なにからなにまでてけとーです。


by 言壺
■「小指の先の天使」(神林長平/早川書房)[○]
久々の新刊、というか文庫化。短編なのであまり期待していなかったのだが、これが良作ぞろいだった。最近の?神林作品に多いモチーフである仮想現実に入った人々・時代の物語。生きているとは何か?自分とは何か…?そんな感じ。神林初心者にもいいかもしれない。


■「脳髄工場」(小林泰三/角川書店)[○]
表題の「脳髄工場」を含め(「脳」「脳みそ」、ではなく「脳髄」!夢野久作だよな、と思ったのは私だけではないはず)、相変わらず汁っぽい表現がコワイ。「影の国」等、"本"であることを最大限利用した書き方が非常に好み。「友達」や「C市」はオチが途中で分かるのだが、それでも小林泰三の文章なら最後までわくわくしながら読めるから不思議だ。それだけ魅力的な文章なのだと思う。早川書房でSF系を描いているが、角川のホラー系作品の方が断然面白い。



■「センセイの鞄」(川上弘美/文藝春秋)[○]
この手の作品は自分からはあまり手を出さないが人から薦められるままに読んだ。女性作家は苦手なのだが、この作品は心の動きに唐突なところが無く、主人公・ツキコさんの心情の動きにも感情移入しやすい。短編風に区切ってあるから疲れずに読めていいのかも。また、食べ物の表現がすばらしく美味しそう(笑)。飲み屋で湯豆腐が食べたくなりました。好きなのは「お正月」。


■「蛇を踏む」(川上弘美/文藝春秋)[○]
で、川上作品を読んでみようと芥川賞受賞作を。先に読んだ「センセイの鞄」の雰囲気を想像していたのだが、大分違った。なんというか、あっち側の物語。日常的には異常な事象を、ごく当たり前なものとして書かれている。この作風も好きかも。「背中が痒いと思ったら、夜が少しばかり食い込んでいる」で始まる「惜夜記」がよい。表現がいちいち詩的、でもうるさくない。


■「椰子・椰子」(川上弘美/新潮社)[○]
大体タイトルからしてなんなのだ、という1行目が「もぐらと一緒に写真をとる」。なにかを象徴しているのか?と思いながら読み始めたが、全くそんなことは無いらしい。不思議空間。頭をからっぽにして読むべし。


■「光の帝国」(恩田陸/集英社)[○]
これも人からのお薦め。「常野」という人々の話。どうしてそうなのか、という詳細は全くないのだが、それでいいと思える。全体的に優しい雰囲気で読後感もさわやか。常野の物語は他にも出ているようなので、読んでみたいと思っている。



■「椿姫」(浅田次郎/文藝春秋)
浅田次郎の短編は実はあまり好みではない。面白くないわけではないのだがなんでかなーと考えたのだが、登場人物の愛情の形が理解出来ないからなのかもしれない。この作品の中でも夫や妻の他に本当に好きな人がいる。自分が裏切られて(?)いる側の人間だったら…と思うとかなり切ない。ので、読み疲れた。


■「五郎治殿御始末」(浅田次郎/中央公論新社)
明治維新直後の人模様の短編集。が、いまひとつ分かりづらい…この時代が好きな人が読んだらたまらないのかな。歴史は好きな方だと思うが、細かすぎて感情移入できませんでした。しかし表題作の「五郎治殿御始末」は読み慣れた浅田節。引き込まれる内容であった。



■「県庁の星」(桂望実/小学館)
装丁が面白かったので読んでみようかと図書館で予約したのだが、おどろいたことに大人数の先約入っており、待っているうちに映画化やらコミック化やら決まってしまった。読み始めは県庁から研修で派遣されてきた役人・野村と、高卒パートの二宮のどちらの意見にもなんとなくムカっぱらがたったが、結果としてはそうイヤミくさくなく、安心して読める。1年間という時間をこれだけのページで表すには短いし都合も良すぎるとは思うが、読後感は良い。



■「剣客商売」2、3、4(池波正太郎/新潮社)[○]
地道に読んでます。コメ欄でkali-durgaさんも書いておられたが、3巻あたりからたしかにテンポ良く、一気に読み終わってしまう。じじぃ萌えですが、最近は大治郎応援派。



□早川書房の「SFマガジン」の創刊600号記念号に神林長平「戦闘妖精 雪風」の続編が連載スタートしている。わー買おうかなーと思ったが、2,400円もするよこんちくしょう。かくなる上は立ち読みを、と読み始めたが、3行もしないうちに背後に芳しい方に立たれてしまい断念。…書籍化を地味に待ちます。(あーでもそれよりも「敵は海賊」の続編は…)

□そのとなりに「SFJ」(徳間書店)ちう雑誌。へーこんなのも出てるんだーと表紙を見たら火浦巧の名が。なんと連載をしているらしい。が、よく見たら掲載は1ページだけでした。正確には見開きで右が挿絵とタイトル。左に本編1ページで文末に「(つづく)」。つづくのか。相変わらずすごいすね…。

□さらにぱらぱらとめくって見ていたら、「イズミ幻戦記」の続編刊行のお知らせが。おっとー。
[PR]
by kototubo | 2006-03-21 23:44 | 本。 | Comments(8)

最近読んだ本

というか、12月中に読み直した本。ぷち神林祭りだったのでした。

■「魂の駆動体」(神林長平/早川書房)
一時ケータイのメルアドにこのタイトルを使用していて「何コレ?」とひんしゅくを買っておりました。たはー。(「てきはかいぞく」よりかはいいかとおもって…)

私は小説の全体をもって「好き」とか「おもしろい」とかの判断をするのだが、この作品に関しては私にしては珍しく特に気に入っている箇所がある。第一部のラスト14行、そして第二部ラストP459〜461のクルマに乗るアンクの表現。何度読んでも本当に美しくて鳥肌が立つ。
それからアンクがエンジンを試すP417。淡々とした語りなのに、やっていることが熱い。たった数行に込められた情熱が好きだ。

第一部の主人公が初老の男、そして興味のない「クルマ」の話ということで全く期待せずに読んだのだが、読後感は最高。「これぞ神林長平」という作品。


…と、この勢いで他作品のことも書こうと思ったのだが、どうにも進みませんでした☆
なので、読んだ記録だけ。

■「敵は海賊・不敵な休暇」(神林長平/早川書房 以下同)
■「敵は海賊・A級の敵」
■「敵は海賊・海賊課の一日」
■「敵は海賊・海賊たちの憂鬱」

アプロが、本当にすごい。
その描写も。


そして3月は「小指の先の天使」の文庫版がでるぞ!
(敵は海賊の新刊はまだかー!)

早川書房
 

以下は初読み。

■「剣客商売」(池波正太郎/新潮社)
■「月のしずく」(浅田次郎/文藝春秋)
[PR]
by kototubo | 2006-02-07 23:15 | 本。 | Comments(6)

ばらけちゃったよ(泣)

a0001756_14204534.jpg

読み直しをしていた小説@「敵は海賊」、クライマックスまで来たら突如ばらばらばら…わーん、崩れたー!

何度も読んでるし、もう古いからなぁ…また1冊買ってこよ…。

………WX310Kから追記してみる。
・昨日あたりはエキブロ内も人少なめ?
 みんな忘年会とかデートとか年末進行とか炎上とかでしょうか。
・あっしの昨晩は同僚の結婚お祝い会でした。新橋の飲み屋でだけどな。
・今日は友人宅で毎年恒例のクリスマス&忘年会。
・が、仕事は山積しておる。byアラマキ
・眠いす。

………さらにPCから追記してみる。
・WX310Kから画像をアップロードしようとしたが、むりっぽ?
 なので、V602SHからメール投稿。…なんか激しく無駄が多いなぁ。
・そして、WX310Kから更新はできるが、だるいす。
 よっぽどのことがない限り、もうやらないー。(逆ギレぎみ。)むきー。


[PR]
by kototubo | 2005-12-17 14:20 | にっき。 | Comments(5)

最近読んだ本

■「活動寫眞の女」(浅田次郎/集英社)
浅田作品にしては珍しい?京言葉。自分もその土地にいるような錯覚感。京都や映画…活動屋の話が適度に盛り込まれていておもしろいが、主人公達の行動が理解できず、途方に暮れる。なぜそこでそっちへ行く!みたいな。すげぇこじつけっぽいなぁーと思ったのだが…「あーあるよねー」と思う人もいるのだろうか?


■「霞町物語」(浅田次郎/講談社)
霞町が舞台の自伝風の短編集。時代背景は世代の異なる私には分からないが、浅田らしい作品で好み。しかしこれは表紙が悪くないだろうか…?余り興味をそそられず、読まずにいたのだが…他の未読作品も読まねばと思った。


■「天国までの百マイル」(浅田次郎/朝日文庫)[○]
映像化もされてるが、あらすじすら読んでいなかった。これも表紙がいまいち?もしくは宣伝の方法がツボにこない。が、読んでみたら内容は非常にツボ。ストーリー的には起承転結もあやふやで、そんな都合のいいことあるわけないじゃん!という感じなのだが、それでも面白かったと思える一作。


■「空の境界」(奈須きのこ/講談社)
上下巻の大長編なのかと思いきや、何話か収録されているのだった。わりとあちこちで好評価だったので期待して読んだのだが…うん、そうだよね。もとは同人誌(&同人エロゲ)でこの表紙だもんね…キャラクターの設定がやはり突飛すぎて、全く感情移入ができない。ただ、ここまで書き込めるのだからキャラに頼らない作品を読んでみたい気もするが。


■「MIZE」(恩田陸/双葉社)
不思議現象の真相が…あーなんというかそりゃないだろう!という感じで脱力…好みじゃない。やっぱりミステリーはだめっぽい。でも読みやすい文体で、悪くはないかも。他作品もそのうち読もうかと思う。


■「鬼平犯科帳」(池波正太郎/文藝春秋)
読み始め。まだ2巻。平蔵、かっこいーぞー。図書館で借りているのだが、揃ってないんよ…まず1巻が見つからない。他の図書館から取り寄せたりしてじわじわといく予定。だけど思っていたより艶っぽいシーンが多いのな?しかし…初出が昭和43年とは!


さて。

最近キヨラカな書籍が多かったので、自分の好きな作家の本を読み直そうと「敵は海賊」再読。

■「敵は海賊・A級の敵」(神林長平/早川書房)[◎]
■「敵は海賊・海賊課の一日」(神林長平/早川書房)[◎]

「敵は海賊」シリーズは…本当に、おもしろい。読んでいて鳥肌が立つ。
でもって、アプロかわいい!ラジェンドラすげー!と褒め称え、文句なしの二重丸評価で今回の「読んだ本」を終わりにしたいと思います。(同意者稀少。)(SF作品なので免疫の無い人は読んじゃダメ。)(でもけっこうお軽いSFで読みやすいと思うんだけどなぁ…)(っか最新作の「A級の敵」、初版が1997年じゃないか。新作はーまだかー)
[PR]
by kototubo | 2005-12-04 19:52 | 本。 | Comments(6)

本を売って米を買う。

a0001756_21244859.jpg本棚はあるけど、当然それに入りきっていない。で、どこに入れているかというと、押入。

しかし、その押入もいっぱいで、ごっちゃごちゃ。
これは一旦整頓しようと、いくつか古本屋に持っていくことにする。

が、取り分けてみたら案外多く、とても一人で運べる量でなくなってしまった。うぅむ、どうしようか…と思ったが、いつも使っている古本屋は50冊以上であれば取りにきてくれるというのでお願いする。

100冊弱で6000円ちょっと。
投資した額を考えると恐ろしいが、この野口6人のおかげで給料日までの食事が安定したモノになりそうだ。


[PR]
by kototubo | 2005-05-15 21:31 | にっき。 | Comments(5)

本を買ったり。

oazoの丸善やばぃ!

というわけで、欲しい本があるのだがいつも行く書店に無かったのでさてどうすんべ。またAmazonか?それもなぁ。他に大きな書店はどっかなかったけ…?と思い出しました、oazoの丸善。

んなわけで会社帰りにれっつらごー。

で、以前寄った時はあまり見ている時間が無かったので「広いなぁ」としか思わなかったのだけど、今日行ってみて、いやもう。すてきすぎ。
なんつーの?品揃えがたまりません。
誰か財布をもて!という感じです。(誰の財布をだ)
久々の大型書店だったもので、我を忘れるかと思いました。あぶねーあぶねー。

で、今日買った本。a0001756_124581.jpg
ぶらぶら見てたら平田弘史の「お父さん物語」発見。
ここのところたけくまメモ「平田弘史先生訪問記」がアップされていて、最初はなんだこのおやじは…と思っていたのだけど、これが回を重ねる事に味がっ。平田先生、かっこよすぎる!
で、買ってしまった次第。

あと、グインサーガがもう101巻が出てたー。まだ100巻の感想もアップしていないのにー。で、購入者にプレゼントしている、とグインの紙袋をくれた。末弥?!かと思ったけど違いますよね、丹野氏ですよね…。

ちなみに欲しかった本は丸善に在庫があった!…のだけど、薄汚れていて買うのを躊躇→断念。しぶしぶ地元に戻ったのだけど、普段行かない書店を巡りまくって見つけました「ペインタボン!」。
寺田克也の絵が好きだ!と言いつつ、1冊も氏の著書を持っていなかったワタクシですが、ようよう購入。でも中身はPainter6での描き方でぃすー。(先日買ったのはPainter9)


帰りに某コンビニでおべんとげっつ。a0001756_1241438.jpg
したら「新商品のご案内」だと言って、写真の状態のものをくれた。あの、これ食べかけじゃないのよ?これにラップをかけてくれたのよ?びみょーびみょー。
しかしながらイクラは大好きです。いただきます。


ところで今日は職場からノートパソコンを1台貰ってきた。
「ノート」と言っても古い機種で3キロ弱ある。そんな有様なのにさらに買った本も持ってウロウロで、ちょっと荷物持ちすぎーアホか、ちう話ですよ。腕肩イテテ。


[PR]
by kototubo | 2005-05-11 01:26 | にっき。 | Comments(4)