がよかったんだけど、友人は視力の関係であまり後方はどうかなあ…って話を「大人二枚」って言ったあとにその場で話あいはじめちゃったのだよ。あー決めずに並んじゃってごめんーと一瞬焦ったんだけど、売場の女性がすかさず
「当館はスクリーンが大きいので後方でも大丈夫だと思いますよ、この列なら両隣いますけど、こっちでしたら今のところ隣席空いてます。この列あたりは昔S席指定していたところですよ」
って説明してくれたのだ。わーご親切にどーも! 

そんだけ、なんだけどね。
[PR]
by kototubo | 2008-09-09 00:58 | にっき。 | Comments(2)

「ダークナイト」見た。

a0001756_0262891.jpg「評判がいいらしい」ってだけで前作も他シリーズも知らない状態でいきなり見に行ってしまった。はっはっは。でもはたして意が味わかるのか?と心配した…けれど、そんなのは問題なかったです。

面白い。ストーリー自体は分かりやすく単純。でも、深い。
でも、説教臭くない。


※いちお、「バットマンは金の力ででバトルスーツ作って、匿名で悪と闘ってるんだよね?」程度の知識はあり。

ネタバレ?More
[PR]
by kototubo | 2008-09-08 00:29 | にっき。 | Comments(2)

「スカイ・クロラ」

a0001756_2353304.jpg先週見て、今日2回目。

戦闘機と音楽は素晴らしい。

ストーリーは…大筋は「好きなタイプ」の話だと思う。しかし、物語が終始平坦で、毒にも薬にもならないような…狙ってやってるのかどーか知らないけどキャラデザも平坦で、状況も異様なため感情移入しにくいというか。まともなのはクスミだけ?そんなわけで盛り上がりきれないままおわってしもーた。


押井監督が「僕は今、若い人たちに伝えたいことがある」と言ったのは、この閉塞した絶望とも言える世界の物語のことなんだろうか?それとも「やろうと思えばこんな映像も作れちゃうんだぜ!」っていうクリエーターとしてのことなんだろうか…?


世界観の説明が少ないので、もしかしたら先にパンフレットを読んでおくとわかりやすいのかもしれない。だけど作中で状況を説明しきれてない作品は…あんましすきじゃないんだよなあw (説明しきれてなくても、のめりこめる作品ってのもあるけど。)


さて。エンドロールが始まる前・終わった直後に席を立つ人がいたが、エンドロール後にまた、物語がある。これがあって初めてひとつの物語になる。これから見に行く方は最後まで席を立たれませんよう。

---
*追記
ちょーっとネガティブな感想?になってしまったけど、弟はこれを見て押井監督に興味を持ったらしく、めずらしく感想なんぞをメールしてきたので他作品のDVDを貸すことになりました。なので、やはり魅力のある作品なのだと思います。

弟は通っている大学のイベント執行部が主催の無料試写会で6月ぐらいに見たんだな。…公開を待ってる全国のファンもしくはヲタクのみなさんはおいといて、なんで大学生に無料公開なんだ…!!と、もんもんとしましたが(というか、その執行部のブログにあった案内文「なんと、無料で見れちゃいます!」という文言にそこはかとなく怒りを覚えた)、無料でなければきっと弟は見なかったろうから、まあよかったんだろうか?とか。

---
*追記2
あとね、「イノセンス」の時もそうだったんだけど、CGがとっても「CG」っぽいんだよね…。「攻殻機動隊」や「パトレイバー the Movie」のときは実にかっこいい使い方をしていたのになんでだろ。NHKのアニクリの作品を見たときはびっくりしたさ…。

ネタバレになるかもしれない、原作読んでない自分の感想メモ。
[PR]
by kototubo | 2008-08-18 23:53 | にっき。 | Comments(1)

「崖の上のポニョ」

a0001756_2223169.jpg見た。

面白いかそうじゃないかってものではなくて、"楽しむ"映画だと思った。

波がうわうわすごい。
ポニョの声が異様に可愛らしかったです!

あとフジモトが不憫です(笑)。



More
[PR]
by kototubo | 2008-07-27 22:24 | にっき。 | Comments(2)

「攻殻機動隊2.0」

a0001756_20231628.jpg見てきた。
レイトショー(1300円)で見たのにパンフレットが1500円w
でも迷わず買うカモっこ。
a0001756_20232541.jpg後ろ半分は95年版の復刻版。…持ってるのにな。
下が公開当時のオリジナル版。でかい。劇場で買ったけど、これの入る袋が用意されて無くて持って帰るのに難儀した。

新宿で木曜日にレイトショーで見たんだけど、自分がチケット買ったとたん攻殻のチケットを買う列ができた。へ、平日なのに!とびびったが、予告編が始まってから入っても見やすい席に座れました。

「スカイ・クロラ」公開記念VERSION2.0始動!『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0』

More
[PR]
by kototubo | 2008-07-21 20:26 | にっき。 | Comments(5)
a0001756_0165730.jpgインディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
(公式サイト・音が出ます)


見所はケイト・ブランシェットのうつくしい立ち姿w


More
[PR]
by kototubo | 2008-06-23 00:19 | にっき。 | Comments(1)

リニューアルて…

『攻殻機動隊』3−DCGで全編リニューアル」って記事を読んだんだけど、…えーっと?
いやたしかに「今の技術で攻殻つくったらどーなるのかなあー」と思ったことはある。あるけど…でもねぇ?ねぇ?!

リンク先の記事に一場面のカット画像があるんだけど、いやもう…どう言ったらいいのか。そして一番不思議なのは人形使いの声を家弓家正さんではなくて「榊原良子を起用し、アフレコをし直した」ってこと。へぇぇ。。。。


「 押井監督自らの監修」ってことだから、一視聴者としては何も言えたもんじゃないけど、でもNHKでやってたアニクリ15みたいなのになったらどうしよう…とかね…ふふ。(ああいうのは理解できない派。)

てか5都市限定公開とか…!見に行けるのかなあ…。(←結局行くのかよ、という。)

→追記:『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』公開記念 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 2.0』公開決定!(Production IG)
ポスター?画像も美しいけど、無印ファンとしてはなんともびみょうな気持に…

---


ついでに「「攻殻機動隊」ハリウッドで3−D実写映画化」について。

やらなくていいんじゃ…とも思ってるけど、でも「トランスフォーマー」がアニメ知らなかった自分でも楽しめる作品になってたってことを考えると多少は期待してもいいのかなあとか。ただ、やるならばS.A.Cのように押井攻殻を土台にはしないで、シロマサ素子さんを出して欲しいなあ…と思うんでした。(でもなんだかそういうふうにはならなそう…?)
[PR]
by kototubo | 2008-06-10 00:58 | にっき。 | Comments(2)
クローバーフィールド(公式サイト)

手ぶれしまくりのハンディカム撮影風で世界づくりが上手い。まあドキュメンタリーにしてはセリフがくさいなーと感じたんだけど、おかげで「あぁ、これ映画だもんな…」って思いだせて、丁度よいよ。
こういう作品て絵コンテどう切るんだろう?計算づく?それともいきあたりばったり?


しかし面白さと苦痛が紙一重。
でもこれは映画館で楽しむ作品だと思う。

ネタバレかもしれないからMoreにいれるわ。
[PR]
by kototubo | 2008-04-29 01:39 | にっき。 | Comments(2)
金曜夜に見に行ったので混雑を予想してたのだけど、ガラガラでした。
あれ?これ3月公開作品だよね…?

ダイモンである動物たちの動きが良かったです。帰りにペットショップに行ってケモノ連れて帰ろうかと思ったぐらい。ユキヒョウが美しかったーー。あんなのが足もと歩いてたら悶えるよね。
コールター夫人のニコール・キッドマンは映画宣伝でのインタビュー写真等はもの凄い美女だったけど、映画中では役柄のせいだろうか?妙に老けた描写が多くて違和感(普通逆じゃないだろうか…)。あとあの魔女の飛び方はもうすこし優雅にできなかったのだろうか。動物たちの3Dが素晴らしかっただけに、そっちのしょぼさが痛々しいぐらい。

ストーリーは予告編とイメージが異なりました。 ちなみに原作はしらない。
特別感は無いけど、小難しいことも無く安心して見られるファンタジー作品だと思う。いやでも人死にすぎかなあ…てか、TV宣伝一度見たけど、あれが悪いんじゃね…?


物語中で"守護精霊"である動物の姿をした「ダイモン」は鳥や4つ足の獣が多いようだったけど、昆虫もいた。昆虫…としゃべったりするのかー。ダイモンが傷つくと本人も痛みを受けるようだけど、虫とかだと潰されたりとか…!しないのかな?とかよけーなお世話ですね。
一緒に見に行った人と「昆虫じゃあなあー?」と話していたんだけど、公式サイトに「あなたのダイモンは?」ちうコンテンツがあった。

ライラの冒険|ダイモン (音有り)

やってみたら蝶でした。…昆虫。
えーーー?と思ってもう一度やったらテントウムシでした。…昆虫。
[PR]
by kototubo | 2008-03-23 23:11 | にっき。 | Comments(2)